ダイオキシンシンポジウム2018(Krakow)セッション募集および2017(Vancouver)に関する情報提供のお知らせ (8月18日更新)


ダイオキシンシンポジウム2017(Vancouver)において、シンポジウムチェアであるEric Reiner博士の要望により、下記、8月23日11:40からの谷保の発表後、同じ会場で、現在策定中のPFOS関連物質分析法の国際標準新規格(N 1708 ISO CD 21675 PFAS in water LC-MS MS)技能試験についての打ち合わせ会議を行います。 別途開催するエキスパート会議とは別にどなたでも参加できます。POPsに関する国際標準化スキームを国際会議の実践の場で学べる貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。詳細は会場でアナウンスします。

9885, W2-6, 08/23/2017, 11:40 - 12:00, Perfluoroalkyl Substances II Grand Ballroom CD, New Proposal of International Standard of Poly and PerFluorinated Alkyl Substances (PFASs) Measurements in Water Samples, by Sachi Taniyaus


ダイオキシンシンポジウム2017(Vancouver)HPに掲載されている「MINI-ORALS ON ELECTRONIC POSTERS AT DIOXIN 2017」について、わかりづらいとの意見がよせられていますが、これは2011年のダイオキシンシンポジウム(ベルギー)で使用された「e-Posters」と同様に、特別なアニメーション指定は不要、指定されたサイズのパワーポイントで作成するだけでよいとの事です。


ダイオキシンシンポジウム2018(Krakow)のシンポジウムチェアが7月末に来所され、現在までに国内外より寄せられた提案をボードメンバーで検討した結果、下記特別セッションが仮確定しました。

Majour special sessions.
M1. Biodetection Methods for POPs and Related Food and Environmental Contaminants.
M2. Environmental Persistence, Analytical Methods and Risk of human and Veterinary Pharmaceuticals that can act as pseudo-POPs.
M3. Progress in Industrial Technology to Fight Pollution from POPs.
M4. Legacy and Emerging Fluorinated Organic Compounds Update.

Proposed traditional sessions
1. Biochemical and Molecular Mechanisms of Endocrine Disruptors.
2. Metalorganic Contaminants.
3. Non-target Screening, Multimedia Analysis.
4. Polychlorinated Naphthalenes and Chlorinated Paraffins (PCNs/CPs).
5. POPs and Emerging Contaminants in Developing Countries.
6. QAQC of POPs Analysis Part A - Recent ISO and National Standards.
7. QAQC of POPs Analysis Part B - Novel QAQC Approaches.
8. Toxicity of Fire Smoke.


また、ダイオキシンシンポジウム2018(Krakow)では、欧米以外、特にアジアや発展途上国からの参加者を募集するために特別な student session 等を予定しています。日本を大きく超える規模の環境研究が進行中の中国からも、これまでにない数の研究者の参加表明を受けていますので、上記セッションに関係される研究者の方は前広に発表をご検討ください。

特に下記研究集会でも情報提供を行いますので、もしご参加される場合は気軽にご質問ください。

ダイオキシン国際会議2017 (Vancouver) dioxin2017

Session W2-6, Perfluoroalkyl Substances II, on 8/23/2017 from 11:40 - 12:00.
New Proposal of International Standard of Poly and Per-Fluorinated Alkyl Substances (PFASs) Measurements in Water Samples

# 本発表と並行して現在策定中のPFOS関連物質分析法の国際新規格(N 1708 ISO CD 21675 PFAS in water LC-MS MS)技能試験についてのエキスパート会議を予定しています。 人数に制限はありますが一般参加も可能です。

Session R2-4, Total Fluorine Analysis and Total Oxidisable Precursor (TOP) Assay with Special Reference to PFAS and Their Alternatives on 8/24/2017 from 11:00 - 11:20.
Non-Target Analysis of Ambient Air Using Cryogenic Air Sampler

ISPTS2017 (9月24-28日, 2017年) ISPTS2017

New international standard method of poly and per-fluorinated alkyl substances (PFASs) measurements in water samples (by S. Taniyasu)

北京分析機器展覧会 (10月9-11日, 2017年) BCEIA2017

Plenary lecture, Session H, Environmental Analysis.
Cryogenic Air Sampler for POPs, A brand-new research tool for atmospheric chemistry (by N. Yamashita)

この他、特に中国・インド等への国際技術移転に参加する現地パートナーと協力し、様々な国際ワークショップにおいて情報発信を予定しています。

(7月31日更新)


ダイオキシンシンポジウム2017(Vancouver)において下記特別セッションの発表題目を募集します。

PFOS/PFOAに代表されるペルフルオロアルキル化合物群(PFASs)による全球的な汚染が発見されて20年近く経過した現在でも、その複雑な発生源は十分解明されていません。これを明らかにするためには従来の個別化合物の測定技術だけでは困難であり、前駆体・分解産物も含めた環境内構造変換を正確に追跡するための新たな環境分析化学的技術が必要とされています。本セッションでは2006年に開発された全フッ素化合物のマスバランス分析、前駆体酸化法による総量評価法(Total Oxidisable Precursor (TOP) assay)や、大気試料低温捕集装置(CAS: Cryogenic Air Sampler)を用いた、世界初の大気試料non-targeting analysisなど、この分野の鍵技術についての研究発表を募集します。

Session no.51

Total Fluorine Analysis and Total Oxidisable Precursor (TOP) Assay with Special Reference to PFAS and Their Alternatives (Compound Specific - PFAS)

Declining trends in two widely used fluorosurfactants, perfluorooctane sulfonate (PFOS) and perfluorooctanoate (PFOA), have been reported in human blood. These declining trends might be related to the phase-out of perfluorooctanesulfonyl fluoride (POSF)-based products, industry participation in PFOA Stewardship Program, and/or regulation under the Stockholm Convention. In a recent survey, more than 3000 commercial fluorinated replacement products with the same desirable properties are reported to be available in global market. A recent study showed increasing amounts of unidentified organofluorine (OF) in German plasma collected between 2000 and 2009. It is unclear whether the overall human exposure to OF has declined or does evidence suggest a shifted contamination away from PFOS/PFOA chemistry to largely unrecognized fluorinated alternatives of unknown toxic properties. There is a huge interest in knowing the levels of "PFAS alternatives" or "unidentified OF" in the environment. These PFAS alternatives or unidentified OF may be the precursor compounds of perfluorinated carboxylic acids (PFCAs). The Total Oxidisable Precursor (TOP) assay has been developed and used to evaluate whether a sample contains any PFCA precursor compounds; the TOP assay uses simple hydroxyl radical chemistry to transform the PFAS precursors in a sample to measurable PFCAs.

セッション申し込みはDIOXIN2017ホームページのabstract submissionよりセッション番号51を指定してください。不明点があれば直接(nob.yamashita@aist@go.jp)まで。

またスポンサー・展示についてアジアの参加が少ないのでもし希望するなら今からでもブースを用意できる旨、チェアより聞いていますので、ご希望の企業様はお問い合わせください。

(4月10日更新)


ダイオキシンシンポジウム2018(Krakow)において、産総研重点ミッションでもある「産業技術橋渡し研究(特に産業界技術を基礎としたPOPs研究・対策・処理技術)」に関する特別セッション「How Progresses in Industrial Technology Fight POP Pollution (原題 Industrial Technology for POPs - Cleanup, Monitoring & Risk Evaluation)」を開催します。

これについて、シンポジウムチェアのJerzy Falandysz博士より、当方及び島津テクノリサーチの高菅氏に下記のように対応を依頼されました。

正式なホームページ公開は2017年夏以降となりますが、事前に情報提供可能ですので、必要な方は(nob.yamashita@aist.go.jp)まで、お問い合わせください。

最初のセッション募集は2017年3月末を目途とします。

また、ダイオキシンシンポジウム2017(Vancouver)では、PFOS関連物質に関する新規国際規格(ISO25101の次期規格)を産総研と共同で開発中のEric Reiner博士がシンポジウムチェアのため、本シンポジウムに関する情報提供も依頼されています。

特に「Sponsors & Exhibitors」募集について情報提供可能ですので、必要な方はお問い合わせください。

2017年3月に公式HPよりアナウンス後はこちらの対応は中止します。