曽田 貞滋
京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 教授
[Lab Homepage]


研究課題 「マイマイカブリのゲノム塩基配列と適応形態遺伝子
陸貝を餌とするオサムシ類の形態的多様化は,小さい貝を噛みつぶして食べる巨頭型と,大きい貝に頭部を挿入して食べる狹頭型の分化を基本としている.日本固有のマイマイカブリでは,亜種間でこの形態分化が起こっており,適応的形態分化の遺伝子を解明する上で有用な研究対象である.本研究では,マイマイカブリの適応形態進化の遺伝的基盤を解明するために,全ゲノムのシーケンスを解読し,巨頭型・狹頭型亜種間の戻し交配系統を用いた高精度のQTLマッピングの結果,トランスクリプトーム比較とあわせて,形態分化の原因遺伝子を推定し,適応的な形態多様化のゲノム基盤を解明することを目的とする.また,ゲノム配列解読に続いて,各亜種のゲノムのリシーケンシングを行い,各種の形態特性の複合的セットの分化をともなう亜種分化を引き起こすゲノム領域を探索する.