神徳の写真

FaceBook    
国立研究開発法人
産業技術総合研究所


情報・人間工学領域
研究戦略部 イノベーションコーディネータ

神徳 徹雄  博士(工学)
(こうとく てつお)

兼務:知能システム研究部門 副連携研究室長

〒305-8560
茨城県つくば市梅園1-1-1
AISTつくば中央第一  本部情報棟6階

URL: http://staff.aist.go.jp/t.kotoku/
E-mail: t.kotoku <at> aist.go.jp


主な業務:

情報・人間工学領域の技術に関して、産業界の皆さまに産総研を活用していただけるようにコーディネートする。

主な研究テーマ:

力学的相互作用を実現する仮想環境モデルの研究, および,それを利用した遠隔操作システムの研究。ネットワーク接続したオンラインロボティクスや人間とのインタフェース技術, ロボット技術の共有化,再利用化、標準化などに興味を持つ。最近は、これからの将来に向けた新しい物流サービスの姿について検討している。

新着情報:

● 今年もRTミドルウエアサマーキャンプ2017(2017年7月31日-8月4日)を産総研つくばセンターで開催いたします。先着20名ですので、お早めに申込みください。OBの方々も是非遊びに来てください。
第13回地域交流ワークショップ(2017年5月10日)を郡山市の日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会会場で開催いたしました。来年は北九州です。
【公募】豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室では、ポスドクを募集しております。ご興味のあるかたは、早めにコンタクト下さい。
【公募】産総研では、プロジェクト型任期付研究員(任期4〜5年)を募集しております。任期付のポジションとして、ポスドクは非常勤職員扱いですが、任期付研究員は常勤職員扱いです。ご興味のあるかたは、早めにコンタクト下さい。
● 産業技術連携推進会議 情報通信・エレクトロニクス部会 部会長に就任いたしました。全国各地の公設研究所・試験所の皆さま、よろしくお願いいたします。
● 産総研コンソーシアム安心安全電磁環境研究会の2016年度総会(2/10)を開催いたしました。
●【人事異動】10月1日付けで豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室の副連携研究室長に兼務として着任いたしました。今年度から開始された新しい連携制度を活用した研究開発とその運営にチャレンジしていきます。ご協力おねがいいたします。
● 10月1日に、産総研のポテンシャルを活用した連携拠点となる民間企業の研究室として「豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室」が産総研つくばセンターに設立されました。
●【人事異動】8月31日付けで国際廃炉研究開発機構の兼務が解除されました。産総研の安達弘典さんと交代いたしました。1年3ヶ月の短い期間でしたが、関係する皆さんに大変お世話になりました。
● 今年もRTミドルウエアサマーキャンプ2016を産総研つくばセンターで開催いたします。先着20名ですので、お早めに申込みください。OBの方々も是非遊びに来てください。
● 国際廃炉研究開発機構のIRIDシンポジウム2016(2016年8月4日)を東京大学武田ホールで開催いたします。満員御礼!講演の様子をインターネット配信する予定ですので詳細はシンポジウムホームページを参照ください。
●【人事異動】4月1日付けで、研究現場の知能システム研究部門を卒業し、情報・人間工学領域研究戦略部のイノベーションコーディネータに着任いたしました。産業界の皆さまにも産総研を活用していただけるように努力したいと思います。
● 今年の計測自動制御学会のAnnucal Conference (SICE2016)は、9月につくば国際会議場で開催いたします。延長して3月末が投稿〆切になっておりますので、皆さまのご投稿をお待ちしております。 よろしくお願いいたします。
● 皆さまのご支援・ご協力のおかげで、計測自動制御学会システムインテグレーション部門の2015年度部門功績賞「RTミドルウエアコンテストおよび普及活動」を、RTミドルウエアコンテスト実行委員会の皆さんと一緒にいただきました。
● 筑波大学の連携大学院教授を辞任(7/31)いたしました。2007年11月から8年近く大変お世話になりました。
計測と制御 Vol.52 No.9 に、ミニ特集「RTミドルウエアコンテスト」を掲載いただきました。皆さまの コンテスト協賛をお待ちしております。
● 皆さまのご支援・ご協力のおかげで、計測自動制御学会フェローの 称号を授与いただきました(2013年9月16日)。
● 産総研知能システム研究部門が目指す社会を示した 「社会まるごとスマートシステム」が、かなりあ書房さんから出版されました。
● 機械技術研究所に神徳が入所した当時の課長であり、 産業技術総合研究所に組織再編された後も知能システム研究部門長としてたいへんお世話になった谷江和雄 (首都大学東京)先生が平成19年6月9日にご逝去されました. 謹んでご冥福をお祈りいたします。

<過去の新着情報>

便利情報:

学術講演会等の情報 (常時更新中)
若手研究者育成のメモ (随時更新中)
廃炉関連ロボット技術(随時更新中)
科学技術政策の沿革 (随時更新中)
競争的研究資金の情報 (随時更新中)


過去の所属:

2016年7月まで、技術研究組合 国際廃炉研究開発機構(IRID)に1年と2ヶ月ほど兼務しておりました。
2016年3月まで、知能システム研究部門 総括研究主幹を1年間務めておりました。
2015年7月まで、約8年間ほど筑波大学の連携大学院教授を授務めておりました。
2015年5月まで、総務本部 総括企画主幹、兼務でイノベーションスクール事務局長を約2年間務めておりました。
2015年3月まで、イノベーション推進本部 イノベーション推進企画部 総括企画主幹を約2年間務めておりました。
2013年3月まで、知能システム研究部門の統合知能研究グループで約6年間研究グループ長を務め、AIST-CNRSロボット工学連携研究体付を約4年間兼務しておりま した.
2009年3月まで、グループ再編により解散したタスク・インテリジェンス研究グループに所属していま した.
2008年12月1日付けで、AIST-CNRSロボット工学連携研究体付兼務の辞令をいただきました.
2007年1月1日付けで,知能システム研究部門のタスク・インテリジェンス研究グループ長の辞令をいただきました.
2002年7月まで知能システム研究部門の人 間共存システム研究グループ に所属していました.
2001年3月まで 機械技術研究所(MEL)のロボット工学部 感覚制御研究室に所属していました.

元:国際廃炉研究開発機構の業務:

東京電力福島第一原子力発電所の廃止措置に関する技術の研究開発を推進するとともに、その推進のために廃止措置に関する国際、国内関係機関との研究協力の推進、及び、研究開発に資する人材育成に取り組む。

元:イノベーションスクールの業務:

産業技術総合研究所のイノベーションスクールの企画運営を通して、日本の産業界や学術界のための若手研究人材育成のしくみを考える。


© Copyright 2001-2017 神徳徹雄  産業技術総合研究所  All Rights Reserved.