| 1. 簡単編 | 2. 多機能編 | 3. 高精度編 | 4. 計算尺の怒濤の歴史 | 5. 計算尺の便利なところ | 6. 私の研究と計算尺 | A. まっすぐな生き方編 | B. 現実的な生き方編 |

円筒計算尺を作ろう
hand-made cylindrical slide rule

2. 多機能編 / functional version

November 16, 2012, Daisuke Tominaga
| 材料と道具 | 作り方 | 使い方 | 外部リンク |
どの写真も、クリックすると大きくなります。
->

ここでは、「簡単編」と同じ円筒型ですが、固定尺が二つあって、 滑尺に「逆尺 (inverse)」があるものを示します。 三角関数も対数も指数も、K 尺も、それどころか A 尺や B 尺もないので、 これを「多機能」とはいかがなものか、という意見は、 まったく正鵠を射たものであると認めざるを得ません。 これらの機能を設計すること自体は特に難しいことでもないので、 時間を見つけてやりたいと思っている、ということでお許しください。

「簡単編」との違いはこの「DI尺」だけなので、ここで示しているものも cylindrical ですがやはり helical ではありません。 そのため、やはり精度は同じ直径の円板形計算尺と同じで、 円周と同じ長さの直線型と同じです。また、カーソルもありません。

やはりどう考えても多機能とは言えないなぁ…

材料と道具

作り方

1. まず、上のリンクから「目盛りをうった紙」のファイルをダウンロードして、 A4 サイズ (またはそれ以上) の紙に、縮尺なし (100%) で印刷します。 赤字でうってある数字もありますが、色は白黒で印刷しても構いません。


2. 目盛りを、3本の定規に切り分けます。 上の定規を C 尺、真ん中の定規の上にうってある目盛りを D 尺、 D 尺の下側の目盛りを DI 尺 (D-inverse) と呼びます。 下の定規は C 尺と同じものです。


3.
上の C 尺を、用意している筒に巻き付けて固定します。 目盛りの両端がきれいに重なるように、 目盛りが円筒の底ときれいに水平になるようにするのが、重要なポイントです。


4. D/DI 尺を筒に巻き付けます。この尺は自由に回せるようにします。 巻き付けた紙の両端をテープか糊で貼り合わせますが、 筒にはくっつかないようにします。 やはりきれいに水平になるようにするのが、重要なポイントです。 先につけた C 尺と、すべての目盛りがぴったりくっつきながら、 くるくると回転するようにします。

5.
下の C 尺を筒に巻き付けて固定します。 これは、上の C 尺と「1」の部分がぴったりまっすぐになるようにします。 やはりきれいに水平になるようにするのが、重要なポイントで、 先につけた D 尺と、すべての目盛りがぴったりくっつきながら、 D 尺が自由に回せるようにします。 うまくスムーズに回ればできあがり!


使い方

円板形計算尺とまったく同じなので、コンサイス社の製品を持っていれば、 その説明書に書いてある通りです。 また 計算尺推進委員会 にも非常に詳しい説明があります。

inverse を使う例をまだかいてないので、以下の計算例は「簡単編」と全く同じです。

写真はクリックすると、大きくなります。

かけ算

3.6 x 6.8 をやるには、まず C 尺の 3.6 のところに D 尺の 1 を合わせます (下図左)。 そして、その状態で D 尺の 6.8 が C 尺のどこに合っているかを読む (下図右)。


わり算

3.1 ÷ 7.7 をやるには、C 尺の 3.1 に D 尺の 7.7 を合わせ (下図左)、 D 尺の 1 が C 尺のどこを指しているかを読む。

比例計算

かけ算と割り算が混ざった A x B / C みたいな計算もできます。 1.3 x 0.62 / 3.1 なら、まず割り算をやります。つまり、 C 尺の 1.3 に D 尺の 3.1 を合わせます (下図左)。 そしてそのまま、D 尺の 6.2 と合っている C 尺の目盛りを読みます。 (下図右)。

履歴

November 16, 2012
尺の長さ調整
July 12, 2010
公開
July 16, 2010
制作内容を多機能編とし、簡単編に場所を譲って公開



© Computational Biology Research Center, AIST, 2010 All Rights Reserved.