[産総研]

Fail-Safe C: コンパイル


ソースファイルのコンパイル

事前準備

Fail-Safe C システムを構築するためには、以下のソフトウェアが必要です。

Debian GNU/Linux 4.0 (etch) では、これらのソフトウェアはパッケージとして入手可能です。以下のパッケージをインストールして下さい。

コンパイル

ダウンロードしたソースコードの最上位のディレクトリ上で、"./configure", "make" コマンドを順に実行して下さい。

生成されたプログラムは、"make install" コマンドを実行すると /usr/local/bin/fscc としてインストールされます。 また、ソースファイル中の "driver/fscc" コマンドをそのまま用いる事もできます。

コンパイル後の使い方は、利用法 のページをご覧下さい。