発表成果リスト
表彰
  • 2021年12月17日:
    特集テーマセッション賞(ロケーション・インフォマティクス)
    小木曽 里樹, 大隈 隆史, 蔵田 武志:

    "少数位置での電波強度計測値を用いる歩行者相対測位及び統合測位の補正法",
    HCGシンポジウム2021
  • 2021年12月17日:
    特集テーマセッション賞(視覚障害者支援と人間拡張)
    松尾 政輝, 三浦 貴大, 藪 謙一郎, 片桐 淳, 坂尻 正次, 大西 淳児, 蔵田 武志, 伊福部 達
    :
    "インクルーシブな開発体制によるアクセシブルアクションRPGの開発",
    HCGシンポジウム2021
  • 2020年12月17日:
    特集テーマセッション賞(視覚障害者支援と人間拡張)
    松尾政輝, 三浦貴大, 一刈良介, 加藤狩夢, , 蔵田武志:

    "聴覚・触覚提示をカスタマイズ可能なモバイル端末用マップビューア『オタスケマップ』~ デモ展示における視覚障害当事者による評価と機能改善~",
    HCGシンポジウム2020
  • ヤマハ賞
    松尾 政輝, 三浦 貴大, 藪 謙一郎, 片桐 淳, 坂尻 正次, 大西 淳児, 蔵田 武志, 伊福部 達:

    "リアルタイム多感覚提示を行うインクルーシブアクションゲーム: 触覚提示付きゲームコントローラ(TactCon) を導入したゲームの開発と利用時の評価",
    SIGAAC研究会, 情報処理学会, Vol.2019-AAC-10, No.15, pp.1-7 (2019)
  • 2019年12月13日:
    最優秀インタラクティブ発表賞
    松尾政輝、三浦貴大、一刈良介、加藤狩夢、蔵田武志
    :
    "音と触覚をカスタマイズ可能なマッピングツール『オタスケマップ』 ~ モバイル端末用マップビューアの開発と視覚障害者による評価 ~",
    HCGシンポジウム2019 (2019年、広島)
  • 2019年6月25日:
    国際規格開発賞
    蔵田武志
    :
    ISO/IEC 18520:2019
    Information technology -- Computer graphics, image processing and environmental data representation -- Benchmarking of vision-based spatial registration and tracking methods for mixed and augmented reality (MAR)
    一般社団法人 情報処理学会 情報企画調査会
  • 特集テーマセッション賞
    福井 豊明・田村 哲嗣・速水 悟・一宮 尚志・紀ノ定 保臣(岐阜大)・蔵田 武志(筑波大/産総研)
    :
    "機械学習を用いた患者の待ち時間長期化に対する分析",
    HCGシンポジウム2018 「産業IoT/IoHと人間・知能機械協奏」セッション(2018年、伊勢)
  • 大会優秀賞
    大隈隆史,一刈良介,武田裕司,岩木直,橋本尚久, 蔵田武志 (産業技術総合研究所)

    " Virtual Human-Sensingの提案 "
    サービス学会第5回国内大会(2017年,広島)
  • 2017年4月3日:
    産総研理事長賞2016 -研究-
    蔵田 武志、興梠 正克、大隈 隆史:
    "歩行者自律航法技術の研究"
  • 2016年9月14日:
    貢献賞
    特定非営利活動法人日本バーチャルリアリティ学会
  • 2016年3月4日:

    インタラクション2016 インタラクティブ発表賞(PC推薦)
    杉浦 裕太,尉林 暉,チョン トビー,坂本 大介,宮田 なつき,多田 充徳, 大隈 隆史,蔵田 武志,新村 猛,持丸 正明,五十嵐 健夫:

    " Dollhouse VR:複数人が空間を多角的に見ながら協調してレイアウトを検討できるシステム"

  • 日本イノベーション融合学会学術奨励賞:
    「社会の中で社会のためのサービス工学~モノ・コト・ヒトづくりのための研究最前線~」
    著者:産業技術総合研究所, 出版: カナリア書房, ISBN-13: 978-4778202583, 2014/2/15
  • Best Paper Award :
    牧田 孝嗣, C.-T. Chang, 一刈良介, 大隈隆史, 蔵田武志:

    "A Fundamental Study of an Augmented Reality System for Road Maintenance Services",
    IDW '14, DES3/VHF5-5L (2014)
  • オーガナイズドセッション賞:
    山下諒, 上間大生, 一刈良介, 蔵田 武志

    "気仙沼横丁の「今」を疑似体験できる3Dアプリの提案 ~ソーシャルメディアの投稿記事との連携~",
    HCGシンポジウム2014, HCG2014‐A‐2‐5, pp.73-78 (2014)
  • 研究会優秀賞:
    蔵田 武志, 福原 知宏, 天目 隆平, 牧田 孝嗣, 興梠 正克, 大隈 隆史:
    "屋内測位と行動計測に基づく従業員スキルの把握・評価に向けて",
    SIG-KST-2013-0204,知識・技術・技能の伝承支援研究会, 人工知能学会 (2013)
  • Best Paper Award:
    Thomas Vincent, Laurence Nigay, Takeshi Kurata:

    "Handheld Augmented Reality: Effect of registration jitter on cursor-based pointing techniques",
    Proc. the 25th Frence Conference on Human-Computer Interaction (IHM '13: la 25eme conference francophone on l'Interaction Homme-Machine), pp.1-6, (2013)
  •  Best Paper Award:
    福原 知宏, 天目 隆平, 大隈 隆史, 上岡 玲子, 竹原 正矩, 蔵田 武志:

    "Improving Service Processes based on Visualization of Human-behavior and POS data: a Case Study in a Japanese Restaurant",
    ICServ 2013 (2013)
  • Honorary Mention:
    Thomas Vincent, Laurence Nigay, Takeshi Kurata:

    "Precise pointing techniques for handheld Augmented Reality"
    Interact 2013 (The 14th IFIP TC13 Conference on Human-Computer Interaction) (2013)
  • Best Paper Award:
    Thangamani Kalaivani, 石川 智也, 牧田 孝嗣, 蔵田 武志
    :
    "Texture Significant Hash Function with Robust Occlusion Handling for Fast Inpainting the Virtualized-Reality Models,
    Proceedings of the International Display Workshops (IDW/AD'12), Vol.19, No.3, pp.1479-1482 (2012)
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞:
    石川 智也, 興梠 正克, 蔵田 武志:

    " サービス現場での従業員トラッキングシステムの評価と応用",
    日本VR学会論文誌 , Vol.16, No.1, pp.23-34 (2011)
  • Outstanding Paper Award:
    Takashi Okuma, Masakatsu Kourogi, Nobuchika Sakata, Takeshi Kurata:
    "A Pilot User Study on 3-D Museum Guide with Route Recommendation Using a Sustainable Positioning System",
    International Conference on Control, Automation and Systems 2007 (ICCAS2007)
  • Best Paper Award:
    Nobuchika Sakata, Takeshi Kurata, and Hideaki Kuzuoka:
    "Visual Assist with a Laser Pointer and Wearable Display for Remote Collaboration", International conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2006)
  • Best Paper Award:
    Takeshi Kurata, Takahiro Oyabu, Nobuchika Sakata, Masakatsu Kourogi, and Hideaki Kuzuoka:
    "Tangible Tabletop Interface for an Expert to Collaborate with Remote Field Workers" ,International Conference on Collaboration Technology (CollabTech2005)
  • 優秀プレゼンテーション賞: 酒田信親, 蔵田武志, 興梠正克, 葛岡英明, マーク・ビリングハースト:
    "肩載せアクティブカメラ・レーザによる遠隔協調作業 ",マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2004)
  • ベストプレゼンテーション賞 : 蔵田武志, 興梠正克, 藤木淳, 坂上勝彦:
    "ウェアラブルカメラを用いた高速でロバストな対象物体の3次元復元 ",第13回人工知能学会全国大会(JSAI'99)
  • Best Young Researcher Award: Takeshi Kurata, Yuichi Nakamura, and Yuichi Ohta:
    "Feature Tracking on Occluding Boundaries for Modeling-by-videotaping ",International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM'96)
▲Top