1907‐39 (明治40‐昭和14)年噴火


190739年(明治40年)以降の噴火についてはた くさんの噴火記録が残されています(加藤,1912;震災予防調査会,1918;松本測候所,1920;小平,1932Yamda1962;村山,1979;など).これらの記録を基 に年ごとの噴火した日数をまとめた物を図1に示します.この一連 の噴火は,活動の盛衰はあるもの,ほぼ毎年のように起りました.火山灰は,焼岳東方の松本盆地や西方の高山市に何度も降 り,噴火による音や鳴動(空震)も数多く観察されています.この噴火による死者は記録されていませんが,火山周辺山林の枯れ死などの森林被害,桑の葉に火 山灰が付着することで養蚕に被害がでました.また,1915,1925年の活動は梓川や蒲田川(高原川水系)まで泥流が流れだし,橋や道に少なからずの 被害がでました.




図 1 1907年以降の年毎の噴火日数.
(加藤,1912;震災予防調査会,1918;松本測候所, 1920;
小平,1932;Yamada, 1962;村山,1979;日本山岳会機関紙「山岳」v.1〜21を基に編集)



焼岳火山は,1907年以前,山頂まで疎林に覆われていましたが,噴火前の1887年 頃から焼岳北方の小丘 (通称,展望台)の噴気が徐々に増しその周囲の樹木が枯れはじめました(加藤,1912a).最初 の噴火は,1907128日に起きましたが,静かに灰を吹き上げるのみで山麓の住民は気づかなかったようです(加 藤,1912a).

その後,活動は激しさを増し,山頂付 近に複数の火口が形成されました(図2).この一連の噴火で 活動・形成された火口は,正賀池火口(19071911年 活動),隠居穴(19111939年活 動),大正池火口(19151917年活 動),黒谷火口(1919年から1930年 頃まで活動)です(火口写真).





図2 焼岳火山の火口
(及川ほか,2002より)



この明治末から昭和初期の活動は,大 きく二つの活動期,190717年と191939年のに分けられます.その中でも19091911121915192427年に噴火が頻発し活動のピー クが認められます(図1).これら活動のピークには,山頂正賀池火口の地形が一変(1909323日),隠居穴火口形成,埼玉県熊谷市まで降灰 (1911712日),東京,千葉まで降灰(1912223日),大正池火口形成,火口 から流れ出た泥流(降雨によるものではない)が梓川を堰き止め大正池を形成(191566日),泥流が足洗谷を流下し橋を大破,群馬県前 橋市まで降灰(1925518日),埼玉県大宮,浦和,東 京に降灰(1925627日)などの現象がおきました.

噴火は1939年まで続きましたが,1927年1月以降は低 調となったようです.1928年には焼岳山頂北1kmの 所にある中尾峠に焼岳小 屋が開業しましたが,1962年の噴火で大破するまで大きな被害もなく営業を続けています.



最近の焼岳の噴火活動 にも どる
はじめにもど る