新美 輝幸
名古屋大学大学院 生命農学研究科 資源昆虫学研究室 助教
[Lab Homepage]


研究課題 「甲虫の角(ツノ)形成遺伝子ネットワークの進化メカニズムの解明」
本研究は、複合適応形質として昆虫の多くの系統で独立に獲得された角(ツノ)に着目する。昆虫を取り巻く様々な環境の中で、繁殖戦略との相互作用を通して進化した新奇適応形態であるツノには、他の生物群に比類のない極めて多様な形態が存在する。研究材料には、雄にのみ顕著に発達したツノを持つカブトムシ、またカブトムシとはそれぞれ独立にツノを獲得したオオツノコクヌストモドキおよびファイルキクイムシなどを用いる。これら昆虫の利点や申請者がこれまでに確立した遺伝子機能解析法を生かし、主に次世代シーケンサーを用いた比較トランスクリプトーム解析によりツノ形成を制御する遺伝子を同定し、ツノ形成遺伝子ネットワークの進化メカニズムを解明する。最終的には、種・科・上科レベルで異なる昆虫種を用いた比較解析により、進化の新しい共通理論の構築を目指す。