Announcement of keynote lecture by Professor Kurunthachalam Kannan (Wadsworth Center, New York State Department of Health) and "PFAS in Air" in August 27.

Kurunthachalam Kannan教授来日講演会と「PFAS in Air」国内連絡会のお知らせ

(2019年6月28日更新)


下記日程でKurunthachalam Kannan教授講演会と「PFAS in Air」国内連絡会を開催します。

日時 8月27日(火曜日)15時-17時

場所 茨城県つくば市 農研機構(NARO)農業環境技術研究所大会議室(本館2階)

農業環境技術研究所への交通は下記を参照 (http://www.naro.affrc.go.jp/archive/niaes/outline/map.html)

講演タイトル : 新規有害化学物質人暴露量解析のためのバイオモニタリング (Biomonitoring of human exposure to environmental chemicals in the context of exposome)

講演内容 : Top 1% 高引用研究論文(Web of Science 2018 及び Top 10 best paper in Ecotoxicology and Environmental Safety 2015-2018)である「Bisphenol A and other bisphenol analogues including BPS and BPF in surface water samples from Japan, China, Korea and India (Yamazaki et al., EES, 2015, 122, 565-572)」他、ビスフェノール類、ペルフルオロアルキル化合物 (Chemosphere, Special issue of DIOXIN2018; Legacy and Emerging Perfluorinated and Polyfluorinated Compounds: An Update) 等、新規有害化合物研究の最新情報について、この分野の世界的権威であるKurunthachalam Kannan教授(Wadsworth Center, New York State Department of Health)の招待講演会を行います。 特に、日本国内ではほとんど知られていない、新機能性難燃剤、人暴露研究の最新情報なども含め、環境中有害物質の「最新の一次情報」について紹介します。

講演会はどなたでも参加できます。

Kurunthachalam Kannan教授の経歴についてはこちら。

また、Kurunthachalam Kannan教授講演会に合わせて「PFAS in Air」国内連絡会を同時開催します。

「PFAS in Air」国内連絡会では5月16,17日に米国EPAで開催した国際会議「PFAS in Air」の報告と、大気中PFAS分析の最新技術である「CharcoPFAS」等について専門家向けの情報提供を行います。

# 注意 # Kurunthachalam Kannan教授講演会はどなたでも参加できますが、「PFAS in Air」国内連絡会については専門家・分析事業者・メーカーが対象なので、事前登録の方のみ参加できます。事前登録の方法については山下(nob.yamashita@aist.go.jp)までお問い合わせください。

「PFAS in Air」国内連絡会については下記参照。

USEPA/AIST joint workshop "PFASs in Air" の日時変更のお知らせ (May 16 and 17に変更)

下記参考 (アドレスをコピーしてください)

Top 10 best paper in the Ecotoxicology and Environmental Safety 2015-2018

(https://www.journals.elsevier.com/ecotoxicology-and-environmental-safety/news/ecotoxicology-and-environmental-safety-would-like-to-announc)

Chemosphere, Special issue of DIOXIN2018; Legacy and Emerging Perfluorinated and Polyfluorinated Compounds: An Update

(https://www.sciencedirect.com/journal/chemosphere/special-issue/10T56DRRQ90)

(2019年6月28日更新)

  • TOP