お知らせ

2015/8/28 以下の書籍が刊行されました。

長谷部光泰(監修)(2015)細胞工学別冊「進化の謎をゲノムで解く」 学研メディカル秀潤社
http://gakken-mesh.jp/book/detail/9784780909227.html

2015/5/30-31 岡崎コンファレンスセンターで最終領域会議を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting150530.html

2015/3/16 <<基礎生物学研究所プレスリリース>>
食虫植物サラセニアの小動物を食べる葉ができる仕組みの発見
-細胞の変化が著しい形の変化を引き起こす-
http://www.nibb.ac.jp/pressroom/news/2015/03/16.html

2015/3/12 <<東京大学プレスリリース>>
アゲハチョウ2 種のゲノムを解読
-毒蝶に似せる擬態の謎に迫る-
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/info/entry/22_entry380/

2014/12/17 <<理化学研究所プレスリリース>>
バクテリアの抗生物質耐性を予測する新手法を開発
-少数遺伝子の発現量変化から高精度に抗生物質への耐性を予測-
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20141217_3/

2014/12/11-12 東京大学柏キャンパスで新学術領域「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」第7回オープンセミナー、第4回遺伝子機能解析技術ワークショップ、若手ワークショップ(ポスター発表会)、公開シンポジウム「動物における性分化機構の進化」を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting141211.html

2014/9/26 <<産業技術総合研究所プレスリリース>>
クヌギカメムシの共生細菌入り卵塊ゼリーの機能を解明
-真冬の雑木林で育つ幼虫の秘密-
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2014/pr20140926/pr20140926.html

2014/9/12 <<農業生物資源研究所プレスリリース>>
極限乾燥耐性生物ネムリユスリカのゲノム概要配列を解読
-生物がカラカラに乾いても死なないメカニズムの解明へ-
http://www.nias.affrc.go.jp/press/2014/20140912/

2014/8/17-19 釧路市生涯学習センター/釧路市観光交際交流センター/厚岸臨海実験所で領域会議、インフォマティクス情報交換会を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting140817.html

2014/7/1 <<産業技術総合研究所プレスリリース>>
トコジラミの生存を支える共生細菌ボルバキアのビタミンB7合成能力
-遺伝子の水平転移で獲得したボルバキアのビタミン合成遺伝子群-
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2014/pr20140701/pr20140701.html

2014/3/15-16 鳥取大学農学部で領域会議、インフォマティクス情報交換会を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting140315.html

2013/8/12 <<基礎生物学研究所プレスリリース>>
マメ科植物の根粒の数を制御するシグナル分子の構造を解明
http://www.nibb.ac.jp/pressroom/news/2013/08/12.html

2013/7/9 <<理化学研究所プレスリリース>>
胚発生過程と化石記録から解き明かされたカメの甲羅の初期進化
-カメの背中の甲羅は肋骨成分のみから進化してきたことが明らかに-
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130709_1/

2013/6/21 <<産業技術総合研究所プレスリリース>>
コナカイガラムシの代謝経路を構築する複雑な共生システムを発見
―ゲノム、細胞、個体などの基本概念にインパクト―
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2013/pr20130621_2/pr20130621_2.html

2013/6/1-2 富山大学で領域会議、インフォマティクスオープンセミナーおよび情報交換会を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting130601.html

2013/5/15 <<東京大学プレスリリース>>
イモムシ体表にスポット紋様が生じるメカニズムの解明
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/info/entry/22_entry213/

2013/4/29 <<理化学研究所プレスリリース>>
ゲノム解読から明らかになったカメの進化
-カメはトカゲに近い動物ではなく、ワニ・トリ・恐竜の親戚だった-
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130429_1/

2013/4/23 <<名古屋大学プレスリリース>>
雄でもない雌でもないカブトムシが明かしたツノ作りの秘密
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20130423_agr.pdf

2013/3/9-11 JRホテル九州屋久島で領域会議、インフォマティクス情報交換会を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting130310.html

2013/3/1-3 岡崎コンフェレンスセンターでインフォマティクスオープンセミナー(共催 生命情報科学若手の会 第4回研究会)を開催します。
http://bioinfowakate.org/events/annualmeet2012

2013/3/1 <<広島大学/基礎生物学研究所プレスリリース>>
160年来の謎、陸上植物の世代交代を制御する因子の発見
http://www.nibb.ac.jp/press/2013/03/01.html

2012/12/20 <<理化学研究所プレスリリース>>
ヌタウナギの発生から脊椎動物の進化の一端が明らかに
‐ヌタウナギの下垂体、口、鼻の起源を解明‐
http://www.riken.jp/pr/press/2012/20121220/

2012/10/25-26 東京大学柏キャンパスで第2回遺伝子機能解析技術ワークショップを開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting121025.html

2012/9/25-26 東京大学農学部弥生講堂でインフォマティクスオープンセミナー、インフォマティクス情報交換会、公開シンポジウムを開催します。
http://papilio.ab.a.u-tokyo.ac.jp/evosymp/
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting120925.html

2012/7/10 <<産業技術総合研究所プレスリリース>>
アカトンボがどうして赤くなるのかを解明
―酸化還元反応による体色変化機構―
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20120710/pr20120710.html

2012/6/4-5 信州大学理学部で領域会議、インフォマティクス情報交換会を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting120604.html

2012/3/5-7 沖縄科学技術大学院大学(OIST)でインフォマティクスオープンセミナー、領域会議、インフォマティクス情報交換会を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting120305.html

2011/10/18 <<東京大学プレスリリース>>
性フェロモンに対する好みを変更する遺伝子をカイコで発見
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2011/20111018-1.html

2011/10/6-8 東京大学柏キャンパスで第1回遺伝子機能解析技術ワークショップおよび第2回若手ワークショップを開催します。
http://papilio.ab.a.u-tokyo.ac.jp/evolution/genews.htm 
http://papilio.ab.a.u-tokyo.ac.jp/evolution/wakatews.htm

2011/7/4-6 岡崎コンファレンスセンターおよび基礎生物学研究所でインフォマティクスオープンセミナー、領域会議、インフォマティクス情報交換会を開催します。
http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJMeeting110704.html

2011/5/6 <<基礎生物学研究所プレスリリース>>
シダゲノムの解読
-陸上植物遺伝子の予想外の多様性を発見:遺伝子資源として有用-
http://www.nibb.ac.jp/press/110506/110506.html

2011/3/30 <<理化学研究所プレスリリース>>
脊椎動物の進化的に保存された発生段階は、中期胚にある咽頭胚期と判明
-進化と発生の関係性をめぐる150年来の謎を、遺伝子発現情報とスパコンで解明-
http://www.riken.go.jp/r-world/research/results/2011/110330/index.html

2011/2/23 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターで The 20th CDB Meeting "Molecular Bases for Evolution of Complex Traits" を開催します。

http://www.cdb.riken.jp/evo2011/

2010/12/28 金沢大学宝町キャンパスで複合適応形質進化インフォマティクスオープンセミナーを開催します。
http://koke.asrc.kanazawa-u.ac.jp/ECAT/openseminar1.html

2010/11/19 <<産業技術総合研究所/理化学研究所プレスリリース>>
昆虫の体色を変化させる共生細菌を発見-共生細菌が赤色のアブラムシを緑色に変える-

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2010/pr20101119/pr20101119.html

2010/9/27 東京大学農学部で公開シンポジウム「複合適応形質の進化」を開催します。

http://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/SGJSymp100917.html