Web page of Dr. Takeshi Tanaka in Nanomaterials Research Institute/AIST
English page is here.
back to sub group page

logo of AIST


ナノ材料研究部門
CNT機能制御グループ
上級主任研究員
田中 丈士 工学博士(京都大学)経歴

305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門
電話:029-861-2903 FAX:029-861-2786
メール:tanaka-tアットマークaist.go.jp

■ NEWS
2017.07.01 産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門に帰任
2016.09.13 第77回応用物理学会秋季学術講演会で魏特別研究員らがPoster Awardを受賞
2016.07.01 経済産業省 産業技術環境局 研究開発課に出向
2015.04.01 改組 (ナノ材料研究部門 CNT構造制御グループ)
2014.05.29 第35回本多記念研究奨励賞を受賞
2013.09.16 第74回応用物理学会秋季学術講演会でPoster Awardを受賞
2012.09.18 PSS-RRLの総説が年間Most accessed論文の3位にランクイン(6/2012-9/2012)
2012.04.27 経歴を追加
2011.11.01 グループ長に任命されました
2011.09.01 "Physica Status Solidi-Rapid Research Letters"の総説論文が表紙に採用
 PSS-RRL 2011_5_09 front cover

■ 研究成果
 論文リスト "ResearcherID”

■ プレスリリース
2018.10.11  カーボンナノチューブで褐色脂肪組織内の異常を細胞レベルで検出(国際医療研究センター・北大と共同)new!
2017.10.23  ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発(NIMSと共同)
2017.03.21  脂肪を燃焼させる褐色脂肪組織を簡便な装置でリアルタイム可視化(国際医療研究センター・北大・東大と共同)
2013.12.19  金属型・半導体型の単層カーボンナノチューブを効率的・高純度に分離 NEDO
2011.05.11  低コストで単層カーボンナノチューブの構造分離を実現
2009.11.27  金属型と半導体型のカーボンナノチューブを高純度で簡便に分離
2009.03.04  金属型と半導体型のカーボンナノチューブを極めて簡単に分離
2008.02.26  金属型と半導体型のカーボンナノチューブを高い回収率で分離

Return to home page of AIST.