上中 弘典
鳥取大学 農学部 生物資源環境学科 准教授
[Lab Homepage]


研究課題 「菌根共生との共進化による植物の菌従属栄養性獲得に関する遺伝子基盤の解明」
陸上植物の多くは地下組織において菌根菌と相利共生の菌根共生を営む能力を、進化の初期段階で獲得した。菌根共生は植物の生存において一見有利な形質であるが、林床などの暗所に生育する植物にとっては炭素化合物の供給を要求されるため、かえって不利な形質であるといえる。一方、菌根共生との共進化により植物は菌従属栄養性を獲得し、更なる進化で頻繁に無葉緑化する。これらはエネルギー生産・消費の観点からみて、植物にとって適応的な形質であるといえる。本研究では、共進化や生物間の共生から寄生への転換に関する新しい共通理論の構築を最終的な目標とし、植物のゲノム解析により菌根共生との共進化により生じるこれらの複合適応形質を制御する遺伝子の同定と進化プロセスを明らかにすることを目的とする。