本文へスキップ

糖鎖レクチンを用いた創薬基盤技術の開発を行っています

電話でのお問い合わせはTEL.029-861-3125

〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1中央第2 2-12

オンリーワンの味。細胞グライコーム標的技術グループ

幹細胞や癌細胞表層の複合糖質(細胞グライコーム)を網羅的に解明するための最先端技術を開発して, 新たな指標(マーカー)を同定するとともに、その生命機能を明らかにします。更に、独自のタンパク質工学や分子
進化工学的手法を駆使して細胞機能を制御するための新たなレクチン/タンパク質/ペプチドを創出し、細胞表層マーカーを高感度に検出、選別するシステムを開発します。
創薬や再生医療をはじめとした広くライフサイエンス分野に貢献する実用的な技術を開発して、
産業界に橋渡しすることを目的としています。

ご案内

2018年1月15日に産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館で 第5回 レクチン利用技術研究会・ワークショップを開催します。
※ 申込方法など 詳細情報はこちら(第5回プログラム)

2017年12月6日に神戸ポートアイランドで開催される2017年度生命科学系学会合同年次大会において、
ワークショップを開催します。

1PW23
新規分子骨格・ナノ材料で挑む細胞ターゲティングのためのネオ・レクチン分子創出戦略
Novel strategy of creation of neo-lectin molecules for cellular targeting by novel scaffolds and nano-materials
オーガナイザー:舘野 浩章(産業技術総合研究所)、山本 一夫(東京大学)


更新情報


2018年12月8日
第5回 レクチン利用技術研究会・ワークショップの案内を掲載しました。

2017年9月26日
プレスリリース「膵がん細胞表面の糖鎖をレクチン融合薬で狙い撃ち」を掲載しました。


2017年9月6日
Special symposium: “Lectins toward medicine and industry”の案内を掲載しました。

ナビゲーション


shop info.店舗情報

国立研究開発法人
産業技術総合研究所
創薬基盤研究部門
細胞グライコーム
標的技術グループ

〒305-8568
茨城県つくば市梅園1-1-1
中央第2 2-12棟
TEL.029-861-3125
FAX.029-861-3125