Web page of Sub group of CNT function control group, Nanomaterials Research Institute/AIST
English page.

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
ナノ材料研究部門

CNT機能制御グループ内(CNT分離・精製・物性探査・電子応用関連)


Group photo 2016 June
2016.06.28 5-41棟前にて撮影


2005年1月1日グループ発足(ナノテクノロジー研究部門・自己組織エレクトロニクスグループ)
2006年7月1日グループ再編
2010年4月1日部門再編(ナノシステム研究部門)
2010年10月1日グループ再編(ナノシステム研究部門・ナノ炭素材料研究グループ)
2011年11月1日田中グループ長
2015年4月1日ナノ材料研究部門CNT機能制御グループに編入

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
ナノ材料研究部門
305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5

あなたは2004年4月7日以降counter 番目の訪問者です

CNT発見25周年記念会議2016-CNT25開催されます

蔵王16研究会開催しました

NT16 was held in Vienna, 7-13 August 2016.




■ プロジェクト
平成25-29年度科研費・基盤S
「完全制御カーボンナノチューブの物性と応用」
SWCNTの高度な構造分離とその物性研究を行います。

Logo of TASC
技術研究組合 単層CNT融合新材料研究開発機構


JST-CREST
「第二世代カーボンナノチューブ創製による不代替デバイス開発」
(H19-24年度:終了しました)

■ 受賞
new
2016.10.06 魏小均特別研究員が第13回飯島賞を受賞

2016.09.13 魏小均特別研究員が第77回応用物理学会ポスター賞を受賞

2015.03.26 魏小均特別研究員が第12回若手奨励賞(FNTG学会)を受賞

2014.11.06 劉華平らの単一構造分離の論文が、平成26年度産総研論文賞を受賞

2014.10.10 蓬田陽平特別研究員が第11回飯島奨励賞を受賞

2014.02.06 田中GLが第35回本多記念研究奨励賞を受賞

2013.09.16 第74回応用物理学会秋季学術講演会で田中GLがPoster Awardを受賞

2012.11.20 平野研究員が第33回応用物理学会講演奨励を賞受

2011.10.15 劉華平特別研究員がA3シンポジウムでポスター賞受賞


2011.10.07 劉華平特別研究員が第8回飯島賞を受賞!

片浦・田中がH23文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)受賞

田中研究員の論文が、応用物理学会論文賞を受賞!

片浦研究員が第14回日本物理学会論文賞を受賞!

田中研究員が第5回飯島賞(フラーレン・ナノチューブ学会)を受賞!

NT08で、田中研究員がPoster Awardを受賞!

nano tech 2008に「カーボンナノチューブインク」を出展。
ナノテク大賞を受賞!

柳研究員が第4回飯島賞(フラーレン・ナノチューブ学会)
を受賞しました。
■ ニュース
○2014.1.29 首都大学東京JST共同プレスリリース
カーボンナノチューブが、熱を電気エネルギーに変換する優れた性能を持つことを発見
関連論文(APEX)

○2013.12.19 NEDO産総研共同プレスリリース
金属型・半導体型の単層カーボンナノチューブを効率的・高純度に分離
関連論文(ACS NANO)

○2011.6.22 AIPプレスリリース:SWCNT内の水の物性解明
対象論文

○2011.5.11  プレスリリース(産総研・JST共同)
低コストで単層カーボンナノチューブ(SWCNT)の構造分離を実現
JSTからのプレスリリース

○2010.1.11 プレスリリース
原子レベルで化学反応の可視化に成功

○2009.11.27 プレスリリース
金属型と半導体型のカーボンナノチューブを高純度で簡便に分離

○日本科学未来館に展示しているCNTカラーインクが
TechOnで紹介されました。


○2009.4.23.日本経済新聞・北関東版朝刊に
当研究グループの研究が写真入りで紹介されました

○2009.3.4 プレスリリース
金属型と半導体型のカーボンナノチューブを極めて簡単に分離

○2008.2.26 プレスリリース
金属型と半導体型のカーボンナノチューブを高い回収率で分離

これまでのプレスリリース
■ 研究成果
論文リスト

ハイライト
マルチゲルカラムでSWCNT構造分離を実現!
■ メンバー
常勤研究員−−−−
田中 丈士
藤井俊治郎
平野 篤

片浦 弘道

ポスドク−−−−
魏 小均
王 国偉

アシスタント−−−−
櫻井 徳美


技術スタッフ−−−−
久保田 真理子
都築 真由美
和田 百代
周 波
今井 裕恵
金 泓秀

派遣研究員−−−−
浅野 敏(TASC)
杉田知子(TASC)
■ アカデミックな道に巣立った方々
柳和宏:首都大学東京准教授
宮田耕充:首都大学東京准教授
劉華平(Huaping Liu):中国科学院 Chinese Academy of Sciences, Beijing
蓬田陽平:首都大学東京助教
■ 当グループへのアクセス
●電車:つくばエクスプレス つくば駅下車
産総研シャトルバスにてつくば中央第一事業所(終点)下車
もしくは、路線バスにて、「並木二丁目」バス停下車
徒歩にて中央第5事業所41棟(5−41棟)にて受付

●バス:東京駅八重洲南口発高速バス 「並木二丁目」バス停下車
徒歩にて中央第5事業所41棟(5−41棟)にて受付

その他、詳しくは産総研ホームページの案内をご覧下さい

終了イベント Web page of the 6th Korea-Japan Symposium on Carbon Nanotube

Return to home page of AIST.