WHAT'S NEW

2010/1/22

浜野和天文台での観測結果

2009/12/19

ハワイ大学 2.2 m 望遠鏡が観測した Wilson-Harrington
(提供:ソウル大学 石黒正晃氏)。クイックルックでは、彗星活動は見られない。

はじめに



ウィルソン-ハリントンは、JAXA と ESA が共同ですすめている小天体探査ミッション マルコポーロの、有力な候補天体のひとつです。1949年に発見された時には、彗星活動の証拠である尾を示していたのですが、その後現在に至るまで、コマや尾は確認されていません。こうした彗星・小惑星遷移天体は、太陽系形成時の情報を保持したサンプルを取得できる対象として大きな注目を集めています。このページでは、ウィルソン-ハリントンの地上観測キャンペーンに関する情報を提供しております

これまでの観測実績

***** Optical Imaging *****
Okayama 50cm+3color	NOV 7,8,14,15,18,19,20,21,23,27, 
                        DEC 1,2,5,6,7,14,16,17,18 +continued!
BSGC 1m			DEC 5,7,9
Arizona 0.8m		DEC 9,13
Lulin 1m		JUL 6,7,8,9, DEC 12,13,14
UH88 2.2m		DEC 5,18
0.16m reflector 	AUG 14, NOV 7, 19
(Mr.Yoshimoto@Yamaguchi) 
Hamanowa observatory	MAY 20, JUN 8,24,25,26, JUL 11,19

***** Optical Photometry *****
Lulin 1m		JUL 6,7,8,9, DEC 12,13,14


***** Infrared Photometry *****
AKARI-IRC               NOV 18, 19

***** Spectroscopy *****
Okayama 1.8m		DEC 14
AKARI-IRC               AUG 30, NOV 19
-- --------

design テンプレート