納税者の皆様へ。

 

 

私が研究できるのは皆様のおかげです。
ありがとうございます。
私の仕事の簡単な解説をさせていただきます。

NMRのはなし | 粘土のはなし | マグネットのはなし| コアのはなし

核磁気共鳴装置だなんて、随分むずかしい名前ですが・・、
英語では、Nuclear Magnetic Resonance といい、略してNMRと呼んでいます。その中でも病院などにあるイメージングできる タイプのものをMRIといいます。
脳梗塞などで倒れたとき、病院にかつぎこまれるとすぐにMRI室に通されて頭の中を見られます。磁気を使っているので、本人はまったく痛くも痒くもなく、また、X線の被爆もなく、脳の血管のどこが切れたのか、すぐに分かるような装置です。(※ただし、ペースメーカーを入れている方、手術などで体内に金属がある方は、MRIでの検査はできません。MRIの検査をする前に必ず問診があるはずです。

このNMRを使って、コンクリート建造物の中の劣化した空隙を見つけられないだろうか?簡単に持ち運べてササッと検査できるNMRの開発がもっかの研究課題です。

また、ポータブルNMRの開発だけでなく、他にも色々研究しております。このページでは、NMRの話だけでなく、粘土のはなし、地球コアの探査計画、など色々取り上げていきたいと思っております。

では、上のメニューバーより、お好きな話題にお入りください。

Gallery
Download
研究内容をわかりやすく説明しています。よろしかったらダウンロードしてお読みください。
  1. 産総研広報誌(2005年10月号)・・PDF版

  2. 産総研広報誌(2004年8月号)・・・PDF版