Miyamae's Homepage

産総研
宮前 孝行(Takayuki Miyamae)
国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 ナノ界面計測グループ
接着・界面現象研究ラボ (Adhesion and Interfacial Phenomena Research Laboratory)
新構造材料技術研究組合(ISMA)
〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 中央第5
   E-mail:
Google Scholar
Takayuki Miyamae 
last updated 2019.07.06

About us



 「表面とバルクは違う」ということが最近の研究でわかってきました。では表面とバルクでは何がどのように異なっているのでしょう。
 表面や界面を定 義するとき、そこには「向き」が発生します。水表面で言えば上が空気で下がバルクの水になり、その2つの媒体に挟まれた境界面が「表面」なのです。和周波分光は、レー ザー光を照射したときに、2つの異なる媒体が接する境界面から発生する微弱な光を利用した、「表面・界面に存在する分子の挙動を選択的に観ることのできる」手法です。
 この和周波分光をはじめ各種の計測手法を駆使して、親水性や撥水性、生体適合性、接着、分子吸着、さらには有機デバイスでの電荷輸送現象の解明など、表面や界面で起こる様々なミクロ・マクロな現象と分子との関わりを明らかにすることが私の仕事です。

Topics
・片桐 千帆が第80回応用物理学会秋季学術講演会 (2019/9/18-21, 北海道大学)で発表します。
 
Organic Electronics に論文が掲載されました(2019/07/05。

  "Direct observation of charge behavior of a high-efficiency blue organic light emitting diode under operating conditions using electric-field-induced doubly resonant sum-frequency-generation vibrational spectroscopy" T. Sato, T. Miyamae, H. Ohata, and T. Tsutsui, Org. Electronics, 74, 118-125 (2019).
 

The 13rd Japan-China Joint Symposium on Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena (13JS, October 20-23, ShanghaiGyeongju, China)で講演します(依頼講演)
 

The 19th International Meeting on Information Display (iMiD2019, August 27-30, Gyeongju, Korea)で電界誘起二重共鳴SFGによる青色発光有機ELの研究成果について講演します(依頼講演)
 

接着・界面現象研究ラボ (Adhesion and Interfacial Phenomena Research Laboratory)接着接合基盤技術共同研究体内に
「界面接着メカニズム研究プロジェクト」が設立されました(2019/04/01)。
 

・37th EBC Congress (June 02-06, 2019, Antwerp, Belgium)でビール表面の研究成果についての発表を行いました(2019/06/04)。

 

・片桐 千帆さんがポスドクとして新たに加わりました
(2019/04/01)
・佐藤 友哉さんが東京理科大学理工学部物理学科に助教として異動しました(2019/03/31)
 
International Journal of Adhesion and Adhesivesに論文が掲載されました(2019/01/23)。
     "Influences of low-temperature ambient pressure N2 plasma and flame treatments on polypropylene surfaces, 
T. Sato, S. Ise, S. Horiuchi, H. Akiyama, and T. Miyamae, Int. J. Adhesion and Adhesives,   doi.org/10.1016/j.ijadhadh.2019.01.016

バイオサイエンスとインダストリー   (バイオインダストリー協会刊) 2019年2号に寄稿しました。
     「ホップの苦みがビールの泡持ちを向上させる」宮前孝行, バイオサイエンスとインダストリー, 77, 122 (2019).

化学  (化学同人) 2018年10月号の化学掲示板で紹介されました。
     「ビールの泡の安定性とホップ由来の分子に相関があった!」宮前孝行, 化学, 73, 72 (2018).

・JST(科学技術振興機構)のサイエンスポータルで紹介されました (2018/08/23)。
     「ビールをうまくするあの泡には、さえた苦みのホップが集まってくる

・プレスリリース(2018/08/10)
「ビール表面の分子と泡の安定性に相関」〜ビールに含まれるホップの成分が表面で泡持ちを向上させる手助けに〜
  キリン株式会社との研究成果です  キリンによるプレスリリース

Chemistry Lettersに論文(Editor's Choice) が掲載されました。(2018/08) OPEN ACCESS
 "Surfaces of Beer Studied By Sum Frequency Generation Spectroscopy"
 T. Miyamae, H. Kato, and M. Kato, Chem. Lett., 47, pp. 1139-1142 (2018).

8th SFG Symposium (2018/10/26, 27, Saitama)で講演します(依頼講演)。

・佐藤 友哉が、第67回高分子討論会 (2018/9/12-14, 北海道大学)で発表します。

・佐藤 友哉、泉水 一紘(日産)両名が、12th European Adhesion Conference (2018/9/5-7, Lisbon, Portugul)でSFG分光による接着接合界面の解析結果について発表します。

第12回分子科学討論会2018福岡(福岡国際会議場)でビール表面の研究成果について発表します。

Surface Scienceに論文が掲載されました。

"Characterization of the polypropylene surface after atmospherric presure N2 plasma irradiation"
T. Sato, H. Akiyama, S. Horiuchi, andT. Miyamae, Surf. Sci., 677, pp. 93-98 (2018). →詳細
  

e-Journal of Surface Science and Nanotechnologyに論文が掲載されました(ISSS-8 Conference Paper)。(2018/08)
 "Mapping Accumulated Charges at the Semiconductor/Insulator Interface of Organic Field-Effect Transistors by Sum-Frequency Generation Spectroscopy, e-J. Surf. Sci. Nanotech., 16, 364 (2018).  


Journal of Adhesionに論文が掲載されました。(2018/02)
 "Characterization of buried glass/cyclo-olefin polymer film interfaces by sum-frequency generation vibrational spectroscopy", T. Miyamae and Y. Taga, J. Adhesion, 94, 1155 (2018)
.
        
International Journal of Adhesion and Adhesivesに論文
が掲載されました。(2018/02)
 "Effect of the interfacial structures of alkyl-side-chain polymer films on the peel force"
  F. Mori, S. Kabashima, T. Kawakami, T. Yamamoto, T. Miyamae, K. Iimura, and N. Tobori., International J. of Adhesion and Adhesives, 82, 166 (2018).
  (ライオンとの共同研究)


プレスリリース(2017/08/31)
「有機EL素子内の電荷の様子をリアルタイムで測定」
〜発光までのわずかな時間に起こる電荷状態を解明する新技術〜
  次世代化学材料評価技術研究組合(CEREBA)との研究成果です
       
Applied Physics Expressに論文 が掲載されました。(2017/09) OPEN ACCESS
 "Direct probing of chagre carrier behavior in multilayered organic light-emitting diode devices by time-esolved electric-field-induced sum-frequency generation spectroscopy"
 T. Miyamae, N. Takada, H. Ohata, and T. Tsutsui, APEX, 10, 102101 (2017).