| 1. 簡単編 | 2. 多機能編 | 3. 高精度編 | 4. 計算尺の怒濤の歴史 | 5. 計算尺の便利なところ | 6. 私の研究と計算尺 | A. まっすぐな生き方編 | B. 現実的な生き方編 |

普通の計算尺を作ろう/ペーパークラフト
slide rule paper craft

完成したら、計算に使ってみましょう。使い方はこちら
(写真はいずれも、クリックすると大きくなります)

材料と道具

作り方

  1. 部品は5つあります(本体、スライド、帯1、帯2、カーソル)。 全部ただの長方形です。それらを切り抜きます。 スライドとカーソルは、枠線がかすかに残るように切り抜いてください。
  2. 本体の両脇あたりの縦に細長い長方形部分を、切り抜いて穴にします。 この穴をスライドが通るので、試しに通してみて、 通りにくいようだったら穴を少し長めにあけるといいでしょう。
  3. スライドの両脇に、帯1と帯2をのり付けします。 帯1と帯2に区別はありません。また表裏もありません。 スライドと帯が一直線になるようにします。
  4. カーソルは、線のところで山折りにして、部品が輪になるようにのり付けします。 枠線の赤い線が輪になるようにできると良いです。
    その輪の中に本体を通すので、のり付けする前に試しに通してみるといいでしょう。
  5. スライド+帯を、本体に空けた穴に通します。 このとき、本体とスライドの数字の上下が同じ向きになるようにします。
  6. 本体をスライドごと、カーソルに通します。このカーソルには向きはありません。

    これでできあがり!
    さぁ、使ってみましょう!

ちょっとした注意点

履歴

August 30, 2012
PDF 内の文字列を日本語化し、目盛りも減らすなどして、 作りやすく、また見やすくした。
作る過程の写真を載せた。 節電中の夜間の室内だというのに、加工の下手なところがハッキリと写っている。 恐るべし Fujifilm X10。
使い方のページにリンクを張った。
PDF のソース (LaTeX ソース) を生成する perl スクリプトを載せた。
April 26, 2011
公開



© Computational Biology Research Center, AIST, 2010 All Rights Reserved.