印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


国立研究開発法人 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 合成生物工学研究グループ
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 生命機能分子工学分野 宮崎研究室

HOME > 大学院教育(成果・進路)

学生の成果発表・活動

論文発表

  1. Miyazaki K, Wiseschart A, Pootanakit K, Kitahara K (2020) Complete genome sequence of Vibrio rotiferianus strain AM7. Microbiol Resour Announc 9(21):e01591-19
  2. Miyazaki K, Hase E, Tokito N (2020) Complete genome sequence of Geobacillus sp. strain E55-1, isolated from Mine Geyser in Japan. Microbiol Resour Announc 9(20):e00339-20
  3. Miyazaki K, Hase E, Maruya T (2020) Complete genome sequence of Pseudomonas otitidis strain MrB4, isolated from Lake Biwa in Japan. Microbiol Resour Announc, 9(16):e00148-20
  4. Miyazaki K, Hase E, Maruya T (2020) Complete genome sequence of Bacillus cereus strain PL1, isolated from soil in Japan. Microbiol Resour Announc 9(12):e00195-20
  5. Tomariguchi N, Miyazaki K (2020) Complete genome sequences of Rhodothermus marinus strains AA2-13 and AA3-38, isolated from Arima Onsen hot spring in Japan. Microbiol Resour Announc 9(2):e.01475-19
  6. Miyazaki K, Izumi K (2019) Complete Genome Sequence of Alteromonas sp. Strain I4, Isolated from the Japan Sea. Microbiol Resour Announc 8(47):e01277-19
  7. Yu H, Taniguchi M, Uesaka K., Wiseschart A, Pootanakit K, Nishitani Y, Murakami Y, Ishimori K, Miyazaki K, Kitahara K (2019) Complete genome sequence of Staphylococcus arlettae strain P2, isolated from a laboratory environment. Microbiol Resour Announc 8(45):e00696-19
  8. Miyazaki K, Tomariguchi N (2019) Occurrence of randomly recombined functional 16S rRNA genes in Thermus thermophilus suggests genetic interoperability and promiscuity of bacterial 16S rRNAs. Sci Rep 9:11233
    Access the recommendation on F1000Prime
  9. Tomariguchi N, Miyazaki K (2019) Complete genome sequence of Rubrobacter xylanophilus strain AA3-22, isolated from Arima Onsen in Japan. Microbiol Resour Announc 8(34):e00818-19
  10. Miyazaki K, Tomariguchi N (2019) Complete genome sequences of Thermus thermophilus strains AA2-20 and AA2-29, isolated from Arima Onsen in Japan. Microbiol Resour Announc 8(31):e00820-19
  11. Sato M, Miyazaki K (2017) Phylogenetic network analysis revealed the occurrence of horizontal gene transfer of 16S rRNA in the genus Enterobacter. Front Microbiol. 8:2225
  12. Tsukuda M, Kitahara K, Miyazaki K (2017) Comparative RNA function analysis reveals high functional similarity between distantly related bacterial 16 S rRNAs. Sci Rep 7: 9993 <プレス報道>
  13. Miyazaki K, Sato M, Tsukuda M (2017) PCR primer design for 16S rRNAs for experimental horizontal gene transfer test in Escherichia coli. Front. Bioeng. Biotechnol. 5:14
  14. 西田梢、川島裕嗣、李慶武、佃美雪、森山幸祐、安齋賢、芦原聡介、上村拓也、草田裕之、朱丹、中村豪、久保田蘭、神徳徹雄、西岡将輝、沼田英子、一木正聡 「産総研イノベーションスクールによる子ども向け理科実験:色が変わる化学を身近なもので感じよう」科学技術コミュニケーション 19:73-84. PDF
  15. 佃美雪、宮崎健太郎(2015)「16S リボソーマルRNAの水平伝播実験から見えてくるリボソームの可塑性」生化学 87(4):475-477.(みにれびゅう)PDF
  16. Tsukuda M, Nakashima N, Miyazaki K (2015) Counterselection method based on conditional silencing of antitoxin genes in Escherichia coli. J Biosci Bioeng 120(5):591-595
  17. 佐藤允治(2014)「水平伝播による腸内細菌目16S rRNAの進化」日本ゲノム微生物学会 ニュースレター 9:9
  18. 宮崎健太郎、佃美雪佐藤允治(2014)「16S rRNA遺伝子の「水平伝播」―異種16S rRNAによる遺伝的相補―」化学と生物 52(2):70-72. PDF
  19. Tsukuda M, Miyazaki K (2013) Directed evolution study unveiling key sequence factors that affect translation efficiency in Escherichia coli. J Biosci Bioeng 116(5):540-545
  20. Tsukuda M, Miyazaki K (2013) DNA fragmentation caused by an overdose of Zeocin. J Biosci Bioeng 116(5):644-646
  21. Hosokawa-Okamoto R, Miyazaki K (2011) Escherichia coli host engineering for efficient metagenomic enzyme discovery. in "Metagenomics: Current Innovations and Future Trends" (ed. Diana Marco, pp. 241-252, Horizon Scientific Press)

学会・研究会発表

  1. ○Miyazaki K, Tomariguchi N (2018) "Interspecies exchange of 16S rRNA genes in Thermus thermophilus" International workshop on "50th anniversary of Thermus thermophilus discovery"
  2. 泊口菜月、○宮崎健太郎(2017)「Thermus thermophilusにおける16S rRNA遺伝子の水平伝播」第17回 岡山大学ー産総研 研究交流会
  3. 星野里樹佐藤允治、宮崎健太郎(2017)「好塩性アーキア16S rRNA遺伝子の系統ネットワーク解析」極限環境生物学会第18回年会
  4. 星野里樹(2017)「16S rRNA遺伝子の組換え進化に関する研究」細菌の構造と代謝の根幹解析研究会
  5. 泊口菜月(2017)「Thermus thermophilusにおける16S rRNA遺伝子の水平伝播」細菌の構造と代謝の根幹解析研究会
  6. 泊口菜月、玉腰雅忠、玉木秀幸、宮崎健太郎(2017)「Thermus thermophilusにおける16S rRNA遺伝子の水平伝播」環境微生物系学会合同年会2017
  7. Hoshino R, Miyazaki K (2017) "Domain-based chimeragenesis in E. coli 16S rRNA" Biosystems Design 3.0 (Singapore)
  8. 星野里樹、宮崎健太郎(2017)「大腸菌16S rRNAのドメインレベルでの遺伝子水平伝播」日本ゲノム微生物学会第11回年会
  9. 星野里樹(2017)「大腸菌における16S rRNA 置換技術」SATテクノロジー・ショーケース2017
  10. 泊口菜月、玉腰雅忠、玉木秀幸、宮崎健太郎(2016)「Thermus thermophilusにおける16S rRNA遺伝子の水平伝播」極限環境生物学会2016年度(第17回)年会
  11. ○宮崎健太郎、泊口菜月、玉木秀幸、玉腰雅忠(2016)「Thermus thermophilusにおける16S rRNA遺伝子の水平伝播」「細胞を創る」研究会9.0
  12. Tsukuda M, Miyazaki K (2016) "RINSPEX technique for Escherichia coli strain engineering" Biosystems Design 2.0 (Singapore) Poster Award Merit
  13. 佃美雪(2016)「大腸菌を用いたものづくりの基盤研究」SATテクノロジー・ショーケース2016
  14. 佃美雪、宮崎健太郎(2015)「大腸菌における16S rRNAの置換変異によるリボソームの寛容性の検証」第3回 Ribosome Meeting
  15. 佐藤允治、宮崎健太郎(2015)「バクテリア16S rRNA遺伝子の進化」第9回 日本ゲノム微生物学会年会
  16. 佃美雪、宮崎健太郎(2015)「リボソーム改変による大腸菌の高温適応進化」第9回 日本ゲノム微生物学会年会
  17. 佐藤允治、宮崎健太郎(2014)「水平伝播によるバクテリア16S rRNA遺伝子の進化の検証」日本進化学会 第16回大会
  18. 佃美雪、中島信孝、宮崎健太郎(2014)「Toxin-Antitoxin systemを利用した大腸菌カウンターセレクション技術の開発」第66回 日本生物工学会大会
  19. 佐藤允治(2014)「系統ネットワーク法を用いた16S rRNA 遺伝子の水平伝播による進化の検証」産総研 ゲノム情報研究センター 第3回セミナー
  20. 佐藤允治(2014)「水平伝播による腸内細菌目16S rRNAの進化」第8回 日本ゲノム微生物学会年会 優秀発表賞(博士課程の部)
  21. 佃美雪、中島信孝、○宮崎健太郎(2013)「アンチセンスRNAを用いた新規カウンターセレクション技術の開発」細胞を創る研究会6.0
  22. 佃美雪、宮崎健太郎(2013)「E. coli host engineering for efficient enzyme discovery」 CBI学会2013年大会 生命医薬情報学連合大会
  23. 佃美雪、宮崎健太郎(2013)「Ribosomal RNAの人工水平伝播による大腸菌宿主デザイン」細胞を創る研究会6.0
  24. 佐藤允治、宮崎健太郎(2013)「系統ネットワーク法で見る腸内細菌目16S rRNAの網状進化」第2回 Ribosome Meeting
  25. 佃美雪、宮崎健太郎(2013)「16S rRNA置換変異による大腸菌宿主改良」第2回 Ribosome Meeting
  26. 佃美雪、宮崎健太郎(2012)「16S rRNAの置換変異による大腸菌宿主デザイン」細胞を創る研究会5.0
  27. 佃美雪、北原圭、宮崎健太郎(2011)「Diversification of cellular phenotype through ribosome engineering in Escherichia coli」第10回 微生物研究会
  28. Tsukuda M, Kitahara K, Miyazaki K(2011)"Diversification of cellular phenotype through ribosome engineering in Escherichia coli" ERATO International Symposium on Synthesizing Life and Biological Systems
  29. 佃美雪、宮崎健太郎(2011)「進化工学的手法による異種蛋白質発現における発現律速因子の同定と発現効率化」第11回 日本蛋白質科学会
  30. 佃美雪、宮崎健太郎(2011)「進化工学的手法による異種蛋白質発現における発現律速因子の同定と発現効率化」第8回 21世紀大腸菌研究会
  31. 細川玲亜、宮崎健太郎(2011)「大腸菌翻訳開始因子IF3の遺伝子欠損株の作成」第8回 21世紀大腸菌研究会
  32. 佐藤結、宮崎健太郎(2010)ブレオマイシン耐性タンパク質を土台とした人工融合タンパク質の創出と進化の挙動解析、酵素工学研究会 第64回講演会
  33. 波岡梓、宮崎健太郎(2008)「構造スクリーニングに基づく蛋白質人工進化系の開発」第8回 日本蛋白質科学会

学位論文

  1. 佐藤允治(2017、博士(科学) )「バクテリア16S ribosomal RNA 遺伝子の進化」国会図書館 | 機関リポジトリ
  2. 佃美雪(2016、博士(科学) )「16S ribosomal RNA 遺伝子置換に基づく大腸菌リボソームの進化分子工学」CiNiiリンク 機関リポジトリ

受賞等

  • 佃美雪 (2016) "RINSPEX technique for Escherichia coli strain engineering" Biosystems Design 2.0 (Singapore) Poster Award Merit

  • 佐藤允治(2014)「水平伝播による腸内細菌目16S rRNAの進化」第8回 日本ゲノム微生物学会年会 優秀発表賞(博士課程の部)

  • 佐藤結(2010)メディカルゲノム専攻Excellent Resaerch Award

  • 佃美雪(2010)東邦大学理学部 卒業研究 優秀発表賞

進路

  • 学部生

    • 修士課程進学(東大院 新領域)

  • 修士課程

    • 民間企業:シグマクシス、NTTコムウェア、パナソニックシステムソリューションズジャパン 他

    • 博士課程進学(東大院 新領域)

  • 博士課程

    • 民間企業:花王

    • 産総研(契約職員)→国立遺伝学研究所

  • ポスドク

    • 民間企業:三井化学

    • 九大院(ポスドク)→静岡大学 助教

    • 阪大院(ポスドク)→北海道大学 助教

その他の活動

極限環境生物学会第18回年会(2017年)(実行委員長:宮崎)

事前準備としてポスター制作、ランチチケット制作、配布するランチの試食会(メニュー決め)、当日は、他研究室の学生メンバーとともに学会の運営(舞台音響・照明・マイク・受付・コーヒーサーブ・力仕事...)を行いました。 学会後も、11月には研究室メンバーでの慰労会@ビストロフレンチ、12月にはスタッフ全員での忘年会も開催。学会事務局も交えての一大インカレ系イベントになりました。

産総研一般公開(2015年)

イノベーションスクールの活動の一環として、小学生を対象とした理科実験のコンテンツ作りから当日の運営を行いました。当研究室からはイノスク生の佃美雪さんが参加。準備から本番まで大活躍しました。活動内容は、としてもまとめられています。
科学教育の論文

学会発表風景

Ribosome meeting '13
日本生物工学会 '14
Ribosome meeting '15
Biosystems Design 2.0 '16
「細胞を創る」研究会 '16
極限環境生物学会 '16
Biosystems Design 3.0 '17
環境微生物系合同年会 '17
極限環境生物学会 '17