略歴

2014-03現在

氏名:川村 信一(かわむら しんいち)

勤務先:(株)東芝

所 属:研究開発センター

役 職:技監

兼 務:(独)産業技術総合研究所 セキュアシステム研究部門 招聘研究員

所在地:神奈川県川崎市幸区小向東芝町1

e-mail: shinichi2.kawamura(at)toshiba.co.jp

 

 

主な職歴:

19854:

(株)東芝 入社. 5月総合研究所(現、研究開発センター)配属

1992:

(株)東芝 研究開発センター 研究主務

19929-19943:

米国コロンビア大学 Center for Telecommunications Research派遣 客員研究員

1997:

(株)東芝 研究開発センター 主任研究員

20044月−20073:

(株)東芝 研究開発センター コンピュータ・ネットワークラボラトリー 室長

20074月−200911:

(株)東芝 研究開発センター 研究主幹

200912月−20123月:

(独)産業技術総合研究所 出向 情報セキュリティ研究センター  副研究センター長

20124月〜

(株)東芝 研究開発センター 技監 (兼)独立行政法人 産業技術研究所 招聘研究員

 

学 歴:

19833月 東京大学 工学部 電子工学科 卒業

データベース制御格子型通信網の研究

19853月 東京大学 工学系研究科電気工学専攻 修士課程修了

適応デジタルフィルタにおけるタップ数の削減法に関する研究

199611月 東京大学 工学部 工学博士

べき乗剰余演算の依頼計算と高速化に関する研究

 

学会・委員会活動:

・国際会議ASIACRYPT91実行委員 会計担当

・電子情報通信学会 ISEC研究専門委員会 委員 1996/5-1999/5

2001 暗号と情報セキュリティシンポジウム(ISEC研究会主催)の開催幹事代表

CRYPTREC共通鍵暗号評価小委員会 委員 1999/4-2002/3

・国際会議ASIACRYPT2001実行委員 会計担当 (主催IACR

・電子情報通信学会 英文論文誌編集委員 2001/5-2005/5

・電子情報通信学会 ISEC研究専門委員会 副委員長  2003/5-2005/5

・電子情報通信学会 ISEC研究専門委員会 委員長 2005/5-2006/5

・電子情報通信学会 ISEC研究専門委員会 顧問 2006/5-2012/5

・電子情報通信学会 英文論文誌 暗号と情報セキュリティ特集号(2006/1) 編集委員長

・情報理論とその応用学会(SITA)評議員 2005-2009

・国際会議IWSEC (First International Workshop on Security, 2006/10)  実行委員長(2名共同)(主催: ISEC研究会およびCSEC研究会)

・日本規格協会 INSTAC  耐タンパー性に関する標準化調査研究委員会WG1幹事 2003-2007

・国際会議ISITA2010実行委員 公報担当 2008/5-2010/12 (主催:情報理論とその応用学会)

・国際会議CHES2011 Program Committee Member 2011/01-2011/10 (主催IACR

・電子情報通信学会 和文論文誌 暗号と情報セキュリティ実装技術特集(2012/05) 編集委員長

ICSS-RT総会、ICSS-JC代表者会議、ICSS-JC通常部会 各委員 2009/12-

ICSS-JC/SWG3主査, SWG5, SWG6メンバー

・(独)情報処理推進機構(IPA) 暗号モジュール試験及び評価認証制度における技術審議委員会 委員 2010-

・(独)情報処理推進機構(IPA) 暗号アルゴリズム実装試験要件検討WG 主査 2010-

CRYPTREC 暗号実装委員会2011-(本間尚文委員長)

CRYPTREC サイドチャネルセキュリティWG 2011-2012

 

大学講師など:

・北陸先端科学技術大学院大学  20001*

・都立大学 20011*

・富山大学大学院 200882*, 201012*               , 201062*

・東京大学大学院 2008121*

・情報セキュリティ大学院大学 連携教授  200812月〜、講義2009111*20105月:水平ワークショップ「重要インフラのセキュリティ」を企画、20121月1回*

・日本大学生産工学部 2012年後期15*

*90分講義の回数)

 

表彰:

IEICE 学術奨励賞受賞19933

IEICE 基礎境界ソサイエティ 功労賞受賞20069

 

所属学会:

IEEE Senior Member2008年認定)

・電子情報通信学会(IEICE)シニアメンバー(2009年認定)

・情報処理学会(IPSJ)会員

IACR (International Association for Cryptologic Research) 会員

 

研究発表:

・査読付論文14件(内,レター2件),

・査読付国際会議19 ,

・研究会30,

・全国大会38

・シンポジウム47 , 

・技術講演9 ,

・東芝レビュー 11,

・解説記事 5,

・書籍 5.

 

特許:

・提案数111件、内、国内登録23件(内、海外登録8件)

 

国プロ:

  神戸地区における電子商取引実験(METI国プロ)1995-1997

  暗号通信システムの鍵回復機能の開発(IPAより委託)1997

  スマートカードの安全性に関する調査(IPAより委託)1999

  暗号のサイドチャネル解析に対する耐性評価 モデルの調査研究(IPAより委託)2000

  サイドチャネル攻撃評価ボードの開発と評価実験(日本規格協会より委託) 2003-2005

以上


成果リスト

(学位論文等)

[Th1] 川村 信一: “データベース制御格子型通信網”, 東京大学 工学部, 卒業論文 1983.

[Th2] 川村 信一: “適応デジタルフィルタにおけるタップ数の削減法に関する研東京大学 工学部, 修士論文 1985.

[Th3] 川村 信一: “べき乗剰余演算の依頼計算と高速化に関する研究東京大学 工学部, 学位論文 1996.

 

 (査読付論文) (※[P1], [P4]はレター)

[P1] Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: "Factorization Attack on Certain Server-Aided Computation Protocols for the RSA Secret Transformation," IEE Electronics Letters, 16th August 1990, Vol.26 No.17 pp.1387-1388, 1990.

[P2] Shinichi Kawamura, Atsushi Shimbo: “Performance Analysis of Server-Aided Secret Computation Protocols for the RSA Cryptosystem”, IEICE Trans., Vol.E73, No.7, pp.1073-1080, July 1990.

[P3] Shinichi Kawamura, Kyoko Takabayashi, Atsushi Shimbo: “A Fast Modular Exponentiation Algorithm”, IEICE Trans, Vol.E 74, No.8, pp.2136-2142, August 1991.

[P4] 新保 , 川村 信一: “Fiat-Shair認証法を利用したグループ鍵共有方式の解析”, 信学論A, Vol.J75-A, No.8, pp.1312-1316, 1992

[P5] Shinichi Kawamura, Atsushi Shimbo: “Fast Server-Aided Secret Computation Protocols for Modular Exponentiation”, IEEE Journal on Selected Areas in Communications, Vol.11, No.5, pp.778-784, June 1993.

[P6] Shinichi Kawamura: “Information Leakage Measurement in a Distributed Computation Protocol,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E78-A, No.1, pp.59-66, January 1995.

[P7] Fumihiko Sano, Kenji Ohkuma, Hideo Shimizu, Shinichi Kawamura: “On the Security of Nested SPN Cipher against the Differntial and Linear Cryptanalysis”, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E86-A, No.1, pp.37-46, January 2003.

[P8] Hanae Nozaki, Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “RNS Montgomery Multiplication Algorithm for Duplicate Processing of Base Transformations”, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E86-A, No.1, pp.89-97, January 2003.

[P9] Yuuki Tomoede, Hideyuki Miyake, Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “An SPA-Based Extension of Schindler's Timing Attack against RSA Using CRT”, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E88-A No.1, pp.147-153, January 2005.

[P10] Yuichi Komano, Kazuo Ohta, Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “Toward the Fair Anonymous Signatures: Deniable Ring Signatures”, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E90-A, pp.54-64, January 2007.

[P11] Yuichi Komano, Kazuo Ohtam Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “Provably Secure Multisignatures in Formal Security Model and Their Optimality”, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E91-A, No.1, pp.107-118, January 2008

[P12] Yuichi Komano, Hideo Shimizu, Shinichi Kawamura: “BS-CPA: Built-in Determined Sub-key Correlation Power Analysis”, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E93-A, No.9 pp. 1632-1638 , Sep. 2010.

[P13] Yan Li, Kazuo Sakiyama, Shinichi Kawamura, Kazuo Ohta: “Power Analysis against a DPA-resistant S-box Implementation Based on the Fourier Transform”, IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E 94-A, No.1, pp.191-199, 2011.

[P14] Yohei Hori, Toshihiro Katashita, Hyunho Kang, Akashi Satoh, Shinichi Kawamura, Kazukuni Kobara: “Evaluation of Physical Unclonable Functions for 28-nm Process Field-Programmable Gate Arrays”, IPSJ, Journal of Information Processing Vol.55 No.3, 2014.

 

(査読付国際会議)

[I1] Shinichi Kawamura, Mitsutoshi Hatori: “A Tap Selection Algorithm for Adaptive Filters”, IEEE ICASSP86 Vol.11, pp.2979-2982, Nov. 1986.

[I2] Takashi Kamitake, Kiyohiko Uehara, Masahiro Abe, Shinichi Kawamura: “Trellis Coding 14.4kb/s Data Modem Implemented with a Single-Chip High-Speed Digital Singal Processor”, IEEE Globecom, No.12.8, Nov. 1987.

[I3] Shinichi Kawamura, Kyoko Hirano: “A Fast Modular Arithmetic Algorithm Using a Residue Table”, Eurocrypt88, LNCS Vol.330, pp.245-250, Springer-Verlag, 1988.

[I4] Shinichi Kawamura, Kyoko Hirano: “A Fast Modular Exponentiation Algorithm Using A Residue Table”, IEEE International Symposium on Information Theory, Kobe 1988.

[I5] Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “Cryptanalysis of Several Conference Key Distribution Schemes”, Proc. of Asiacrypt’91, LNCS Vol.739, Spring-Verlag, 1991.

[I6] Shinichi Kawamura, Atsushi Shimbo: “Intra- and Inter- Network Security”, ITU TELECOM 91, Geneva, 1991.

[I7] Shinichi Kawamura: “Information Leakage in a Distributed Computation Protocol”, Proc. of Information Sciences and Systems, at Princeton Univ., NJ, March 16-18, 1994.

[I8] Shinichi Kawamura, Masanobu Koike, Fumihiko Sano, Atsushi Shimbo: “Cox-Rower Architecture for Fast Parallel Montgomery Multiplication”, Eurocrypt2000, LNCS Vol.1807, pp.523-538, Springer-Verlag, 2000.

[I9] Kenji Ohkuma, Hirofumi Muratani, Fumihiko Sano, Shinichi Kawamura: “The Block Cipher Hierocrypt”, SAC 2000, LNCS Vol.2012, pp.72-88, Springer-Verlag, 2000.

[I10] Fumihiko Sano, Masanobu Koike, Shinichi Kawamura, Masue Shiba: “Evaluation of AES Finalists on the High-end Smart Card”, the Third Advanced Encryption Standard (AES) Candidate Conference, New York, NY April 13-14, 2000.

[I11] Kenji Ohkuma, Hideo Shimizu, Fumihiko Sano, Shinichi Kawamura: “Security Assessment of Hierocrypt and Rijndael against the Differential and Linear Cryptanalysis (Extended Abstract)”, 1st NESSIE (New European Schemes for Signatures, Integrity, and Encryption) Workshop, Leuven Belgium, Nov. 13-14, 2000.

[I12] Fumihiko Sano, Kenji Ohkuma, Hideo Shimizu, Shinichi Kawamura: “Efficient Implementation of Hierocrypt”, 1st NESSIE (New European Schemes for Signatures, Integrity, and Encryption) Workshop, Leuven Belgium, Nov. 13-14, 2000.

[I13] Hanae Nozaki, Mashahiko Motoyama, Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: "Implementation of RSA Algorithm based on RNS Montgomery Multiplication," CHES2001, LNCS Vol.2162, pp.364-376, Springer-Verlag, 2001.

[I14] Yuichi Komano Kazuo Ohta, Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “On the Security of Probabilistic Multisignature Schemes and their Optimality”, International Conference on Cryptology in Malaysia (Mycrypt 2005), LNCS Vol.3715, Springer-Verlag, 2005.

[I15] Tsutomu Matsumoto, Shinichi Kawamura, Kouichi Fujisaki, Naoya Torii, Shuichi Ishida, Yukiyasu Tsunoo, Minoru Saeki, Atsuhiro Yamagishi: “TSRC and Side Channel Security Requirement”, NIST Physical Security Testing Workshop, Hawaii, Sept. 26-29, 2005.

[I16] Yukiyasu Tsunoo, Toru Hisakado, Etsuko Tsujihara, Tsutomu Matsumoto, Shinichi Kawamura, Kouichi Fujisaki: “Experimental Results on INSTAC-8 Compliant Board”, NIST Physical Security Testing Workshop, Hawaii, Sept. 26-29, 2005.

[I17] Yuichi Komano, Kazuo Ohta, Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “Formal Security Model of Multisignatures”, Information Security Conference 2006 (ISC'06), LNCS Vol.4176, Springer-Verlag 2006.

[I18] Yuichi Komano, Kazuo Ohta, Atsushi Shimbo, Shinichi Kawamura: “Toward the Fair Anonymous Signatures: Deniable Ring Signatures”, RSA Conference 2006, Cryptographers' Track (CT-RSA 2006), LNCS Vol.3860, Springer-Verlag, 2006.

[I19]Yang Li, Kazuo Sakiyama, Shinichi Kawamura, Yuichi Komano, and Kazuo Ohta: Security Evaluation of a DPA-resistant S-box Based on the Fourier Transform, 11th International Conference on Information and Communications Security -- ICICS 2009, LNCS5927, pp. 3-16, Dec., 2009.

 

 

(研究会)

[T1] 川村 信一, 羽鳥 光俊: “大きな遅延部分の狭帯域化による音響系エコーキャンセラのタップ数削減法”信学技報、CS83-192, 1984-03.

[T2] 川村 信一, 羽鳥 光俊: “タップ選択型エコーキャンセラにおけるタップ位置制御法に関する検討”信学技報、CS84-103, 1984-11.

[T3] 川村 信一, 神竹 孝至, 水谷 博之: “ICカードを用いた取引証明法”, 情報処理学会研究報告, マルチメディア通信と分散処理(DSP, Vol.86, No.51, 1986.

[T4] 廣川 勝久, 川村 信一: “ICカードシステムのセキュリティについて”(招待講演), 電子情報通信学会, 研究会資料IT87-82, pp.15-25, 1987.

[T5] 川村 信一, 青山 光伸“ICカードのセキュリティ機能を利用したオフィスシステム”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.87 No.393, OS87-50, pp.3944, 1988-03.

[T6] 川村 信一, 新保 : “予備判定による素数生成効率化の解析”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.88 No.207, ISEC88-19, pp.49-53, 1988-09.

[T7] 新保 , 川村 信一: “RSA暗号の依頼計算における検算問題について”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.89 No.45, ISEC89-5, pp.29-35, 1989-05.

[T8] 川村 信一, 新保 : “RSA暗号の依頼計算における検算問題について(II”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.89 No.215-216, ISEC89-17, pp.29-34, 1989-09.

[T9] 川村 信一: “ZKIPと依頼計算(招待講演), 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.89 No.482-483, ISEC89-59, pp.81-90, 1990-03.

[T10] 川村 信一, 新保 : “公開暗号文の復号能力に基づく暗号方式について”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.90 No.31, ISEC90-5, pp.29-34, 1990-05.

[T11] 新保 , 川村 信一: “Fiat-Shamir署名に基づく一方向鍵共有方式の安全性について”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.91 No.111-112, CS91-17 (RCS91-7), pp.1-6, 1991-06.

[T12] 新保 , 川村 信一: “「n変数べき乗剰余演算とその応用」に関する考察”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.91 No.524, ISEC91-59, pp.27-34, 1992-03.

[T13] Shinichi Kawamura: “A Server-Aided RSA Computation Protocol in Two Rounds”, IEICE Technical Report Vol.94 No.56, ISEC94-7, pp.61-68, 1994-05.

[T14] 川村 信一, 宮野 : “Crypto’96報告”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.96 No.365, ISEC96-51, p.85, 1998-11.

[T15] 川村 信一: “AES参加報告”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.98 No.426, ISEC98-41, pp.39-43, 1998-11.

[T16] 杉本 浩一, 力石 徹也, 森住哲也, 斯波 万恵, 川村 信一: “GF(2m)演算を高速処理可能なCPUの提案と楕円曲線暗号の実装”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.99 No.414-415, ISEC99-62, pp.75-82, 1999-11.

[T17] 小池 正修, 佐野 文彦, 川村 信一, 斯波 万恵: “ICカード向け暗号ライブラリの開発”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.99 No.329, ISEC99- 49, pp.81-88, 1999.

[T18] 大熊 建司, 村谷 博文, 佐野 文彦, 川村 信一: “入れ子型SPN構造について”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.99 No.699-704 ISEC99-141, pp.99-104, 2000-03.

[T19] 小池 正修, 佐野 文彦, 川村 信一, 斯波 万恵: “モンゴメリ乗算のためのSize-Doubling”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.100 No.76-77, ISEC2000-4, pp.15-22, 2000-05.

[T20] 大熊 建司, 村谷 博文, 佐野 文彦, 川村 信一: “ブロック暗号Hierocryptの仕様と評価”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.100 No.76- 77 ISEC2000-7, pp.77-104, 2000-05.

[T21] 大熊 建司, 村谷 博文, 佐野 文彦, 本山 雅彦, 川村 信一: “ブロック暗号Hierocrypt-3およびHierocrypt-L1の強度/性能評価”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.100 No.323-324 ISEC2000- 71, pp.71-100, 2000-09.

[T22] 村谷 博文, 大熊 建司, 佐野 文彦, 本山 雅彦, 川村 信一: “(入れ子型)SPN暗号の改良”, 情報処理学会研究報告, CSEC, Vol.2000 No.80, pp.37-42, 2000-09.

[T23] 村谷 博文, 大熊 建司, 佐野 文彦, 本山 雅彦, 川村 信一: “64ビット版Hierocryptの提案”, 情報処理学会研究報告, CSEC, Vol.2000 No.80, pp.43-48, 2000-09.

[T24] 佐野 文彦, 村谷 博文, 大熊 建司, 川村 信一, 本山 雅彦: “次世代暗号HierocryptC言語による実装”, 情報処理学会研究報告, CSEC, Vol.2000 No.80, pp.49-54, 2000-09.

[T25] 清水 秀夫, 佐野 文彦, 本山 雅彦, 大熊 建司, 川村 信一: “SPN型ブロック暗号の実装について”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.101 No.311 ISEC2001- 55, pp.17 -21, 2001-09.

[T26] 小島 健司, 野崎 華恵, 川村 信一: “パイプライン処理によるモンゴメリ乗算の高速実装法電子情報通信学会, 研究会資料Vol.102 No.71 ISEC2002- 11, pp.61-67, 2002-05.

[T27] 藤崎 浩一, 友枝 裕樹, 三宅 秀享, 駒野 雄一, 新保 , 川村 信一: “8bit CPUを対象とした電力解析用評価環境の開発と実証実験”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.104, No.200, ISEC2004-55, pp.95-102, 2004-07

[T28] 駒野 雄一, 太田 和夫, 新保 , 川村 信一: “否認機能を持つリング署名方式の再考(その2)---署名者の匿名性を強化したグループ署名方式---”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.105, No.51, ISEC2005-2, pp.9-16, 2005-05.

[T29] 角尾 幸保, 久門 , 辻原 悦子, 松本 , 川村 信一, 藤崎 浩一: “INSTA-8準拠評価ボードを使った実装攻撃実験の結果報告”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.105, No.663, ISEC2005-135, pp.81-85, 2006-03.

[T30] 太田 和夫, 駒野 雄一, 川合 , 川村 信一: “公開鍵暗号系における双対性へのアプローチ”, 電子情報通信学会, 研究会資料Vol.107, No.209, ISEC2007-87, pp.99-106, 2007-09.

 

(全国大会)

[N1] 秋山 , 田中 良明, 川村 信一: “データベース制御格子型通信網”, 信学全大, No.408, 1983-09.

[N2] 川村 信一, 羽鳥 光俊: “大きな遅延部分の狭帯域化によるエコーキャンセラのタップ数削減法”, 信学総全大, No.2337, 1984-03.

[N3] 川村 信一, 羽鳥 光俊: “タップ数の位置と係数値を適応制御するエコーキャンセラの一構成法”, 信学部門全大, No.595, 1984-10.

[N4] 羽鳥 光俊, 川村 信一, 田崎良三: “通信会議室の残響特性に関する一検討”, 信学総全大, 1985-03.

[N5] 神竹 孝至, 川村 信一: “ICカードシステム暗号機能の応用”, 信学総全大, No.1797, 1986-03.

[N6] 川村 信一, 平野 京子, 田島 正登, 神竹 孝至: “RSA暗号方式における剰余計算の高速化”, 信学部門全大, No.14, 1987-11.

[N7] 阿部 雅宏, 上原 清彦, 川村 信一, 神竹 孝至: “CCITT V.33勧告準拠の14.4kb/s小型カードモデム”, 信学部門全大No.448, 1987-11.

[N8] 神竹 孝至,上原 清彦, 阿部 雅宏, 川村 信一: “CCITT準拠14.4kb/sモデムにおけるビタビ復号器の構成”, 信学部門全大No.449, 1987-11.

[N9] 川村 信一, 新保 : “物理的安全性に基づいた暗号化鍵共有法”, 信学春季全大, A-288, p.1-290, 1988.

[N10] 川村 信一, 新保 : “Rabin暗号の署名を用いた鍵共有方式”, 信学春季全大, A-289, p.1-291, 1988.

[N11] 新保 , 川村 信一: “試行割算法を組み込んだ素数判定法の解析”, 信学秋季全大, SA-7-1, p.A-1-165, 1988.

[N12] 川村 信一, 新保 : “ICカードシステムにおける依頼計算について”, 信学春季全大, SA-8-3, p.1-411, 1989.

[N13] 川村 信一, 新保 : “RSA暗号の依頼計算方式の拡張と処理時間の解析”, 信学秋季全大, A-105, p.1-108, 1989.

[N14] 京子, 川村 信一, 新保 : “定数乗算テーブルを用いたべき乗剰余計算法”, 信学春季全大, A-285, p.1-285, 1990.

[N15] 新保 , 川村 信一: “RSA暗号の依頼計算における素因数分解攻撃と対策”, 信学春季全大, A-286, p.1-286, 1990.

[N16] 川村 信一, 新保 : “公開された暗号文の復号能力に基づく暗号方式”, 信学秋季全大, A-169, p.1-172, 1990.

[N17] 川村 信一, 新保 : “Fiat-Shamir 署名法を利用した一方向鍵共有方式”, 信学春季全大, A-292, p.1-294, 1991.

[N18] 新保 , 川村 信一: “グループ鍵共有方式に対する攻撃法”, 信学秋季全大, A-146, p.1-147, 1991.

[N19] 川村 信一: “キャッシュレス社会とICカード(招待講演), 電気・情報関連学会連合大会, No.S26-5, 1991-03.

[N20]川村 信一, 新保 , 京子: “セキュア電子メールシステム”, 信学春季全大, SA-4-2, p.1-426, 1992.

[N21] 川村 信一, 新保 : “零知識依頼計算プロトコル”, 信学秋季全大, A-187, p.1-190, 1992.

[N22] 森谷 , 川村 信一: “オンデマンド型放送と回線接続型通信の混在するシステムにおける呼損率特性”, 信学総合大会, B-489, 1995-03.

[N23] 川村 信一: “暗号機能付きICカードの実用化動向とその課題”, 信学総合大会, STA-4-3, 1997-03.

[N24] 智美, 川村 信一, 新保 : “確定的素数判定を用いた公開鍵生成の評価”, 信学総合大会, A-7-1, 1997-03.

[N25] 新保 , 川村 信一: “モンゴメリ演算を利用した楕円曲線暗号”, 信学総合大会, A-7-11, 1998-03.

[N26] 小池 正修, 新保 , 川村 信一: “公開鍵コプロセッサ上での素体版楕円暗号の評価”, 信学総合大会, A-7-4, 1999-03.

[N27] 斯波 万恵, 新保 , 川村 信一: “2の拡大体演算向けコプロセッサの検討”, 信学総合大会, A-7-5, 1999-03.

[N28] 佐野 文彦, 石原 達也, 麻野間 利行, 智美, 丹羽 朗人, 青木 , 川村 信一, 才所 敏明: “暗号データ回復システムの試作”, 情処春季大会, No.1L-7, 1999-03.

[N29] 佐野 文彦,川村 信一, 才所 敏明: “TripleDES拡張暗号アルゴリズム”, 情処全国大会, No.2G-5, 1999-09

[N30] 野崎 華恵, 本山 雅彦, 新保 , 川村 信一: “並列RSA計算回路の演算ユニット数に依存した性能評価”, 信学ソサイエティ大会, A-7-15, 2000-09.

[N31] 新保 , 川村 信一: “RNSモンゴメリ乗算におけるRowerユニットの剰余算条件の緩和”, 信学ソサイエティ大会, A-7-16, 2000-09.

[N32] 大熊 建司, 清水 秀夫, 佐野 文彦, 川村 信一: “AESHierocryptの差分/線形解読法に対する証明可能安全性”, 信学ソサイエティ大会, A-7-7, 2001-09.

[N33] 小島 健司, 野崎 華恵, 川村 信一: “モンゴメリ乗算のパイプライン処理による実装法”,  信学総合大会, A-7-13, 2003-03.

[N34] 三宅 秀享, 友枝 裕樹, 新保 , 川村 信一: “モンゴメリ乗算を利用したRSA暗号へのタイミング攻撃”,  信学総合大会, A-7-14, 2003-03.

[N35] 駒野 雄一, 太田 和夫, 新保 , 川村 信一: “利用者のプライバシ保護を強化したブラインド署名方式”,  信学総合大会, A-7-17, 2004-03.

[N36]駒野 雄一, 太田 和夫, 新保 , 川村 信一: “確率的多重署名方式に用いる乱数成分の最適長評価”, 信学ソサイエティ大会, A-7-1, 2004-09.

[N37]谷澤 佳道, 佐藤 英昭, 馬場 伸一, 川村 信一: “量子鍵配送技術をモチーフとしたセキュアネットワークの一提案”, 信学ソサイエティ大会, No. B-7-60, 2012-09.

[N38] 高橋莉里香, 谷澤佳道, 佐藤英昭, 川村信一: 量子鍵配送技術を想定したセキュア鍵共有のためのルーティングプロトコルの提案”,  No. L-036, 12回情報科学技術フォーラム(FIT),  IPSJ, IEICE主催, 20139

 

(シンポジウム [SCIS/CSS/SITA])

[S1] 川村 信一, 羽鳥 光俊: “大きな遅延部分の狭帯域化によるエコーキャンセラのタップ数削減法”, 情報理論とその応用研究会資料(分冊2), pp.403-408, 1983-11.

[S2] 川村 信一, 羽鳥 光俊: “タップ選択型エコーキャンセラにおける新しいタップ位置制御法”, 情報理論とその応用研究会資料(分冊2), pp.723-728, 1984-11.

[S3] 神竹 孝至, 川村 信一: “ICカードとセキュリティ”, 暗号と情報セキュリティワークショップ講演論文集, pp.3-5, 1986.

[S4] Takashi Kamitake and Shinichi Kawamura: “On-line Transaction Certification Suitable for IC Card Systems”, 10th SITA, pp.23-28, Enoshima, Japan, 1987.

[S5] 新保 , 川村 信一: “秘密情報を漏らさずに認証する方法について”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 函南, 1988.

[S6] 川村 信一: “同一テーブルを繰り返し用いることによる剰余テーブルの削減”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 函南, 1988.

[S7] 新保 , 川村 信一: “試行割算法を組み込んだ素数生成法の解析”, 情報理論とその応用シンポジウム, pp.277-282, 別府, 1988.

[S8] 川村 信一, 新保 : “依頼計算によるRSA暗号の秘密変換”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 御殿場, 1989.

[S9] 新保 , 川村 信一: “依頼計算の検算性能について”, 情報理論とその応用シンポジウム, pp.297-302, 犬山, 1989.

[S10] 川村 信一, 新保 : “RSA暗号に対する依頼計算の処理時間解析”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 日本平, 1990.

[S11] 新保 , 川村 信一: “RSA暗号の依頼計算を悪用した素因数分解法と対策”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 日本平, 1990.

[S12] 新保 , 川村 信一: “メッセージスタンプを用いた一方向型鍵共有方式”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 富士吉田, 1991.

[S13] 川村 信一, 京子, 新保 : “多倍長べき乗剰余演算の高速アルゴリズム”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 富士吉田, 1991.

[S14] Shinichi Kawamura, Atsushi Shimbo, Kyoko Takabayashi: “E-mail Implementation of a One-Way Key Distribution Scheme”, 14th SITA, pp.17-20, Ibusuki, Japan, 1991.

[S15] 川村 信一, 新保 : “加算連鎖に基づく依頼計算法”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 蓼科, 1992.

[S16] 新保 , 川村 信一: “秘密情報に依存しないRSA暗号の依頼計算方式”, 情報理論とその応用シンポジウム, pp.269-272, 水上, 1992.

[S17] 川村 信一, 清水 秀夫: “テーブル参照によるMontgomery空間でのべき乗の高速化”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 小室, 1996.

[S18] 川村 信一: “素数べきを法とする逆元計算アルゴリズム”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 福岡 1997.

[S19] 佐野 文彦, 石原 達也, 麻野間 利行, 智美, 丹羽 朗人, 青木 , 川村 信一, 才所 敏明: “イントラネットにおける暗号データ回復システムの試作”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 神戸 1999.

[S20] 丹羽 朗人, 新保 , 川村 信一: “特殊な法によるモンゴメリリダクションの高速化”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 神戸 1999.

[S21] 斯波 万恵, 川村 信一, 新保 : “GF(2m)演算及び整数演算を処理可能なハイブリッド・コプロセッサの提案”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 神戸 1999.

[S22] 小池 正修, 斯波 万恵, 新保 , 川村信一: “整数演算型公開鍵暗号コプロセッサの開発”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 神戸 1999.

[S23] 小池 正修, 佐野 文彦, 川村 信一: “Cox-Rowerアーキテクチャによる高速な並列モンゴメリ乗算法”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 沖縄 2000. (筆頭者がSCIS論文賞受賞)

[S24] 小池 正修, 佐野 文彦, 川村 信一, 斯波 万恵: “ICカード向け暗号ライブラリの評価”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 沖縄 2000.

[S25] 杉本 浩一, 力石 徹也, 森住 哲也, 斯波 万恵, 川村 信一: “GF(p),GF(2m)両方の定義体上の楕円暗号を高速処理可能なCPUの提案”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 沖縄 2000.

[S26] 大熊 建司, 佐野 文彦, 村谷 博文, 本山 雅彦, 川村 信一: “次世代ブロック暗号 Hierocrypt ― 開発の背景と設計思想 ”, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS, 情報処理学会Vol.2000 No.12, 2000.

[S27] 大熊 建司, 佐野 文彦, 村谷 博文, 本山 雅彦, 川村 信一: “ブロック暗号Hierocrypt-3およびHierocrypt-L1の安全性について”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S28] 佐野 文彦, 村谷 博文, 大熊 建司, 川村 信一: “Hierocryptの実装について”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S29] 野崎 華恵, 新保 , 川村 信一: “基底変換の二重処理によるRNSモンゴメリ乗算の高速化”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S30] 小池 正修, 川村 信一: “RNSモンゴメリ乗算におけるRowerユニットの剰余乗算条件の緩和”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S31] 新保 , 野崎 華恵, 本山 雅彦, 川村 信一: “RNSモンゴメリ乗算を利用したRSA暗号の実装”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S32] 川村 信一, 小池 正修, 斯波 万恵, 佐野 文彦, 野崎 華恵: “サイドチャネル解析への体制評価モデル”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S33] 川村 信一: “次世代共通鍵暗号の評価について”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S34] 宮崎 真悟, 川村 信一: “属性証明プロトコル”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 大磯 2001.

[S35] 大熊 建司, 佐野 文彦, 清水 秀雄, 川村 信一: “入れ子型SPN 構造の証明可能安全性に関する補足事項” , 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 白浜 2002.

[S36] 小池 正修, 川村 信一, 松本 : “RNS表現によるRSA実装に対するサイドチャネル解析とその対策”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 浜松 2003.

[S37] 大熊 建司, 川村 信一, 清水 秀夫, 村谷 博文: “キャッシュミス利用実装攻撃における鍵推定の解析”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 浜松 2003.

[S38] 小島 健司, 野崎 華恵, 川村 信一: “パイプライン処理によるモンゴメリ乗算のスケーラブルな実装法”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 浜松 2003.

[S39] 三宅 秀享, 友枝裕樹, 新保 , 川村 信一: “モンゴメリ乗算に基づくRSA暗号へのタイミング攻撃”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 浜松 2003. (筆頭者がSCIS論文賞受賞)

[S40] 駒野 雄一, 太田 和夫, 新保 , 川村 信一: “署名長増加を抑えた多重署名方式の構成”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 仙台 2004.

[S41] 駒野 雄一, 太田 和夫, 新保 , 川村 信一: “否認機能を持つリング署名方式の再考”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 舞子 2005.

[S42] 駒野 雄一, 太田 和夫, 新保 , 川村 信一: “落し戸付き一方向性置換を利用する多重署名方式の最適性の再評価”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 広島 2006.

[S43] Tsutomu Matsumoto, Shinichi Kawamura, Koichi Fujisaki, Naoya Torii, Shuichi Ishida, Yukiyasu Tsunoo, Minoru Saeki, Atsuhiro Yamagishi: “Tamper-resistance Standardization Research Committee Report”, SCIS, IEICE TG on ISEC, Hiroshima, 2006.

[S44] 駒野 雄一, 太田 和夫, 新保 , 川村 信一: “否認可能リング署名を用いた英国型匿名オークション方式”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 佐世保 2007.

[S45] 遠藤つかさ, 駒野 雄一, 川村 信一, 野崎 華恵, 新保 : “フーリエ変換を用いたS-box電力解析対策の耐性強化手法”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム, 高松 2010.

Improvement of Secure S-box Calculation based on the Fourier Transform

[S46] 藤原 , 成吉雄一郎, 塚本 研一, 山梨 , 川村 信一: “レーザーアタックの優位的評価手法について”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム,  小倉2011. (筆頭者がSCIS論文賞受賞)

Advantage of backside laser attack

[S47] 駒野 雄一, 清水 秀夫, 野崎 華恵, 新保 , 川村 信一: “組込型相関電力解析 BS-CPAの解析効率の評価”, 暗号と情報セキュリティシンポジウム,  小倉2011.

Evaluation of Built-in Determined Sub-key CPA (BS-CPA)

 

 

(技術講演)

[L1] 川村 信一: “AESの活動について”(招待講演), CRYPTRECワークショップ, 東京, 418, 2001.

[L2]川村 信一: “耐タンパー技術の動向”(招待講演), 情報セキュリティとVLSI技術に関する研究会, 東京大学 生産技術研究所 今井研主催, 329, 2004.

[L3] 川村 信一: “セキュアチップ技術の現状と課題”(招待講演), 電子・情報技術ワークショップ2004, NEDO主催, パシフィコ横浜, 12222004.

[L4]川村 信一: “耐タンパー性標準化調査研究委員会 活動報告”,  日本規格協会/INSTAC主催セミナー, 217, 2005.

[L5] 川村 信一: “New Technologies for Content Protection”, 11回日独シンポジウム, 東京, 913-16, 2005.  

[L6] 川村 信一: “耐タンパー性標準化調査研究委員会 活動報告”,  日本規格協会/INSTAC主催セミナー, 1215, 2005.

[L7] 川村 信一: “暗号技術の普及と発展に向けて”, 「暗号講座」パネルディスカッション, 中央大学研究開発機構主催, 315, 2008.

[L8] 川村 信一: “耐タンパー性標準化調査研究委員会 活動報告”,  日本規格協会/INSTAC主催セミナー, 日本青年館, 625, 2008.

[L9] 川村信一:CRYPTRECでの量子暗号検討に向けた一考察”, 招待講演, 量子ICTフォーラム, NICT小金井本部, 1025, 2013.

 

(東芝レビュー)

[R1] 鈴木 秀夫, 川村 信一: “通信・情報セキュリティ技術”, 東芝レビュー,  Vol.47, No.6, pp.472-473, 1992.

[R2] 川村 信一, 新保 , 京子: “公開鍵暗号利用セキュリティ技術”, 東芝レビュー, Vol.47 No.6, pp.495-498, 1992.

[R3] 吉松 健三, 川村 信一: “ICカード用LSIの技術動向と今後の課題”, 東芝レビュー, Vol.52 No.2, 1997.

[R4] 川村 信一, 才所 敏明: 情報セキュリティ技術の動向”, 東芝レビュー, Vol.54 No.7, 1999.

[R5] 小池 正修, 川村 信一, 斯波 万恵: “ICカード向け暗号機能の開発”, 東芝レビュー, Vol.54 No.7, 1999.

[R6] 才所 敏明, 川村 信一, 遠藤 直樹: “社会の発展に貢献する当社の情報セキュリティ技術”, 東芝レビュー, Vol.56 No.7, 2001.

[R7] 新保 , 野崎 華恵, 川村 信一: “高速RSA暗号LSI”, 東芝レビュー, Vol.56 No.7, 2001.

[R8] 遠藤 直樹, 川村 信一, 大熊 建司: “人と組織の社会貢献を支えるセキュリティ技術”, 東芝レビュー, Vol.64 No.7, 2009.

[R9] 野崎 華恵, 藤崎 浩一, 川村 信一: “暗号モジュールの実装攻撃対策技術”, 東芝レビュー, Vol.64 No.7, 2009.

[R10] 駒野 雄一, 清水 秀夫, 川村 信一: “耐タンパー暗号モジュールの安全性評価技術---組込型相関電力解析”, 東芝レビュー, Vol.66  No.11, 2011.

[R11] 川村 信一: “総合力が求められるサイバーセキュリティの実現”, 東芝レビュー, Vol.69, No.1, 2014.

 

(解説記事)

[A1] 川村 信一: “ICカードで秘密をどう守るか?”, エレクトロニクス, Vol.36 No.7, pp.52-55, オーム社, 1991.

[A2] 川村 信一: “依頼計算って何ですか?”, エレクトロニクス, Vol.41 No.5, pp.85-86, オーム社, 1996.

[A3] 吉松 健三, 川村 信一: “ICカードセキュリティ”, 計測と制御,  Vol.37, No.6, 1998.

[A4] 川村 信一: “暗号LSIコア”, 電子情報通信学会誌, Vol.86 No.6, pp.400-402, 2003.

[A5] 川村 信一:  ネット社会と暗号の果たす役割”, ミルシル, Vol.7, pp.11-14, No2, 2014

 

(書籍)

[B1] 川村 信一: “零知識証明と依頼計算”, 情報理論とその応用レクチャーノート 4, 培風館 1996.

[B2] 川村 信一: “情報セキュリティ概説”, 電子情報通信学会編 「情報セキュリティハンドブック」2編1章, pp.15-30, オーム社 2004.

[B3] Shinichi Kawamura (Guest Editor): Special Section on Cryptography and Information Security, IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E89-A No.1, 2006-01.

[B4] Yoshiura, H.; Sakurai, K.; Rannenberg, K.; Murayama, Y.; Kawamura, S. (Eds.): Advances in Information and Computer Security---First International Workshop on Security, IWSEC 2006, LNCS Vol.4266, Kyoto, Japan, October 23-24, Springer-Verlag, 2006.

[B5] 川村 信一 (特集号編集委員長): 暗号と情報セキュリティ実装技術特集, 電子情報通信学会( IEICE)和文論文誌小特集 , Vol.J95-A  No.5, 2012-05.

 

(特許)

特許提案111件、内、国内登録23件(内、海外登録8件)

 

(略号)

CIS: Cryptography and Information Security

CRYPTREC: Cryptography Research and Evaluation Committees

CSEC: Technical Group on Computer Security of IPSJ

CSS: Computer Security Symposium

ESS: Engineering Sciences Society of IEICE

ISEC: Technical Group on Information Security of IEICE

IACR: International Association for Cryptologic Research

IECE: Institute of Electronics and Communication Engineers

IEICE: Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (Formerly IECE)

INSTAC: Information Technology Research and Standardization Center

IPSJ: Information Processing Society of Japan

LNCS: Lecture Notes on Computer Science series

SCIS: Symposium on Cryptography and Information Security

SITA: “Symposium on Information Theory and Its Application” or “Society of Information Theory and Its Application”, depending on the context.

TG on ISEC: Technical Group on Information Security of ESS

WCIS: Workshop on Cryptography and Information Security