公開シンポジウム「複合適応形質の進化」

今年度発足の新学術領域研究「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」では下記のシンポジウムを開催します。参加希望の方は以下よりお申し込みください。当日参加も歓迎いたします。

公開シンポジウム「複合適応形質の進化」
2010年9月17日(金)9:50~
東京大学農学部2号館2階「化1講義室」
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/il-map.html

参加申込:http://xhawk3.nibb.ac.jp/evolution/newRecord.php?clear=1
シンポ概要:http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJSymp100917.html
領域HP:http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJHome.html

9:50-10:00 はじめに(長谷部)
10:00~10:30 長谷部光泰(基礎生物学研究所 生物進化研究部門)「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明に向けて」
10:30~11:00 倉谷滋 (理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター)「カメの甲を理解するための進化発生研究」
11:00~11:30 川口正代司(基礎生物学研究所 共生システム研究部門)「アーバスキュラー菌根共生系から根粒共生系への進化」
11:30~12:00 深津武馬(産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門)「共生細菌による宿主昆虫の体色変化:隠蔽色に関わる共生の分子基盤の解明」
12:00〜12:30 岡田典弘(東京工業大学 大学院 生命理工学研究科)「形態進化の分子基盤ーシクリッドと哺乳類を例としてー」

12:30~14:00 昼食

14:00~14:30 河田雅圭(東北大大学院生命科学研究科)「適応を制限あるいは促進する遺伝的基盤の解明」
14:30~15:00 豊田敦(国立遺伝学研究所)「次世代シーケンサーを用いた配列解析戦略」
15:00~15:30 西山智明(金沢大学 学際科学実験センター)「非モデル生物のゲノム解読と責任遺伝子同定の展望」
15:30~16:00 休憩
16:00~16:30 望月敦史(理化学研究所 基幹研究所)「遺伝情報と表現型進化の結合を目指した制御ネットワークの動態の解明」
16:30〜17:00 嶋田透(東京大学大学院農学生命科学研究科)「カイコの食性およびフェロモン応答性の進化」
17:00~17:30 藤原晴彦(東京大学大学院新領域創成科学研究科)「昆虫の擬態紋様形成の分子機構と進化プロセスの解明」
17:30~18:00 矢原徹一(九州大学)「蝶媒花と蛾媒花の花形質の遺伝子基盤:キスゲ属を例に」

18:00~18:10 おわりに(長谷部)

18:30~20:30 懇談会兼ポスターセッション(弥生講堂アネックス(セイホクギャラリー))

シンポジウムポスター [SGJSympPoster.jpg (823 kb)]