ホーム 論文発表 報道関係 筑波大学連携大学院


Last update: Sep. 2017
佐藤 雄隆 さとう ゆたか, 博士(工学)
産業技術総合研究所 知能システム研究部門 コンピュータビジョン研究グループ 研究グループ長
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授 (連携大学院

Yutaka Satoh, Ph.D.
Group Leader, ISRT, AIST.
Professor (Cooperative Graduate School Program), University of Tsukuba.

〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1
E-mail: yu.satou AT aist.go.jp

画像センシングシンポジウムSSII2018
2018年6月13日(水)〜15日(金)パシフィコ横浜アネックスホール
チュートリアル,オーガナイズドセッション,特別講演に加え,100件超の研究発表
画像センシング・画像認識・AIの最新動向がワンストップでわかる!

最新の画像センシング機器が集結する画像センシング展も同日程・会場で同時開催


Topics - 最近のトピックス
  • 連携大学院生(修士・博士)募集中です! 現在,筑波大学連携大学院「佐藤研究室」では,修士および博士課程の学生を募集しています.産総研の先端的な研究環境で学びつつ筑波大学の学位を取得できます. 筑波大以外からの受験,社会人,留学生も歓迎いたします.
    詳しくは こちら をご覧ください.
    まずは,yu.satou AT aist.go.jp まで遠慮無くご相談下さい.
    Admissions: Cooperative Graduate School Program (master's & doctoral course), University of Tsukuba. Please see here.

  • プレス発表:「直射日光下でのパターン投影による高速形状計測に成功」
    キネクトのようなパターン光投影型形状計測を直射日光下でも可能にしました.
    →産総研プレスリリース
    →CVPR2017 open access
    Press release: Please see here and here.

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 「若手科学者賞」 を受賞いたしました.
    Minister's Prize: The Young Scientists' Prize, The Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology.
    →文部科学省
    →産総研トピックス


Research Outline - 研究概要
コンピュータビジョン技術の高度化に関する研究をハードウェア・ソフトウェアの両面から行っています. また,技術の高度化のみならず, 研究成果によって安全・安心,医療,福祉など 社会的に重要な課題の解決を目指す取り組みを行っています.
We focus on research in computer vision systems and pattern recognition algorithms that can be applied to public-interest applications. Please see below for more details.




Subjects & Key papers - 研究テーマと主な文献 (全文献リストはこちら,Full paper list is here.)
統計的リーチ特徴法(SRF,GAP,CP3)(2008〜)
Statistical Reach Feature (SRF,GAP,CP3) for robust pattern matching
  • 岩田健司,佐藤雄隆,尾崎竜史,坂上勝彦,"統計的リーチ特徴法に基づくロバスト背景差分 ",信学論(D),Vol.J92-D, No.8,pp.1251-1259, 2009.
  • Zhao Xinyue, Yutaka Satoh, Hidenori Takauji, Syun'ichi Kaneko, Kenji Iwata, Ryushi Ozaki,"Object Detection based on a Robust and Accurate Statistical Multi-point-pair Model ",Pattern Recognition,Vol.44, Issue 6, pp.129
  • Zhao, Xinyue, Zaixing He, Shuyou Zhang, Syun'ichi Kaneko, Yutaka Satoh,"Robust face recognition using the GAP feature",Pattern Recognition,Vol.46, Issue 10,pp. 2647-2657,2013.
    6-1311,2011.
  • Dong Liang, Shun'ichi Kaneko, Manabu Hashimoto, Kenji Iwata, Xinyue Zhao, Yutaka Satoh,"Robust Object Detection in Severe Imaging Conditions using Co-occurrence Background Model",International Journal of Optomechatronics,Vol.8, Issue 1,pp. 14-29,2014.
  • 尾崎竜史,佐藤雄隆,岩田健司,坂上勝彦,"統計的リーチ特徴法に基づくロバスト画像照合",電気学会論文誌C,Vol.132, No.4,pp. 570-583,2012.
  • 尾崎竜史,佐藤雄隆,岩田健司,坂上勝彦,"統計的リーチ特徴法に基づくサンプル学習型画像照合 ",電気学会論文誌C,Vol.130, No.9,pp.1622-1629,2010.

背景差分への応用
極端な照明変化にも対応


テンプレートマッチングへの応用
不良照明下でも安定に動作(左)

CHLACによる異常動作の自動検知(2005〜)
Detection of unusual motions by CHLAC
  • 2007.10.16 産総研プレスリリース
    「カメラ映像から異常動作をリアルタイムで自動検出するソフトを開発」
  • 岩田健司,佐藤雄隆,小林 匠,依田育士,坂上勝彦,大津展之,"CHLACによる映像サーベイランスのためのビジュアルフレームワーク",第13回画像センシングシンポジウム(SSII07)論文集,LD1-04, pp.1-7,2007.
    Award: 第13回画像センシングシンポジウム オーディエンス賞受賞
  • K.Iwata, Y.Satoh, T.Kobayashi, I.Yoda and N.Otsu,"Application of the Unusual Motion Detection Using CHLAC to the Video Surveillance",Proc. of the 14th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2007), Lecture Notes in Computer Science, Springer,LNCS4985, pp.628-636,2007.

予め学習してある動き
(ここでは木の揺れや歩行者)
以外を自動検知


インテリジェント電動車いす(2004〜)
Smart Wheel Chair Project

全方向ステレオシステム(2001〜)
Stereo Omni-directional System (SOS)
  • Y. Satoh and K. Sakaue,"Stereo omni-directional system (SOS) and its applications",Chapter in Intelligent Environments: Methods, Algorithms and Applications, D. Monekosso, P. Remagnino and Y. Kuno (eds),Springer,pp.127-142,2008.
  • 佐藤雄隆, 山本和彦, 桑島茂純, 棚橋英樹, 王彩華, 丹羽義典, “移動体ビジョンを指向した小型全方向ステレオシステム(miniSOS)の開発”, 画像センシングシンポジウム(SSII03) 講演論文集, pp.311-316 (2003).
    Award: 第9回画像センシングシンポジウム優秀論文賞受賞
  • 王彩華, 棚橋英樹, 佐藤雄隆, 平湯秀和, 丹羽義典, 山本和彦, “全周囲エッジヒストグラムを用いたセンサの位置・姿勢推定”, 信学論(D-II), No.10, pp.1400-1410 (2003).
  • S. Shimizu, K. Yamamoto, C. Wang, Y. Satoh, H. Tanahashi and Y. Niwa, "Moving Object Detection by Mobile Stereo Omni-directional System (SOS) using Spherical Depth Image",Pattern Analysis & Applications,Vol.9, Issue 2,pp.113-126,2006.


ロバスト背景差分法(2000〜)
Robust Background Subtraction (PISC, RRF, RRC)
  • 佐藤雄隆, 金子俊一, 丹羽義典, 山本 和彦, “Radial Reach Filter (RRF) によるロバストな物体検出”, 信学論(D-II), vol.J86-D-II, no.5, pp.616-624 (2003).
  • 佐藤雄隆, 金子俊一, 五十嵐悟, “周辺増分符号相関画像に基づくロバスト物体検出及び分離”, 信学論(D-II), Vol.J84-D-II, No.12, pp.2585-2594 (2001).
  • Y. Satoh, H. Tanahashi, C. Wang, S. Kaneko, S. Igarashi, Y. Niwa and K. Yamamoto, “Robust Event Detection by Radial Reach Filter (RRF)”, Proc. of the 16th IAPR International Conference on Pattern Recognition (ICPR2002), Vol.II, pp.623-626 (2002).
  • Y. Satoh, C. Wang, H. Tanahashi, Y. Niwa, K. Yamamoto, “Robust Object Detection for Intelligent Surveillance Systems based on Radial Reach Correlation (RRC)”, Proc. of IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2003) (2003).


背景や衣服によらず精度良く検出する.影の影響も少ない.


ロバスト画像照合(1999〜)
Robust Image Registration (SCC)
  • S. Kaneko, Y. Satoh, S. Igarashi, “Using Selective Correlation Coefficient for Robust Image Registration”, Pattern Recognition, vol.36, no.5, pp.1165-1173 (2003).
  • 佐藤雄隆, 金子俊一, 五十嵐悟, “選択的正規化相関によるロバスト画像照合”, 電気学会論文誌C, Vol.121-C, No.4, pp.800-807 (2001).

光沢などの外乱を自動検出・除去したうえで画像照合を行う.


画像処理エキスパートシステム(1995〜)
Image Processing Expert System
  • 佐藤雄隆, 金子俊一, 五十嵐悟, “遺伝的アルゴリズムによる画像セグメンテーションの最適化”, 精密工学会論文誌, Vol.66, No.6, pp.939-943 (2000).
  • Y. Satoh, S. Kaneko, and S. Igarashi, “Procedure Optimization for Picture Segmentation by Genetic Algorithms with morphogenic intersection”, Proc. of the 4th International Conference on Quality Control by Artificial Vision (QCAV'98), pp.305-312 (1998).


InputからGoalに処理する画像処理過程を遺伝的に自動生成


Awards - 受賞
  • 平成25年小田原論文賞 (2013)
  • 平成23年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 (2011)
  • 平成19年画像センシングシンポジウムオーディエンス賞 (2007)
  • 平成18年上半期産総研MIP賞大賞 (2006)
  • 平成18年小田原論文賞 (2006)
  • 平成15年画像センシングシンポジウム優秀論文賞 (2003)


Society Activities - 学会活動等
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2018), 実行委員長, 2017-2018.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2017), 実行委員, 2017.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2017), 運営委員長, 2016-2017.
  • 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA2017), プログラム委員, 2016-2017.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2016), 実行委員, 2016.
  • 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA2016), プログラム委員, 2015-2016.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2016), プログラム委員長, 2015-2016.
  • JEITA 認識形入力方式標準化専門委員会 委員長, 2016-
  • 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA2015), プログラム副委員長, 2014-2015.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2015), 実行委員, 2015.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2015), 表彰小委員会委員, 2014-2015.
  • 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ学会誌編集連絡委員/会誌編集委員 2015-2016.
  • 画像応用技術専門委員会 委員 2015-.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2014), 実行委員, 2014.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2014), オーガナイズドセッション部会長, 2013-2014.
  • The 20th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2014), Program Committee, 2013-2014.
  • 2013 International Symposium on Optomechatronic Technologies (ISOT2013), Program Committee, 2012-2013.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2013), 実行委員, 2013.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2013), 表彰小委員会副委員長, 2012-2013.
  • The 19th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2013), Scientific Committee, 2012-2013.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2012), 実行委員, 2012.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2012), プログラム委員長, 2011-2012.
  • The 18th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2012), Scientific Committee, 2011-2012.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2011), 実行委員, 2011.
  • 電子情報通信学会英文論文誌MVA特集号, 論文編集委員幹事, 2011.
  • IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA2011), Secretary to Program Chair, 2010-2011.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII2011), 表彰小委員会副委員長, 2010-.
  • The 17th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2011), 組織委員, 2011.
  • JEITA 認識形入力方式標準化専門委員会 委員, 2010-2015
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2010), 実行委員, 2010.
  • The 16th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2010), 組織委員, 2010.
  • 電気学会「スマートビジョン協同研究委員会」, 協同研究委員, 2009-.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2009), 実行委員幹事, 2009.
  • The 15th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2009), 組織委員, 2009.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2008), 実行委員幹事, 2008.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII08), 実行委員, 2008.
  • The 14th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 組織委員, 2008.
  • 電気学会「ビジョンのシステム制御技術への適用協同研究委員会」, 協同研究委員, 2007-2009.
  • 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2008), プログラム委員, 2007-2008.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2007), 実行委員幹事補佐, 2007.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII07), 実行委員, 2007.
  • 電気学会「多次元センシング情報の産業利用に関する調査専門委員会」, 調査専門委員, 2007-.
  • The 13th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2007), 組織委員, 2007.
  • 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA2007), 実行委員, 2006.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2006), 実行委員, 2006.
  • The 12th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 組織委員, 2006.
  • 電気学会「画像監視および画像認識のシステム制御技術への適用調査専門委員会」, 調査専門委員, 2005-2007.
  • 画像センシングシンポジウム(SSII06), プログラム委員, 2005.
  • 電子情報通信学会英文論文誌MVA特集号, 論文編集委員, 2005.
  • SPIE International Symposium on Optomechatronic Technologies 2005 (ISOT2005), 実行委員, 2005.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2005), 実行委員, 2005.
  • The 11th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2005), 組織委員, 2005.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2004), 実行委員, 2004.
  • IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA2005), 実行委員, 2004-2005.
  • 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA2004), 実行委員, 2004.
  • The 10th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2004), 組織委員, 2004.
  • ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW2003), 実行委員, 2003.
  • The 9th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2003), 組織委員, 2003.
  • The 8th Korea-Japan Joint Workshop Frontiers of Computer Vision (FCV2002), 組織委員, 2002.


Academic Affairs - 非常勤講師・兼任等
  • 東京工業大学 非常勤講師(2015-)「ロボット技術」
    Part-time instructor, Tokyo Institute of Technology
  • 電気通信大学 非常勤講師 (2009-2015)「情報システム学特別講義 I」
    Part-time instructor, University of Electro-Communications
  • 筑波大学大学院 教授(連携大学院)(2008-2017 准教授,2017-教授)
    Professor (Cooperative Graduate School Program), University of Tsukuba
  • 東京大学 非常勤講師(2007)「学際理数情報学特論」
    Part-time instructor, University of Tokyo
  • 北海道工業大学 非常勤講師(1998-2000)「静力学・動力学の応用」
    Part-time instructor, Hokkaido Institute of Technology


Copyright (C) 2004-2014 Yutaka Satoh. All Rights Reserved.