産業技術総合研究所   地質調査総合センター  地質情報研究部門 (2009/6/16作成 2009/8/16更新) English Page

サリチェフ火山

Sarychev Peak

サリチェフ火山の概説

 サリチェフ火山(注1)は,中部千島マツア島に位置する標高1496m(注2)の活火山である.マツア島は径12×6kmの北西-南東方向に延びた楕円形をなし,島のほぼ中央にサリチェフ火山がある.噴出物の岩質は玄武岩〜安山岩である.

 サリチェフ火山は千島列島の中でも活動的な火山であり,18世紀以降の歴史時代に幾たびも噴火している.Gorshkov(1970),Simkin and Siebert (1994)によれば,1760年代,1878-79年,1923年,1930年,1946年,1954年,1960年,1976年,1986年,1989年に噴火したとされる.特に1946年11月に起こった噴火は規模が大きく,降下した火山弾及びスコリアが山頂火口から東山麓一帯を被覆し,植生が完全に破壊された.また北西海岸まで火砕流が流下したと報告されている.噴出物(火山弾)の組成はSiO2=54 wt.%の玄武岩質安山岩である(Gorshkov, 1970).噴火規模はVEI (Volcanic Explosive Index)=4と見積もられ(Simkin and Siebert, 1994),千島列島の20世紀における噴火では最大規模の噴火である.千島列島における同程度の噴火(VEI=4;噴出量で0.1~1km3)は,1924年ライコケ島,1973年国後島爺爺火山,1981年アライド島,1986年パラムシル島チクラチキ火山の4つの噴火が他に知られている.

(注1)サリュチェフと表記する場合もある.旧日本名は芙蓉山.注2)標高はGlobal Volcanism Programに従った.なおサハリン州20万分の1地形図(1994年発行)では標高1446m,陸地測量部5万分の1地形図(大正9年発行)では標高1485mとなっている.


サリチェフ火山の写真(クリックで高解像度画像)

 2008年,2007年,2000年にマツア島へ上陸する機会を得た.2008年及び2007年は山頂付近から白色噴煙があがるのを確認している.特に2007年は天候が良く噴煙が良好に見えた.白色噴煙はやや青みがかり,火山ガスの濃度が高いと推測された.同行したロシア人火山学者は夜半に火映現象が見えると述べていた.2000年は濃霧のため上陸前日に撮影した遠方写真のみだが,同様に山頂付近から白色噴煙があがるのを確認できる. 

 マツア島東海岸壁には厚いラハール堆積物が認められ,土壌の発達,Gorshkov(1970)の噴火記録から1946年噴火に由来するラハール堆積物を含むと考えられる.また東海岸に認められる最上位の降下スコリア層(再堆積している)は1946年の噴火堆積物と推定される.マツア島は,日本領時代に飛行場が建設され,その後ソ連軍/ロシア軍が90年代まで駐屯していたが,現在では無人の島である.

 写真はIKIP2000KBP2007KBP2008の航海調査において撮影した.U.S. National Science Fundation (ARC-0508109; Ben Fitzhugh, PI), Univ. Washington, Sakhalin Regional Museum, Far East Branch of the Russian Academy of Sciences, 北海道大学,北海道開拓記念館の関係者各位,関係機関に感謝する.


サリチェフ火山の位置と地形

  


2009年6月サリチェフ火山の画像(ASTER)

 http://www.gsj.jp/Gtop/topics/ASTER_sarychev/index.htmlにて公開中.

(内容;6月16日の噴煙画像,6月18日の山頂〜南東山麓画像,6月20日の表面温度分布(夜間))


外部リンク

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)からの画像(宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター )

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)からの画像(国立環境研究所)

気象庁東京航空路火山灰情報センター(Tokyo VAAC)

・朝日新聞 09年6月26日 09年6月16日

・読売新聞 09年6月27日

NASA 09年6月30日ASTER画像 6月18日SO2濃度/同日の噴煙画像 09年6月15日噴煙画像 09年6月12日噴煙(火砕流)画像

Global Volcanism Program (Smithsonian) サリチェフ火山の概要

The VOLCANISM Blog サリチェフ火山の情報

・地元(サハリン州)のニュース(09年6月17日;ロシア語)


ご意見・お問い合わせは石塚吉浩(y.ishizuka@aist.go.jp)までお願いします.