産総研-篠崎 健二


産総研
篠崎 健二(Kenji SHINOZAKI, Ph.D)
(国立研究開発法人) 産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 高機能ガラスグループ
主任研究員


〒563-8577 大阪府池田市緑丘1-8-31
E-mail: k-shinozaki@aist.go.jp
(すべて全角英数文字で書かれています。お手数ですが、半角英数文字で打ち直して下さい。)
・共同研究、技術相談、サンプル提供等お気軽にご相談下さい。
What's New
・国連にて2022年を国際ガラス年とすることが採択されました (2021.5.18)。
・日本セラミックス協会国際交流奨励賞 21世紀記念 倉田 元治賞の受賞が決定しました (2020.12.1)。
the 31st Meeting on Glasses for Photonics/第10回フォトニクスのための材料研究会がオンラインにて開催予定です(2021年1月29日開催)。奮ってご参加ください。
主任研究員に昇任しました (2020.10.1)。
・月刊オプトロニクス 若手研究者の挑戦に掲載されました。
・村田学術振興財団 研究助成に採択されました (2020.6.18)。
・Dr. Gao Yuan (京都大学から) とDr. Liu Lei (鳥取大学から) がポスドクとして当グループに着任しました(2020.4.1)。※Dr. Gao Yuan→学振外国人PD@京都大学(2020.10.1)、(兼)産総研協力研究員(2020.12.1)。
・組織改編のためナノ材料研究部門に異動しました。グループはそのままです(2020.4.1)。
・第19回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 (ナノテク展) にて展示を行います (2020.1.29-1.31@東京ビッグサイト)
JSTさきがけ「ナノ力学領域」に採択されました(2019.10.1)。
・セラミックス誌(日本セラミックス協会発行)の特集記事に掲載されました(2019.9.2)。
・2nd Global Forum on Advanced Materials and Technologies for Sustainable Development (GFMAT-2)@Torontoにて招待講演を行います (2019.7.25)
・International Congress on Glass 2019 (ICG2019)@Boston (2019.6.9)にて講演を行います。
・日本板硝子研究助成の採択を受けました (2019.4.16)
・科研費 若手研究の採択を受けました (2019.4.1)
・新無機膜研究会第87回研究会にて招待講演を行います (2019.2.28)
・第18回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 (ナノテク展) にて展示を行います (2019.1.30-2.1@東京ビッグサイト)
・日本セラミックス協会 関西支部 第 13 回学術講演会 "学術講演奨励賞"を受賞しました (2018.7.28).
・国際会議にて招待講演を行います。The 12th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications (CMCEE 2018) @シンガポール(2018.7.25).
・the 15th Physics of Non-Crystalline Solids and 14th European Society of Glass (PNCS-ESG) @Saint-Malo (フランス)にて講演を行います (2018.7.10)。
・日本セラミックス協会2018年年会ポスター発表賞 優秀賞を受賞しました。
・日本セラミックス協会関西支部講演会にて協会賞受賞記念講演を行います(2018.4.18)。
・日本セラミックス協会2018年年会にて進歩賞受賞講演として招待講演を行います (2018.3.16)。
・第72回(2017年度)日本セラミックス協会賞 "進歩賞"の受賞が決定しました。

最新の研究成果等の情報は、ReserchmapResearchGateGoogle ScholorORCIDから確認できます。
Profile

略歴

[経歴]
 2020年10月~継続中:産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門、主任研究員(高機能ガラスグループ所属)
 2019年10月~継続中:科学技術研究機構(JST)、さきがけ研究員(兼任)
 2020年4月 ~ 2020年9月:産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門、研究員(高機能ガラスグループ所属)
 2016年4月 ~ 2020年3月:産業技術総合研究所 無機機能材料研究部門、研究員(高機能ガラスグループ所属)
 2013年12月 ~ 2016年3月:長岡技術科学大学 大学院工学研究科 物質材料工学専攻、助教(機能ガラス工学研究室)
 2013年9月 ~ 2013年11月:日本学術振興会特別研究員、研究員 (PD) (米国Coe大学Mario Affatigato教授の研究室に滞在)

[学歴]
 2013年8月:長岡技術科学大学 大学院工学研究科 エネルギー・環境工学専攻 博士課程修了、博士(工学)、(指導教員: 小松高行教授) ※早期修了
  学位論文:「Morphology Design of Crystals and Mechanical Behavior in Glass-ceramics」
 2011年3月:長岡技術科学大学 大学院工学研究科 材料開発工学専攻  修士課程修了
 2009年3月:長岡技術科学大学 工学部  材料開発工学課程 卒業
 2007年3月:旭川工業高等専門学校 物質化学工学科 卒業

研究テーマ

ガラスを中心とした無機材料の開発および評価に関する研究を行っております。
1. 低脆性ガラスの開発
2. ガラスナノ結晶化を利用した新規機能性材料の開発
3. 近赤外蛍光体、アップコンバージョン材料の開発
など。興味ある方はご連絡ください。

受賞歴

[業績賞]
[3] 2021年6月3日: 日本セラミックス協会国際交流奨励賞 21世紀記念 倉田 元治賞
[2] 2018年6月1日: 第72回日本セラミックス協会賞 進歩賞 「ガラス構造と結合性に基づき設計された新規光機能ガラス及び結晶化ガラスの創成」(日本セラミックス協会)
[1] 2013年8月31日: 長岡技術科学大学 学長賞

[講演賞]
(筆頭のみ)
[8] 2019年10月11日: European Advanced Energy Materials and Technology Congress 2019, IAAM award (International Association of Advanced Materials)
[7] 2018年7月27日: 日本セラミックス協会 関西支部 第 13 回学術講演会 学術講演奨励賞、「ガラス構造制御に基づく新規フッ化物ナノ結晶化ガラスの創製」(日本セラミックス協会関西支部)
[6] 2018年5月15日: 日本セラミックス協会2018年年会 優秀ポスター発表賞 優秀賞 「ZnO添加が及ぼすBaF2-B2O3ガラスのガラス構造および結晶化挙動への効果とアップコンバージョン特性」(日本セラミックス協会)
[5] 2016年11月17日: the 33rd International Korea-Japan Seminar on Ceramics, Young Ceramist Best Presentation Award、「Highly Efficient Photoluminescence and Glass Structure in RE-doped Oxyfluoroborate Glass with High Fluorine Content」(Japan-Korea Seminar on Ceramics)
[4] 2016年03月20日: 2016年応用物理学会春季学術講演会Poster Award、「過冷却融液の固化およびガラスの結晶化により合成した高温相β'-SrAl2O4の長残光特性とB2O3添加の効果」(応用物理学会)
[3] 2015年11月17日: 第39回応用物理学会講演奨励賞、「フツホウ酸ガラスの構造および結晶化と単結晶パターニング」(応用物理学会)
[2] 2015年01月09日: World Young Fellow Meeting Best Presentation Award, 「Crystallization of RE-doped Bismuth Germanate Glass」(日本セラミックス協会基礎科学部会)
[1] 2014年05月19日,日本セラミックス協会2014年年会優秀ポスター発表賞 優秀賞、「 種々のガラス及び透明ナノ結晶化ガラスのナノインデンテーション下での変形挙動と破壊靭性」(日本セラミックス協会)

知的財産

・特許出願
特願2018-243275 「ガラス蛍光体および照明装置」
特願2017-250732 「積層透明蛍光体および照明装置」
特願2018-113179 「ガラス組成物、その製造方法、ガラス組成物を用いた蛍光体、ガラス組成物を用いた紫外光透過光学部材およびガラス組成物を用いた発光体」
特願2017-090952 「化合物、それを用いた蛍光体、および化合物の製造方法」 (特許6872788号)
特願2014-261811 「蛍光体及びその製造方法」
未公開含め合計12件の出願、(国際出願2件含む。公開前のものは省略)

代表的外部資金

・代表者
[4] 科研費 挑戦的研究(萌芽) 「特異応力場の時空間的分散構造による超高強度ガラスの創成」 (2021-2024)
[3] JST さきがけ 「ナノスケールの組成ゆらぎ設計による超低脆性ガラスの創製」 (2019-2022)
[2] 科研費 若手研究 「ガラスのミクロ偏析誘起による超高速核形成と結晶化」 (2019-2020)
[1] 科研費 若手研究(B) 「ガラス構造と内部応力を利用した結晶化ガラスエンジニアリングの構築」 (2016-2017)

・分担者
[5] エネルギー・環境新技術先導プログラム [代表者:産総研 赤井副部門長] (2019-2020)
[4] 科研費 基盤研究(B) 「 有機無機ペロブスカイトナノ粒子を利用した新規放射線誘起蛍光体の開発」 [代表者: 秋田大 河野直樹講師] (2021-2023)
[3] 科研費 基盤研究(B) 「先鋭化ガラス先端の増強電場を利用した非真空イオン注入および細胞代謝活性評価」 [代表者: 名工大 大幸裕介准教授] (2019-2021)
[2] 科研費 基盤研究(B) 「光マネジメント科学の学理構築:包括的理解に基づく材料とナノ構造の最適化」 [代表者: 京大 村井俊介助教] (2019-2021)
[1] 科研費 基盤研究(B) 「レーザー誘起空間制御結晶化に先導された新結晶成長工学の構築」 [代表者: 長岡技科大 小松高行教授] (2014)

所属学会

・日本セラミックス協会
・応用物理学会
・米国セラミックス学会

外部貢献

・継続
2021年4月~継続中: 応用物理学会 放射線分科会 幹事
2018年1月~継続中: 日本セラミックス協会秋季シンポジウム 特定セッション「ランダム系材料の科学―構造と相関する機能・物性―」 セッションオーガナイザー (連絡担当)
2017年4月~継続中: 日本セラミックス協会ガラス部会フォトニクス分科会 役員 (2020年:分科会主査)

・終了
2018年4月~2021年3月: 日本セラミックス協会研究会 「フォトニクスのための材料研究会」 世話人
2019年6月~2021年3月: 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター(NISTEP) 専門調査員
2020年3月~2020年12月: 国際会議Glass Meeting 2020 Program Chair.
2016年4月~2020年3月: 応用物理学会学術講演会 13.8. 光物性・発光デバイス プログラム編集委員
2017年10月~2019年9月: 一般社団法人ニューガラスフォーラム 若手懇談会 役員
2017年: 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM 12), including Glass & Optical Materials Division Meeting (GOMD 2017) 、セッションオーガナイザー

資格

危険物取扱者(甲)
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
基本情報技術者
2級知的財産管理技能士