新聞、テレビ、ネット上での報道リストです。


36.
つくばで広がる牛の研究
2021年1月16日(土)日本経済新聞 朝刊
  • 記事の閲覧(日本経済新聞社のサイトへ飛ぶ。このリンクは、2023Feb01の23:59まで有効です。許諾番号30080169.)

    35.
    (ジュール・ヴェルヌの地底旅行は)現代技術で可能
    2019年4月25日 読売新聞 夕刊
  • スキャンした記事(読売新聞社の許諾を得ています。2022May14まで有効です。)

    34.
    びっくり! 新技術 牛の肉質測定器 霜降り具合10秒で計測.
    2018年9月20日(木)中日新聞 夕刊
  • この新聞記事(紙面スキャン画像)を読むには、ここをクリックしてください。
    この記事は、中日新聞社の許諾を得て転載しています(2022年10月21日まで)許諾番号20211012-26731. 

    33.
    びっくり! 新技術 牛の肉質測定器 霜降り度合い10秒で.
    2018年9月17日(月)東京新聞 朝刊
  • この新聞記事(紙面スキャン画像)を読むには、ここをクリックしてください。
    この記事は、中日新聞東京本社の許諾を得て転載しています(2022年10月31日まで)許諾番号11993. 

    32.
    「牛の霜降り具合」を生きたまま10秒で計測する核磁気共鳴装置!
    2018年7月6日 講談社WEB版ブルーバックス
  • 記事の閲覧(出版元に飛ぶ)

    31.
    Device scans tuna fat without cutting
    2018年5月1日 The Japan News
  • pdf化した記事の閲覧(読売新聞社の許諾を得ています。2022May14まで有効です。)

    30.
    マグロの脂 切らずに測定.
    2018年4月10日(火)読売新聞 夕刊
  • pdf化した記事の閲覧(読売新聞社の許諾を得ています。2022May14まで有効です。)

    29.
    牛の霜降り状態が、飼育中に十数秒で測れる.
    2018年4月 産総研LINK No. 18, pp.12-15
  • pdf化した記事の閲覧

    28.
    科学者たちに愛された小説家 ジュール・ヴェルヌ.
    NHK BSプレミアム 「コズミック フロント☆ NEXT」
    本放送は2018年1/18(木)夜10:00〜. 再放送は2018年1/31(水)夜11:45〜. 再々放送は2018年9/6(木)夜10:00〜. 再々々放送は2018年9/12(水)夜11:45〜
  • NHKの番組HPへ飛ぶ

    27.
    霜降り、生きたまま計測 和牛出荷で活用めざす
    2016年3月14日(月)日経MJ(流通新聞)朝刊
  • 記事の閲覧(日本経済新聞社のサイトへ飛ぶ。このリンクは、2022Dec25の23:59まで有効です。許諾番号30050195)

    26.
    下記の米沢牛の国際放送バージョン
    2015年12月16日(水)23:30〜 NHK WORLD “Delicious Japan!”
  • NHKの番組HPへ飛ぶ

    25.
    口溶けの良い脂と甘み!米沢牛
    2015年10月25日(日) NHK 総合テレビ「うまいッ!」
  • NHKの番組HPへ飛ぶ

    24.
    生体の肉用牛 10秒で霜降り数値化 価格評価より正確に 産業技術総合研究所
    2015年7月9日(木) 日本農業新聞
  • この新聞記事(紙面スキャン画像)を読むには、ここをクリックしてください(jpgファイル, 6MB)。
    この記事は、日本農業新聞社の許諾を得て転載しています(2023年1月20日まで). 
  • 記事(日本農業新聞へ飛ぶ)

    23.
    生きたまま霜降り計測
    2015年7月1日(水)TV東京 ワールドビジネスサテライト トレンドたまご

    22.
    生体で脂肪交雑計測 核磁気共鳴スキャナー 産総研
    2015年6月30日(火) 食肉通信

    21.
    牛の霜降りを生きたまま計測できる装置開発 産総研
    2015年6月23日(火) 食肉速報

    20.
    肉牛の霜降り「診断」 生きたまま10秒で
    2015年6月20日(土)日本経済新聞 夕刊
  • 記事の閲覧(日本経済新聞社のサイトへ飛ぶ。このリンクは、2022Dec25の23:59まで有効です。許諾番号30045658.)

    19.
    牛の霜降り状態を計測できる核磁気共鳴スキャナーを開発 産総研
    2015年6月4日 理系にゅーす
  • HPへ飛ぶ

    18xx.
    New non-invasive scanner can determine marbled meat in cattle
    2015年05月28日 Food in Canada
  • Food in Canadaへ 飛ぶ

    18x.
    Japan develops scanner to detect marbling in meat
    2015年05月26日(火)Far Eastern Agriculture
  • Far Eastern Agricultureへ 飛ぶ

    18.
    Japan Researchers Develop Scanner to Detect Marbled Meat in Cattle (霜降り計測用の核磁気共鳴表面スキャナ-を開発)
    2015年05月22日(金)The Wall Street Journal (オンライン版)
  • The Wall Street Journal (オンライン版)へ 飛ぶ

    17.
    生きたまま牛の霜降りを計測する装置開発! 非破壊計測で土木への応用も
    2015年5月19日 ハンジョー ハンジョー


    16.
    生きたまま牛の霜降り状態を確認できるスキャナー、産総研が開発
    2015年5月21日 excite ニュース


    15.
    生きたまま牛の霜降り状態を確認できるスキャナー、産総研が開発
    2015年5月21日 スラド
  • HPへ飛ぶ

    14.
    生きている牛の“霜降り”状態を計測できる装置、産総研が開発
    2015年5月21日 ITmediaニュース
  • HPへ飛ぶ

    13.
    産総研、生きたまま牛の霜降り状態を計測できる装置を開発
    2015年5月20日  財経新聞
  • HPへ飛ぶ

    12.
    牛の霜降り状態計測手法開発
    2015年5月19日 サイエンス ポータル
  • HPへ飛ぶ

    11.
    牛の霜降り状態を計測  生きている牛にスキャナー!
    2015年5月19日 共同通信社


    10.
    肉の霜降り具合 牛が生きたままで計測できる装置 - 産総研が開発
    2015年5月19日 マイナビニュース
  • HPへ飛ぶ

    9.
    産総研、生きたまま牛の"霜降り"状態を計測できるスキャナを開発
    2015年5月19日 やじうまPC WATCH
  • HPへ飛ぶ

    8.
    牛の霜降りを生きたまま測れるスキャナーを開発 ―競り市での価格評価の精度向上に貢献:産業技術総合研究所
    2015年5月18日 ウィークリー つくば サイエンスニュース


    7.
    牛が生きたまま霜降り状態を計測できる「核磁気共鳴スキャナー」
    2015年5月18日 ASCII.jp デジタル
  • HPへ飛ぶ

    6.
    「核磁気共鳴表面スキャナ-を開発 (技術で社会を先導、産総研のR&D 23)」
    2010年04月26日(月) 日刊工業新聞
  • この新聞記事を読むには、ここをクリックしてください(PDFファイル, 240kB)。
    この記事は、日刊工業新聞社の許諾を得て転載しています. 
  • 日刊工業新聞社のホームページへ飛ぶ

    5.
    「MRでトンネルのき裂検出」
    2008年11月20日(木) 機器検査ニュース

    開発した片側開放型の核磁気共鳴表面スキャナーの記事です。
    この記事は、産報出版株式会社の許諾を得て転載しています.
  • 産報出版株式会社のHPへ飛ぶ

    4.
    シリーズ「偉人たちの夢」 第104回 ジュール・ヴェルヌ
    2007年5月17日17時より、スカパーのサイエンスチャンネルでTV放映。
    ジュール・ヴェルヌのSF「地底探検」にからめて、地底で科学的計測を行うための機器として、核磁気共鳴物理探査装置を開発していることを紹介しています。
  • 科学技術振興機構のサイエンスチャンネルへのリンク(ネットで視聴できます)。

    3.
    「地球に穴を  ヴェルヌの夢道半ば」
    2006年10月28日(土) 読売新聞の朝刊

    巨大な鉄の自重による沈降を利用した、地球中心核(コア)への地底探査計画(コアプロジェクト)に関する記事です。
  • その記事の中にある、溶けた鉄を用いて20日でコアに達するケースを考察した論文の無料ダウンロード (PDF file 800 kB)。
  • 固体鉄球を用いて100年でコアに達するケースを考察した、別の論文の無料ダウンロード (PDF file 2900 kB)。
    この記事・写真等は、読売新聞社の許諾を得て転載しています.


    2.
    「NMRにこだわる」
    2004年8月27日(金) 日刊工業新聞 の人物紹介コラム

    この記事は、日刊工業新聞社の許諾を得て転載しています. この記事の著作権は、日刊工業新聞社に帰属します.
  • 日刊工業新聞社のホームページへ

    1.
    「産総研と筑波大などが、トンネル・ダムの表面亀裂を15mmまで定量計測できる片側開放型核磁気共鳴装置を開発」
    2004年8月24日(火) 日刊工業新聞

    この記事は、日刊工業新聞社の許諾を得て転載しています. この記事の著作権は、日刊工業新聞社に帰属します.
  • 日刊工業新聞社のホームページへ