Entire List of Juli's Research Activities Since 1988-



<<論文発表(査読付)>>
岸義樹,福井幸男,山下樹里:”概念設計における思考支援システムの研究−機能検証のための一方法”,精密工学会誌 Vol. 57, No. 1, pp. 98-103, 1991. 

山下,福井:“形状の直接変形操作手法DDMの提案 −2次元DDM−”,電子情報通信学会論文誌DII,J76-D-II,No. 8,pp. 1780-1787, 1993.

Yamashita, J., H. Yokoi, Y. Fukui, and M. Shimojo : "The Concept of Tool-Based Direct Deformation Method for Networked Cooperative CAD Interface", IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E77-D, No.12, pp. 1350-1334, 1994.

山下,福井,横井,下条:“3DーDDM:三次元 B-Spline 自由曲面の直接変形操作手法”,電気学会論文誌C,Vol. 115,No. 2,pp. 253-260, 1995.

横井,福井,山下,下条:“6軸直交型ロボットを用いたフォースフィードバックデバイスに関する基礎研究”,日本機会学会論文集(C編),Vol.63,No.605,pp. 204-210, 1997.

Hiroshi Yokoi, Yukio Fukui, Juli Yamashita, and Makoto Simojo: "A Study on Force Feed-back Device Using 6 D.O.F. Cartesian Robot (Adaptive control method for human spatial movement)," Journal of Robotics and Mechatronics Vol.9 No.1, pp.1-8, 1997.

Fukui, Y., M. Shimojo, and J. Yamashita: "Recognition by Inconsistent Information from Visual and Haptic Interface," Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 9, No. 3, pp. 208-212, 1997.

蔡奕,福井幸男,山下樹里,下条誠:広範囲操作力対応型力覚インタフェース:6DFMシステム,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 3, No. 3, pp. 65-74, 1998

持丸正明,山内康司,山下樹里,福井幸男,横山和則:BiVIS式立体内視鏡および2D,3D内視鏡の立体視特性比較,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 3, No. 4, pp. 207-212, 1998

山内康司,山下樹里,持丸正明,福井幸男,横山和則:内視鏡下副鼻腔手術のためのナビゲーションシステムにおける操作性の比較評価,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 3, No. 4, pp. 221-227, 1998

Juli Yamashita, Yasushi Yamauchi, Masaaki Mochimaru, Yukio Fukui, and Kazunori Yokoyama: "Real-Time 3D Model-Based Navigation System for Endoscopic Paranasal Sinus Surgery," IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.46, No.1, pp. 107-116, 1999. 

森川治、福井幸男、山下樹里、持丸正明、山内康司:認知モデルに基づいた情報提示方法発見の新原理---擬似立体視への応用---, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.4, No.1, pp.339-346, 1999.

山下樹里、福井幸男、森川治、佐藤 滋 : 点接触型力覚呈示装置による変位情報に基づいた平面形状知覚特性、情報処理学会論文誌、Vol. 41, No.5, pp. 1298-1307, 2000.

森川治、福井幸男、山下樹里、佐藤 滋 : 人に優しい超鏡対話における指差し行為、情報処理学会論文誌、Vol. 41, No.5, pp. 1290-1297, 2000.

山内康司, 山下樹里, 持丸正明, 森川 治, 福井幸男, 横山和則 : 「記憶する内視鏡」による内視鏡視野の疑似広角化, 日本コンピュータ外科学会誌, Vol. 2, No. 2, pp. 62-68, 2000.

山下樹里、福井幸男、森川治、佐藤滋 : 接平面近似円筒面の力覚補完呈示における「なめらかさ」、日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 6, No.1, pp. 3-9, 2001. 

森川治、山下樹里、福井幸男、佐藤滋: ビデオ対話における映像精度の視線認識への影響---映像精度が高い程良い訳ではない---、日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 6, No.1, pp. 11-17, 2001/03. 

仲田謙太郎、中村則雄、山下樹里、西原清一、福井幸男: 角運動量変化を利用した力覚呈示デバイス、日本バーチャルリアリティ学会論文誌、Vol. 6, No. 2, pp. 115-120, 2001.

Yamauchi, Y., M. Suzuki, M. Mochimaru, J. Yamashita, O. Morikawa, Y. Fukui, H. Uno, and K. Yokoyama, A Training System for Endoscopic Sinus Surgery with Skill Evaluation,  Internal Cognress Series , Elsevier, Vol. 1230, p. 1150, 2001.

山内康司, 山下樹里, 持丸正明, 森川 治, 橋本亮一, 福井幸男, 横山和則 : 内視鏡下鼻内手術トレーニングシステムの開発と手術スキル評価指標の検討, 日本コンピュータ外科学会誌, 2002. 

Yamauchi, Y., J. Yamashita, O. Morikawa, R. Hashimoto, M. Mochimaru, Y. Fukui, H. Uno, and K. Yokoyama: Surgical Skill Evaluation by Force Data for Endoscopic Sinus Surgery Training System, Lecture Notes in Computer Science (Proc. of MICCAI'02, Tokyo), Springer-Verlag, 2002.09. 


<<論文発表ー所報(査読付)>>
山下樹里,岸義樹:”述語によるソリッド・モデラのデータ構造”,製科研研究報告 第115号, 1989.

山下樹里:“人間工学データベースの機能的特徴 ー既存データベース管理システムからの検討ー”,製品科学研究所報告 第124号,1992.

河内まき子,横井孝志,渥美浩章,山下樹里,横山一也,吉岡松太郎,小木元,堀田明裕,谷井克則,岸義樹,飯田健夫:”設計のための人体計測マニュアル”,製品科学研究所 技術報告,1992.

河内まき子,横井孝志,渥美浩章,山下樹里,横山一也,吉岡松太郎,小木元,堀田明裕:“設計のための人体寸法データ集”,生命工学工業技術研究所報告, Vol. 2, No.1, 1994.


<<誌上発表(査読なし)>>
岸義樹,山下樹里:”設計智モデリングへのアプローチ”,コンピュートロール,25, 1988.

山下樹里:”形状生成によるユーザ支援”,製科研ニュース,Vol.21,No.7,1989.11.

山下樹里:”人間工学データベースの要求機能”,製科研ニュース,Vol.23,No.6,PP.9,1991.11.(23,(6),11

山下樹里,福井幸男:”自由形状の直接変形−押せば凹むインターフェース−”,PIXEL, No. 124, pp. 92-93, 1992.
(図形処理情報センター)

山下樹里:”形状の直接変形手法の開発”,製科研ニュース,Vol.24,No.4,pp.5,1992.7.

山内、山下、持丸、森川、福井、横山: 内視鏡下手術とナビゲーションシステム, 手術 , 54(12), 1801-1809 (2000).


<<誌上発表(報告)>>
山下樹里:”情報ネットワーク社会化の現状と問題点:情報化の影響の検討”,人間生活科学技術調査研究ヒュ−マンライフ編 219-225, 258-262,1990.
(財団法人 日本産業技術振興協会)

山下樹里:”第3章付録A−1新情報環境の実体験感想等記録”,人間生活科学技術調査研究ヒュ−マンライフ編 241-245,1991.
(財団法人 日本産業技術振興協会)

山下樹里:”第3章第1節1−3重点領域課題アンケート結果との関連”,人間生活科学技術調査研究ヒュ−マンライフ編 201-202, 1991.
(財団法人 日本産業技術振興協会)

山下樹里:”第3章第3節3−4−1外部サービスとプライバシー”,人間生活科学技術調査研究ヒュ−マンライフ編 222-224, 1991.
(財団法人 日本産業技術振興協会)

八十島 義之助(編集・発行):「アメニティターミナルにおける旅客案内サインの研究  平成8年度報告書」、財団法人 交通アメニティ推進機構、1997年(平成9年)3月.

交通エコロジー・モビリティ財団 アメニティターミナルにおける旅客案内サインの研究委員会 編集:「アメニティターミナルにおける旅客案内サインの研究  平成9年度報告書資料集」、交通エコロジー・モビリティ財団、1998年(平成10年)3月.

交通エコロジー・モビリティ財団 アメニティターミナルにおける旅客案内サインの研究委員会 編著:「交通拠点のサインシステム計画ガイドブック」、交通エコロジー・モビリティ財団、1998年(平成10年)3月.

Y.Fukui, J.Yamashita, Y.Cai and M.Shimojo: "Representation and Perception of Virtual Haptic Textures", 筑波大学感性評価構造モデル構築特別プロジェクト研究組織研究報告集 1997, 1998.3.

山下、福井、森川、佐藤:点接触型力覚呈示装置による平面形状知覚特性、筑波大学感性評価構造モデル構築特別プロジェクト研究報告集2000、pp.297-306, 2001.03.


<<記事>>
金井典子,西川寿子,弘中佳美,山下樹里,渡辺美代子:”21世紀に期待される女性の活躍”,精密工学会誌,1990年1月.

山下樹里:“窓の向こうの3次元”、bit, Vol 29, No.9, 共立出版, 1997.

山下樹里: バーチャル・リアリティ(仮想現実感、VR)技術、工業技術 Vol.41,No.8,
pp. 43-44, 2000.

山下樹里: バーチャル・リアリティ(仮想現実実感,VR)技術、KITEC INFORMATION (175),38-39 (2001).

<<書籍>>
山下樹里:”特別解説用語「仮想現実感」”,生体工学用語辞典,日本規格協会,pp. 151-152, 1994.  

河内まき子,横井孝志,渥美浩章,山下樹里,横山一也,吉岡松太郎,小木元,堀田明裕:”設計のための人体計測マニュアル”,日本出版サービス,1994.

河内まき子,横井孝志,渥美浩章,山下樹里,横山一也,吉岡松太郎,小木元,堀田明裕:“設計のための人体寸法データ集”,日本出版サービス,1996年.

山下樹里 : コンピュータ支援外科の将来, 技術予測レポート 第3巻 医療・健康・高齢化社会への対応技術編, 日本ビジネスレポート株式会社, pp. 61-68, September 2000.


<<口頭発表(査読あり)>>
山下樹里:“人間工学データベースの要求機能”,情報処理学会アドバンスト・データベース・システムシンポジウム(ADBS'91)予稿集,1991.

山下樹里,福井幸男:“曲線・曲面の直接操作”,情報処理学会グラフィクスとCADシンポジウム予稿集,pp. 77-83, 1992.

Yamashita, J. and Y. Fukui: "A Direct Deformation Method", Proc. of IEEE VRAIS'93  (Virtual Reality Annual International Symposium '93), pp. 499 - 504, 1993.

Yamashita, J. and Y. Fukui : "DDM: A Direct Deformation Method of Free Forms for CAD Interface", Proc. of ICAT '93 (The Third International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence), pp. 97 - 104, 1993.

Yamashita, J., H. Yokoi, Y. Fukui, and M. Shimojo : "A Virtual Surface Modeler for Direct and Regional Free Form Manipulation", Proc. of ICAT '94 (The Fourth International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence), pp. 35 - 42, 1994.

Yokoi, H., J. Yamashita, Y. Fukui, and M. Shimojo : "Development of the Virtual Shape Manipulating System", Proc. of ICAT '94 (The Fourth International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence), pp. 43 - 48, 1994.

Yamashita, J., H. Yokoi, Y. Fukui, and M. Shimojo : "ViSurf: A Tool-Based Virtual Surface Modeler with Force Feedback", presented at SIGGRAPH94 Technical Sketches, 29 July 1994.

Yokoi, H., J. Yamashita, Y. Fukui, and M. Shimojo : "Development of 3D Input Device for Virtual Surface Manipulation", 3rd IEEE International Workshop on Robotics and Human Communication, 1994.

Fukui, Y., H. Yokoi, J. Yamashita, and M. Shimojo: "Virtual Surface Tracing Manipulator of Low Frequency Cycle Time", presented at SIGGRAPH '95 Technical Sketches, 1995.

Yokoi, H., J. Yamashita, Y. Fukui, and M. Shimojo: "Development of 3D-Input Device using Adaptive Control", IEEE International Conference on Neural Networks, Vol.V, pp.2709 - 2714, 1995.

Yamashita, J. and Y. Fukui : "Virtual Surface Modelling with "Loosely Coupled" Force Feedback Device", Salisbury, J.K. and Srinivasan, M.A., Eds., The Proceedings of the First PHANToM Users Group Workshop, published as M.I.T. Artificial Intelligence Laboratory Technical Report AITR-1596 and M.I.T. Research Laboratory for Electronics Technical Report No. 612, December 1996.

Juli Yamashita, Yasushi Yamauchi, Masaaki Mochimaru, Yukio Fukui, and Kazunori Yokoyama: "A 3D Navigation System for Endoscopic Sinus Surgery," Proc. of ICAT '96 (The Sixth International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence), 1996.

Yamashita, J., Y. Fukui, and M. Shimojo: "Tool-Based 3D Haptic Interface for Direct and Interactive Surface Modelling", Proc. of IPSJ Interaction '97, pp. 45 - 46, 1997. 

山下 樹里,福井 幸男,蔡 奕: "ViSurf:3次元触・力覚呈示デバイスによる面の直接モデリング環境", 情報処理学会 グラフィクスとCAD/画像電子学会 Visual Computing 合同シンポジウム, pp. 29 - 34,  June, 1997.

Yamashita, J., Y. Cai, and Y. Fukui: "Feature-Based Haptic Rendering -- Architecture, Protocol, and Application," in Visual Proc. of ACM SIGGRAPH '97, 1997.

M.Mochimaru, J.Yamashita, Y.Yamauchi, Y.Fukui and K.Yokoyama: "Operatability Evaluation of a Computer Navigation System for Endoscopic Sinus Surgery", Proc. Human Computer Interaction International '97, 761-764, Aug., 1997

Y.Fukui, J.Yamashita, and M.Shimojo: "Perceptual Performances of Force Rendering Methods", Proc. IEEE Int. Conf. Systems, Man, and Cybernetics, 1401-1405, Orlando, Oct.,1997

Y. Cai, J.Yamashita, and Y.Fukui: "Haptic Display Devices in Constructing Virtual Reality Environments", Proc. Work With Display Unit '97, 135-136, Tokyo, Nov., 1997

O.Morikawa, Y.Fukui, and J.Yamashita: "Effects of Force Feedback in Video-Mediated Communication", Proc. Work With Display Unit '97, 199-200, Tokyo, Nov., 1997

Yamashita, J., R. W. Lindeman, Y. Cai, O. Morikawa, and Y. Fukui: "Plane-Shape Perception Using Point-Contact Type Force Feedback Device," in Conference Abstracts and Applications of ACM SIGGRAPH '98, 1998, p. 274.

Y. Cai, Y. Fukui, J. Yamashita, and M. Shimojo: "A Haptic Interface for Virtual Environment: 6DFM System", 7th IEEE Int. Workshop on Robotics and Human Communication (RO-MAN'98), 605-612, Takamatsu, Sep., 1998.

Yamauchi, Y., J. Yamashita, M. Mochimaru, Y. Fukui, and K. Yokoyama: A 3D model-based Navigation System for Endoscopic Paranasal Sinus Surgery, CAR (Computer Aided Radiology) '98, 1998.

Yamauchi, Y., J. Yamashita, M. Mochimaru, Y. Fukui, and K. Yokoyama: "Comparision of stereoscopic effect between 2D, 3D and pseudo-3D endoscopes", Proceedings of CARS'99 (Computer Assisted Radiology and Surgery), p. 1048, 1999.

Yamauchi, Y., J. Yamashita, M. Mochimaru, Y. Fukui, M. Niikura, H. Uno, and K. Yokoyama: "Development of a silicone model for endoscopic sinus surgery", Proceedings of CARS'99 (Computer Assisted Radiology and Surgery), p. 1039, 1999.

Morikawa, O., J. Yamashita, Y. Fukui: The Sense of Physically Crossing Paths: Creating a Soft Initiation in HyperMirror Communication, Conference Abstracts of ACM CHI'2000, pp.183-184, 2000.

森川 治、山下 樹里、福井 幸男、佐藤 滋: "超鏡対話における指差し行為", 情報処理学会 インタラクション2000 予稿集、pp. 189-196, 2000.

島田 義之, 日隈 直紀, 福井 幸男, 山下 樹里: "仮想形状の力覚表現における知覚特性", 情報処理学会 インタラクション2000 予稿集, p. 133, 2000.

日隈 直紀, 島田 義之, 福井 幸男, 山下 樹里: "仮想空間における人間の空間知覚特性", 情報処理学会 インタラクション2000 予稿集, p. 81, 2000.

Yamashita, J., R. W. Lindeman, Y. Fukui, O. Morikawa, and S. Sato: "On Determining the Haptic Smoothness of Force Shaded Surfaces," in Conference Abstracts and Applications of ACM SIGGRAPH 2000, p. 240, 2000.

森川治、山下樹里、福井幸男、佐藤滋 : 超鏡対話における対話者の配置と話しやすさの関係、情報処理学会 インタラクション2001予稿集、pp. 179-186, 2001.

Yamauchi, Y., M. Suzuki, M. Mochimaru, J. Yamashita, O. Morikawa, Y. Fukui, H. Uno, and K. Yokoyama: "A Training System for Endoscopic Sinus Surgery with Skill Evaluation," in Proc. of CARS 2001 (Computer Assisted Radiology and Surgery), p. 1150, 2001.

Yamashita, J., Y. Fukui, O. Morikawa, and S. Sato : "Spatial Resolution in Haptic Rendering," in Conference Abstracts and Applications of ACM SIGGRAPH 2001, p. 264, 2001.

Yukio Fukui, Kentaro Nakata, Norio Nakamura, and Juli Yamashita : "Hand-Held Torque Feedback Device," in Conference Abstracts and Applications of ACM SIGGRAPH 2001, p. 192, 2001.

Yokichi Tanaka, Sakai Masataka, Kohno Yuka, Yukio Fukui, Juli Yamashita, Norio Nakamura : "Mobile Torque Display and Haptic Characteristics of Human Palm," in Proc. of ICAT 2001 (International Conference on Artificial Reality and Tele-Existence 2001), pp. 115-120, 2001.

韓 恵英、山下 樹里、藤代 一成: 異なる力覚呈示装置による形状知覚の比較、情報処理学会 インタラクション2002 予稿集、pp. 79-80, 2002.

千野正吾、山内康司、橋本亮一、山下樹里、福井幸男、宇野廣、横山和則: 鼻腔形状と内視鏡操作力の可視化システム、情報処理学会 インタラクション2002 予稿集, pp. 195-196, 2002. 

Yamauchi, Y., J. Yamashita, Y. Fukui, K. Yokoyama, T. Sekiya, E. Ito, M. Kanai, T. Fukuyo, D. Hashimoto, H. Iseki, and K. Takakura: A dual-view endoscope with image shift, Computer Assisted Radiology and Surgery 2002 Paris, 2002.06.

Han, H., J. Yamashita, and I. Fujishiro : "3D Haptic Shape Perception using a 2D Device," in Conference Abstracts and Applications of ACM SIGGRAPH 2002, p. 135, 2002.

Yamauchi, Y., J. Yamashita, O. Morikawa, R. Hashimoto, M. Mochimaru, Y. Fukui, H. Uno, and K. Yokoyama: Surgical Skill Evaluation by Force Data for Endoscopic Sinus Surgery Training System, MICCAI'02 (Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention), Tokyo, 2002.09.


<<口頭発表(査読なし)>>
山下樹里,岸義樹:”「インテリジェント形状モデリングの一方法」,INAP'88  (PROLOGの産業応用に関するシンポジウム), 1988.

岸義樹,山下樹里 :”機能の理解及び生成に関する思考支援モデル”,精密工学会/人工知能学会合同研究会,1988.

岸義樹,山下樹里,福井幸男:”機能検証の一方法”,平成元年度精密工学会春季大会,1989. 

岸義樹,山下樹里 :”設計智のモデリング−全体の枠組みおよび若干の知見−”,平成元年度精密工学会春季大会,1989.

山下樹里,岸義樹:”形成生成のインテリジェント化の一方法”,第3回人工知能学会全国大会,1989.

岸義樹,山下樹里 :”Parallel Prolog による問題解決の一方法”,第3回人工知能学会全国大会,1989.

山下樹里:”知的データベースにかかわる主張”,人工知能学会知的データベースワークショップ,1990.1.

山下樹里:”進化のどの過程で知能は出てきたのか”,情報処理学会人工知能研究会,1990.

山下樹里:”人間工学データベースについて”,感性と技術の会,1991.6.

山下樹里,横山一也,志甫雅人1,吉岡松太郎,渥美浩章2,堀田明博(1石川県工試,2東北芸工大):”人間工学データによる製品設計支援システム技術”,第33回日本人間工学会,1992.

Juli Yamashita: "Basic Concepts of Computer Aided Geometric Design", Forth Japan-U.S. JAMS Seminar, Japan Association for Mathematical Sciences, 1992.8.

竹内晴彦,山下樹里:”利用者アンケートに基づく洋雑誌の選定”,第30回情報科学技術研究集会,1993.

山下樹里,横井浩史,福井幸男,下条誠:”自由形状の直接操作の試み-DDMの提案-”,第24回ヒューマン・インタフェース研究会,1993.5. 

山下樹里,横井浩史,福井幸男,下条誠:”3次元自由形状の直接操作環境の構築”,第9回ヒューマンインタフェース・シンポジウム,1993.

横井浩史,山下樹里,福井幸男,下条誠:”仮想形状操作のための直交形マニプレータの制御”,第9回ヒューマンインターフェース・シンポジウム,1993. 

山下樹里,横井浩史,福井幸男,下条誠:”バーチャル・サーフェス・モデラの開発”,第35回情報処理学会プログラミング・シンポジウム,1994.

山下樹里,横井浩史,福井幸男,下条誠:”バーチャル・サーフェス・モデラの提案(3次元自由形状の直接変形)”,第3回ダイナミクスに関するオーディオ・ビジュアルシンポジウム,1994.

福井幸男,山下樹里:”Direct Manipulation Method of Free Form Surface ”,International Symposium of Intellectual Facilitation of Creative Activities,1994.
???

山下樹里、福井幸男、下条誠:“二種の触・力覚呈示装置による仮想形状レンダリング”, 日本バーチャルリアリティ学会第1回全国大会予稿集, 1996.

山下 樹里,福井 幸男,蔡 奕: "力覚フィードバックを伴う3次元インタフェースを持つCADの開発", 日本機械学会百周年記念講演会 D & D '97 Conference 機械力学・計測制御講演論文集 Vol. B, pp. 396 - 399, July, 1997.

蔡 奕, 佐藤 誠, 山下 樹里,福井 幸男: "力覚フィードバックによる接触感覚の提示装置について", 日本機械学会百周年記念講演会 D & D '97 Conference 機械力学・計測制御講演論文集 Vol. B, pp. ? - ?, July, 1997.

山下樹里、持丸正明、山内康司、福井幸男、横山和則:“実時間透視図表示による内視鏡手術ナビゲーションシステムの評価”、情報処理学会 研究報告 97-HI-74, pp. 25-30, 1997.

山下樹里、持丸正明、山内康司、福井幸男、横山和則:“実時間透視図表示による内視鏡手術ナビゲーションシステム”、日本バーチャルリアリティ学会第2回全国大会予稿集 、Sept. 18, 1997.

山下樹里、蔡 奕、福井幸男:“形状要素による触覚レンダリングとその通信プロトコル”, 日本バーチャルリアリティ学会第2回全国大会予稿集, Sept. 18, 1997.

横山、山下、山内、持丸、福井: 鼻内手術における新しい内視鏡システムの試み、第2回日本耳鼻咽喉科学会地方部会北関東連合会、1997.

山下樹里、持丸正明、山内康司、福井幸男、横山和則:“「リアルビジョン」方式による疑似立体視効果の評価(第1報)”、情報処理学会 ヒューマン・インタフェース研究会資料  98-HI-77、March 13, 1998.

山下、R. W. Lindeman, 蔡、森川、福井: 点接触型力覚フィードバック装置による平面形状の認知、日本バーチャルリアリティ学会第3回大会、1998.

福井、蔡、山下、下条: 直交型マニピュレータによる6自由度力フィードバック作業環境、ロボティクス・メカトロニクス講演会'98、1998.

持丸、山内、山下、福井、横山: 簡易型立体内視鏡の立体視特性に関する研究、日本人間工学会第39回大会、1998.

山内、持丸、山下、福井、横山: 過去を記憶する内視鏡、第7回日本コンピュータ外科学会大会、1998.

山内、持丸、山下、福井、横山: 簡易型立体内視鏡と複眼式立体内視鏡の立体視特性の比較評価、日本バーチャルリアリティ学会第3回大会、1998.

横山和則、山内康司、持丸正明、山下樹里、福井幸男:CTデータより作成した鼻副鼻腔光造形モデル.第15回耳鼻咽喉科情報処理研究会, p. 5, (1999年3月)

新倉真、宇野廣、横山和則、山内康司、持丸正明、山下樹里、福井幸男:内視鏡下手術シミュレーション用鼻腔モデルの試作.第15回耳鼻咽喉科情報処理研究会, pp. 6-7, (1999年3月)

山内康司、山下樹里、持丸正明、森川治、福井幸男、横山和則:内視鏡下手術の支援技術.第13回日本エム・イー学会秋季大会 (1999年10月)

山内康司、山下樹里、持丸正明、森川治、福井幸男、横山和則:内視鏡下手術とバーチャルリアリティ.第13回日本Endourology・ESWL学会総会 (1999年11月)

山内康司、持丸正明、山下樹里、森川治、福井幸男、新倉真、宇野廣、横山和則:シリコンモデルを用いた内視鏡下手術トレーニング.第8回日本コンピュータ外科学会大会予稿集、pp. 79-80,  (1999年11月)

森川治, 山下樹里, 佐藤滋, 福井幸男: 相手の空間の指差し可能なビデオ対話:超鏡, 計測自動制御学会研究会, pp.21-28, 2000.

山下樹里、福井幸男、森川治、佐藤滋: 接平面近似曲面のなめらかな力覚補間呈示に関する一考察、情報処理学会ヒューマンインタフェース研究会 2000-HI-88, Vol.88-5, pp. 21-28, 2000.

森川治、山下樹里、福井幸男、佐藤滋 : 柔らかい呼びかけをサポートする超鏡‐III、情報処理学会HI研究会 2000-HI-88, Vol.88-5, pp.29-36、2000.

山下 樹里、福井 幸男、森川 治、佐藤 滋: 力覚呈示付情景記述補助ライブラリ HSlib の設計、日本バーチャルリアリティ学会第5回大会論文集、2000.

山下 樹里、福井 幸男、森川 治、佐藤 滋: 力覚補間呈示による接平面近似円筒面の「なめらかさ」、ヒューマンインタフェースシンポジウム2000予稿集、2000.

持丸 正明、山内 康司、山下 樹里、森川 治、福井 幸男、新倉 真、宇野 廣、横山 和則: 内視鏡下鼻腔手術トレーニング用模型システム「タナカさん」、ヒューマンインタフェースシンポジウム2000予稿集、pp. 511-514, 2000.

山内、持丸、山下、福井、新倉、宇野,横山: 内視鏡下手術トレーニングシステム(第2報) 力・位置センサを用いたトレーニング評価 、第9回日本コンピュータ外科学会大会、2000.

森川、山下、福井、佐藤: 対話開始に資する超鏡対話における身体交差感覚、日本認知科学会第17回大会、2000.

仲田謙太郎*、中村則雄、山下樹里、西原清一*、福井幸男: 角運動量の変化を利用し
た新しい力覚提示デバイス、情報処理学会第62回全国大会、2001.3. (*筑波大学 電子・情報工学系)

千野正吾*、日隈直紀*、山下樹里、西原清一*、福井 幸男:ドロー系とペイント系の
融合描画システム、情報処理学会第62回全国大会、2001.3. (*筑波大学 電子・情報工学系)

山内 康司, 持丸 正明, 山下 樹里, 橋本 亮一, 森川 治, 福井 幸男, 宇野 廣, 横山 和則: "内視鏡下手術トレーニングシステム(第3報) 6軸力センサを用いた手術操作力の計測", 日本コンピュータ外科学会 大会予稿集, pp. , 2001.

橋本 亮一、山内 康司、持丸 正明、山下 樹里、森川 治、福井 幸男、横山 和則、宇野 廣: 内視鏡先端位置による術者熟練度計測の試み、ヒューマンインタフェースシンポジウム2002予稿集、pp., 2002.09.

山下 樹里, 山内 康司, 持丸 正明, 橋本 亮一, 森川 治, 福井 幸男, 宇野 廣, 横山 和則: 複合現実感型内視鏡下鼻腔手術操作トレーニングシステム、日本バーチャルリアリティ学会第7回大会論文集、pp. , 2002.09.

<特許>
Juli Yamashita and Yukio Fukui: "CAD Free-Form Reshaping Method," USP-5,412,770 (Filed: Sep. 24, 1993,    Date of Patent: May 2, 1995)

山内康司、山下樹里、持丸正明、福井幸男、横山和則: 
平成11年特許願第17921号「内視鏡システムおよび内視鏡表示方法、並びに内視鏡画像の奥行き情報検出用制御プログラムを記録した記録媒体」→
「内視鏡システムおよび内視鏡画像の奥行き情報検出用制御プログラムを記録した記録媒体」として平成12年2月1日付で査定

山内康司、山下樹里、持丸正明、福井幸男、横山和則: 平成11年特許願第17922号「画像処理装置、方法および記録媒体」

山内康司、山下樹里、持丸正明、福井幸男、横山和則、宇野 廣: 平成11年 特願平11-177123号 (特開2001-5377)「人体模型」


<新聞記事掲載>
・93.10.15 日経産業新聞  粘土細工の感覚で材料の変形が可能 VR使ったCADシステム開発 複雑な曲面も容易に 工技院生命研
・97.1.8 日本経済新聞 蓄膿症など鼻孔手術 立体画像でミス防止 土浦協同病院、装置を開発 工技院と組む
・97.1.8 日経産業新聞 CG活用し蓄膿症手術 内視鏡操作の支援装置 工技院など


<講演>
山下 樹里:「人間工学データのデータベース化技術 ー構築手法と製品設計・評価への応用ー」、(株)総合技術センター セミナー事業部主催、1993年5月18日・10月1日開催.

山下 樹里:「ネットワーク上の触覚バーチャルリアリティ」、物質工学連合部会 デザイン分科会    第4回 研究発表会 特別講演、1997年11月7日、横浜.


<受賞>
昭和63年10月    優秀論文賞 INAP'88 (PROLOGの産業応用に関するシンポジウム)
			山下樹里,岸義樹:”「インテリジェント形状モデリングの一方法」

<その他>



Back to the AIST Home Page . Juli's home page

Last updated : Aug. 13, 2002