細胞運動の分子メカニズムの解明

 「動き」は生命にとって本質的です。また、動き回る細胞や分子モーターを顕微鏡で見ているのはとても楽しいことです。そこでわれわれは、細胞が動くメカニズムを解明するため、細胞レベル、分子レベルの研究を行っています。キーワードは、真核細胞運動のモデル系としてユニークな特徴を持つ「細胞性粘菌」と、主要な細胞骨格系である「アクチンフィラメント」です。
 アクチンは 、真核細胞で最も量が多く極めて保存性が高いタンパク質ですが、高度に協同的な構造多型性を示すことが明らかになりつつあり、現在は、アクチンフィラメントの構造多型性と機能分化に焦点を当てたプロジェクトを中心に研究を進めています。
上田太郎





Copyright 2013 Taro Uyeda. All Rights Reserved.