書籍、解説など


12. カーボンナノチューブの分離技術とその応用、田中丈士
 応用物理 87 (2018) p902-906

11. 生体分子の分離技術を利用したカーボンナノチューブの分離、田中丈士
 生物工学 95 (2017) p730-733

10. ゲルを用いた単層CNTの分離、田中丈士
 カーボンナノチューブ・グラフェンの応用研究最前線 製造・分離・分散・評価から半導体デバイス・複合材料の開発、リスク管理まで、エヌ・ティー・エス (2016) p104-111

9. 単一構造半導体型 CNT の分離と応用の研究、劉華平、西出大亮、田中丈士、片浦弘道
 産総研TODAY (2015-02) p10-11

8. 生体分子の分離法でカーボンナノチューブを分離 大量・安価な金属型・半導体型CNTの生産を目指して、田中丈士、片浦弘道
 シンセシオロジー 6 (2013) p75-83

7. 分子間相互作用解析:キチン/キチナーゼ系への展開、吉川佳広、田中丈士
 キチン・キトサン研究、日本キチン・キトサン学会 17 (2011) p14-23

6. 金属型と半導体型のカーボンナノチューブの分離 凍結−解凍して搾るだけ、大量生産への道を開く、田中丈士
 産総研TODAY (2009-07) p22

5. 金属型・半導体型カーボンナノチューブの分離法、田中丈士
 炭素材料の研究開発動向、CPC研究会 (2009) p96-104

4. 金属−半導体カーボンナノチューブを高収率で分離 簡便・安価に大量分離が可能、田中丈士
 産総研TODAY (2008-05) p23

3. カーボンナノチューブの医療応用、田中丈士
 きちんとわかるナノバイオ、白日社 (2008) p183-197

2. タンパク質の分析法−その他の分離法、タンパク質の電気泳動、田中丈士
 第5版 実験化学講座(日本化学会編、丸善) 第29巻 バイオテクノロジーの基本技術 (2006) p251-265

1. 超好熱始原菌に見いだされた新規キチン代謝経路、田中丈士
 生物工学 82 (2004) p18



Return to previous page.

Sub group of CNT Function Control Group
Nanomaterials Research Institute (NMRI)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)