予定

第1回SR-WG、GR-WG(2016年7月20日)

    ■日時:2016年7月20日9時00分〜12時30分
     9:00-10:40 第1回GR-WG
     10:50-12:30 第1回SR-WG
    ■場所:東京都内を予定
    ■主催:Sustainable Remediationコンソーシアム
    ■担当:産総研 地質調査総合センター 地圏資源環境研究部門 保高徹生
    ■参加:Sustainable Remediationコンソーシアム 会員

第1回研究会(2016年6月7日)

PDFファイルはこちら]
プログラムはこちら]

開催案内

    ■日時:2016年6月7日13時30分〜18時00分(受付開始:13時より)
    ■場所:AP秋葉原 4階:I+J室 秋葉原駅徒歩5分
    ■主催:Sustainable Remediationコンソーシアム
    ■担当:産総研 地質調査総合センター 地圏資源環境研究部門 保高徹生
    ■参加申込み:表題に「SRコンソ 第1回研究会 参加希望」と記載の上、5月31日までにSusRemC^^aist.go.jp (^^を@に変更下さい)までメールをお送りください。
    (先着順とさせて頂きますので、申し込み人数を超えた場合には、お断りをさせて頂く可能性がございます。 )
    ■参加費  
  • 個人会員:無料
  • 法人会員:1社5名まで無料:
    ※1社6名以上参加希望の場合、6名以上の方は締め切り後、空席がございましたら無料でご参加頂けます。別途ご案内を致します。
  • 省庁・自治体等の方:無料でご参加いただけます。
  • 非会員で参加希望の方:
    H28年度の個人会員にご入会(年会費3000円)頂く必要がございます。 1年限りの入会でも結構です。会員は本年度の残りの研究会にもご参加頂けます。[会員申込はこちら

  • 内容や領収書発行等は、お気軽に上記申し込みアドレスにお問合せ頂ければと思います。

プログラム

Sustainable Remediationコンソーシアム 第1回 研究会 プログラム
趣旨説明(保高徹生氏:産総研) 13時30分〜40分

1部:総論と国際動向 司会:中島誠氏(国際航業)
1.特別講演:日本の土壌環境施策からみたSR
   平田健正氏(放送大学和歌山学習センター) 
   13時40分〜14時10分
2.SRコンソーシアムの取組と諸外国や国際規格の動き
   保高徹生氏(産総研)
   14時10分〜14時35分
3.最新の国際動向(2016 SustRem Conference報告)
  古川靖英氏(竹中工務店)
  14時35分〜14時50分
休憩

2部:我が国のSRへの取組み事例 司会:張銘氏(産総研
4.土壌環境センターのSRへの取組み(仮題)
   高畑陽氏(土壌環境センター)
   15時00分〜15時30分
5.東京都のGRの取り組みについて(仮題)
  講演者未定(東京都環境局)
   15時30分〜16時00分
休憩

3部:各分野から見たSRの可能性、日本におけるSRの目的
6.ブラウンフィールド再開発における持続可能性と諸外国の取組
   黒瀬武史氏(九州大学)
   16時10分〜16時40分
7.事業者の視点から見た持続可能性の取り組み
   巣山廣美氏(昭和シェル 石油)
   16時40分〜17時05分
休憩

4部:まとめと総合討論: 17時15分〜17時45分:司会:保高徹生(産総研)
・日本におけるGR/SRの可能性と課題
・SRコンソーシアムのWG活動について