Jun Sugawara

菅原 順 (Jun SUGAWARA, Ph.D.)

国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間情報インタラクション研究部門

身体情報研究グループ 研究グループ長

〒305-8566 茨城県つくば市東1-1-1 中央第6

TEL:029-861-7138

E-mail:jun.sugawara [at] aist.go.jp

学歴

1996 筑波大学体育専門学群 卒業

1998 筑波大学大学院修士課程体育研究科 修了

2000 筑波大学大学院博士課程体育科学研究科 修了

2000 学位取得 博士(体育科学)

職歴

2000-2000 財団法人国際科学振興財団 専任研究員

2000-2002 筑波大学先端学際領域研究センター 研究機関研究員(講師)

2002-2009 独立行政法人産業技術総合研究所 人間福祉医工学研究部門 研究員

2006-2009 テキサス大学オースティン校 キネシオロジー学部 客員研究員

2007-2009 日本学術振興会 海外特別研究員

2009-2010 独立行政法人産業技術総合研究所 人間福祉医工学研究部門 主任研究員

2010-2015 独立行政法人産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部門 主任研究員

2015- 国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間情報研究部門 主任研究員

2018- 国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授(連携大学院)

2018-2019 Institute for Exercise and Environmental Medicine (IEEM),Texas Health Presbyterian Hospital 客員研究員

2020- 国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間情報インタラクション研究部門 身体情報研究グループ 研究グループ長

 

研究テーマ
  • 加齢および生活習慣が脳・心血管系機能に与える影響の解明
  • 動脈硬化度評価法の開発
進行中のプロジェクト
最近の論文

Sugawara J, Tomoto T. Acute Effects of Short-Term Warm Water Immersion on Arterial Stiffness and Central Hemodynamics. Front Physiol. 2021;12:620201.
Sugawara J, Tarumi T, Xing C, Liu J, Tomoto T, Pasha EP, Zhang R. Older age and male sex are associated with higher cerebrovascular impedance. J Appl Physiol (1985). 2021 Jan 1;130(1):172-181.Tarumi T, Yamabe T, Fukuie M, Zhu DC, Zhang R, Ogoh S, Sugawara J. Brain blood and cerebrospinal fluid flow dynamics during rhythmic handgrip exercise in young healthy men and women. J Physiol. 2021 Mar;599(6):1799-1813.
Tarumi T, Yamabe T, Fukuie M, Kimura R, Zhu DC, Ohyama-Byun K, Maeda S, Sugawara J. Proximal Aortic Compliance in Young Male Endurance Athletes: An MRI Study. Med Sci Sports Exerc. 2021 Mar 1;53(3):543-550.
Sugawara J, Tomoto T, Repshas J, Zhang R, Tarumi T. Middle-aged endurance athletes exhibit lower cerebrovascular impedance than sedentary peers. J Appl Physiol (1985). 2020 Aug 1;129(2):335-342.
Sugawara J, Tomoto T. Effects of short-term warm water immersion on cardiac baroreflex sensitivity in healthy men. J Physiol Sci. 2020 Jul 9;70(1):34.

論文一覧(PubMed)