杉浦 慎治

English


トップ

略歴
研究
業績
リンク
研究

微細加工技術をもちいて作製されたマイクロ流体デバイスは、微量サンプルの取り扱い、速い物質移動、集積性、複製の容易さ、高表面積−体積比などの利点を有しており、持ち運び可能な分析装置、ハイスループット分析、スクリーニングなどへの応用が期待されている。我々はマイクロデバイスの持つこれらの利点を生かし、分析や医療に応用可能なバイオツールを開発する。特に当チームにおいて開発された機能性高分子・分子素子をマイクロチップの表面やマイクロ流路内に組み込むことにより、今までにない機能を有する分析デバイスや細胞操作デバイスの開発を目指して研究を進めています。