自己紹介

氏名 保高 徹生(ヤスタカ テツオ)
生年 1977年
所属 国立研究開発法人産業技術総合研究所
職位 地質調査総合センター 地圏資源環境研究部門 
地圏化学研究グループ 研究グループ長

新型コロナウイルス感染リスク計測評価研究ラボ ラボ長

経歴

1996年4月〜2000年3月 京都大学農学部 地域環境工学科 生物環境科学コース専攻
2000年4月〜2002年3月 京都大学大学院農学研究科 地域環境科学科 博士前期課程
2002年4月〜2008年3月 国際航業株式会社 地盤環境エンジニアリング事業部 事業推進室
2005年10月〜2007年3月  横浜国立大学大学院環境情報学府 環境リスクマネジメント専攻
社会人博士後期課程(国際航業株式会社にも所属)
2008年4月〜2011年3月 国際環境ソリューションズ株式会社
2011年4月〜2013年10月 独立行政法人産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門
地圏環境リスク研究G 研究員
2012年4月〜 (兼任) 独立行政法人国立環境研究所 廃棄物・資源循環センター  客員研究員
2013年10月〜 独立行政法人産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門
地圏環境リスク研究G 主任研究員
2013年9月〜 (兼任)横浜国立大学 理工学部 非常勤講師(地盤環境工学)

専門 リスク評価、試験法、地盤環境工学、土壌汚染、社会経済分析、モニタリング技術開発

委員等

  • 平成27年度 土壌測定技術等に関する検討会 委員、環境省 水・大気環境局、2015
  • 平成27年度 法対象外基準不適合土壌の活用事例集に関する検討会 委員、環境省 水・大気環境局、2015
  • 2007年度 東京都 平成19年度土壌汚染に係る総合支援対策検討委員会 検討委員、東京都環境局
  • 2010年〜 ISO/TC190 国内専門委員会 委員
    その他あり