最近の焼岳の噴火活動



 焼岳火山は,最後の噴火1962-63年噴火よりも大き な水蒸気噴火が190739年(明治40‐昭和 17)にかけて毎年のように頻繁しました.この一連の 噴火で,山頂には複数の噴火口を形成し,19111225年に埼玉県や東京まで灰を降らし,1915年に噴 火による泥流により梓川を堰き止め大正池を形成しています.



 
図 1 1907年以降の年毎の噴火日数.
(加藤,1912a;震 災予防調査会,1918;松本測候所,1920;小 平,1932;Yamada, 1962;村山,1979;日本山岳会機関紙「山岳」v.1〜21を基に編集)



 現在もこの火山 周辺は活発な地熱地帯で数多くの温泉があります.1995年には焼岳火山南東麓の中 ノ湯にて水蒸気爆発(三宅・小坂,1998)も起きました.山体に 残された堆積物から判断するに,明治以降に起きた噴火は新鮮なマグマが放出されず,水蒸気噴火に終始した噴火だといえます.しかし,明治以前の噴火につい ては,信頼できる記録に乏しく,焼岳火山の噴火史における明治以降の水蒸気噴火の位置づけが明らかではありませんでした.

 
 ここでは,及川ほか(2002)によって明らかになっ た最近3000年間の噴火史と,確か な噴火記 録が残されている噴火は明治以降の噴火,明治末‐昭和初期 (190739年)と196263年の噴火について紹介します.さらに, 焼岳火山群のそのものの活動ではないですが1995年に中の湯でおきた水蒸 気爆発についても紹介します.




はじめにもどる