宇都宮地域の地質

 宇都宮地域では2005~2007年の期間に調査を行い、地質図幅は2010年に出版されました。主に後期白亜紀の火山岩類と新第三紀の火山岩・堆積岩の調査を担当しました。
 実は宇都宮地域は大学の卒論で層序の研究を行ったフィールドです。さらにさかのぼれば、幾つかの露頭は中学時代から観察していたところです。地質図幅にはこれらの成果も盛り込まれています。

5万分の1地質図「宇都宮」

後期白亜紀の火山岩類

 後期白亜紀の火山岩類は、図郭の北部にある山地に分布しています。これより北西に当たる日光-足尾山地には、さらに広範に分布しており、地表ではそちらが分布の中心です。このような珪長質火山岩類は、近畿から中国地方、中部地方で広大な分布を示します。宇都宮地域の後期白亜紀火山岩類は、新第三紀の火山活動の影響で変質が進み、研究例はほとんどありません。近年、岩石学的な研究により、化学組成の特徴が報告されています (西川ほか, 2015)。

新第三紀の火山岩・堆積岩

 新第三紀の火山岩・堆積岩は、この地域の山地・丘陵地に広く分布しています。また、平野の地下にも伏在しているのがボーリングのデータからわかっています。古くから調査・研究はされていますが、都市部に近いこともあって露頭があまりないこと、岩相変化が激しいことなどから、その全容が完全に解明されているわけではありません。この地域はローム層がとても厚く、少しくらい地表を掘ったくらいでは岩盤が現れないことも、露頭の少ない一因になっています。

写真集

 調査中に撮影した写真類です。

層状チャート 日向層の玄武岩 茗荷沢層の角礫岩 (溶結凝灰岩起源) 茗荷沢層の角礫岩 (チャート起源)
茗荷沢層の礫岩の露頭写真 茗荷沢層のデイサイト火山礫凝灰岩の露頭写真 茗荷沢層の安山岩溶岩の露頭写真 茗荷沢層の砂岩中の貝化石
横山層の凝灰質泥岩 大谷層の凝灰角礫岩 大谷層の軽石火山礫凝灰岩 大谷層の火山礫凝灰岩・凝灰岩互層
★タイトル★ 流紋岩岩脈 大曽層の石灰質極細粒砂岩 大曽層の流紋岩凝灰岩-火山礫凝灰岩
鬼怒川の河床に露出する田之倉層の珪藻質シルト岩 田之倉層の珪藻質シルト岩

参考資料

5万分の1「宇都宮」図幅のファイルダウンロードです。ぜひ次の研究に生かしてください。  以下は本ページで参照した資料です。
  • 西川晃太郎・清水隆一・川野良信 (2015) 栃木県,宇都宮市北部に分布する花崗岩質岩の岩石学的研究. 地球環境研究, no. 17, 27-34.

CC BY 4.0 国際