Integration for Innovation
 Archive
研究会開催のお知らせ 2017.10.12

第4回・サンプリングモアレ研究会

ナノ構造物から巨大インフラまで広く使える光学的手法であるサンプリングモアレ法のこれまでの応用例,最新の研究成果,今後の展開まで,広く情報交換できる場を作ります.

2017年10月14日(土) 9:30~17:15 上野・いいオフィス

いいオフィスのアクセス:LIG運営のiioffice


主 催:全空間画像計測コンソーシアム / 日本実験力学会・光学的手法分科会 / 産総研
参加費:一般 2000円,主催・後援団体所属 1000円, 学生 無料

プログラム

★ プログラム(PDF版)のダウンロード

★ 研究会資料(PDF版)のダウンロード(45MB)

09:30-09:35 開催挨拶(藤垣・李)
09:35-10:00 サンプリングモアレ法の発展と社会インフラへの応用例 / 福井大学 藤垣 元治
10:00-10:25 サンプリングモアレカメラを用いた鉄道橋の計測データの活用法に関する提案
       ジェイアール西日本コンサルタンツ 栗林 賢一
10:25-10:50 サンプリングモアレカメラの適用事例 / 共和電業 津田 仁
10:50-11:15 サンプリングモアレカメラの開発と今後の展開 / ヒカリ 浅井 大介
11:15-11:20 休憩
11:20-11:40 サンプリングモアレ法を用いた開水路乱流の水面変動計測 / 神戸大学 谷 昂二郎
11:40-12:05 1ピッチ位相解析(OPPA)法による高精度・高速三次元形状変形計測と装置開発
       4Dセンサー 森本 吉春

12:10-12:30 リアルタイム3次元形状計測 - 4D Sensor for Motiom Capture

13:30-13:55 薄膜の積層による金二重ナノピラー配列の作製とその光学特性
        東京農工大学 久保 若奈
13:55-14:20 Displacement and Strain Measurement for Crack Prediction and
       Structure Health Monitoring
/ AIST Qinghua WANG
14:20-14:45 2次元位相シフト法による高精度・高速な縞画像の位相解析 / 産総研 李 志遠
14:30-15:00 休憩
15:00-15:25 ナノオーダー面外変形動的計測方法 / 産総研 夏 鵬
15:25-15:50 固体ロケット構造体診断技術と3次元モアレカメラ計測システムの開発
       IHIエアロスペース 吉田 剛
15:50-16:15 サンプリングモアレ法によるGaNデバイス中の原子サイズ欠陥・歪の検出
       東芝デバイス&ストレージ 小寺 雅子
<学生セッション>
16:15-16:30 CFRP積層板を用いた光学顕微鏡下でのひずみ分布計測方法
       東京理科大学 高下 陽右
16:30-16:45 サンプリングモアレ法による変位・回転角計測におけるゆらぎの検証
       福井大学 仙波 悠生
16:45-17:00 規則模様を用いた広レンジな光学的変位計測方法
       東京理科大学 長澤 佑樹
17:00-17:15 全体ディスカッション・閉会の挨拶

17:45-19:45 懇親会(上野駅周辺 / 一般:4000円、学生:3000円)

参加申込先

  • 福井大学 / 藤垣: fujigaki@u-fukui.ac.jp
  • 産総研 /  李: ri-shien@aist.go.jp

参加ご希望の方は,10月12日までにメールで,「氏名・所属・懇親会の参加/不参加
ご連絡をお願いいたします.当日のご参加も受付いたします.

PREV
一覧ヘ戻る
NEXT