はじめに

 田中真人(現:産業技術総合研究所 研究員)の研究内容紹介のホームページです。ご興味のある方は、問い合わせ等からご連絡をいただければ幸いです。

 放射光を利用して、主に生体分子の偏光特性(特に円偏光)を調べる装置開発とその利用を行っています。放射光施設は主に産総研TERAS、SPring-8KEK-PFなどを利用しています。特にTERASでは光源・ビームライン開発・整備・運転等も行っています。

 円偏光とはその電磁場の振動方向が伝播により円運動する光のことで、その向きによる左と右の円偏光が存在します。この円偏光の左右に対して、キラリティ(左右性;対掌性)をもつ物質の応答は僅かに異なります。これを円偏光二色性と呼びます。この円偏光二色性を調べることで、その物質のキラリティや分子構造情報を得ることができます。例えばタンパク質の二次構造解析に円偏光二色性は広く利用されています。

 生体分子のキラリティや立体構造を円偏光を用いて明らかにすることで、将来的な医薬品開発などへのアウトカムを目指しています。

 研究紹介等、適宜加筆修正していく予定です。

 産総研Todayに最近の研究成果、極紫外域における自然円二色性の初測定 が掲載されました。

 

お問合わせ先:

Email: masahito-tanakaaist.go.jp

@マークを半角にしてください

産総研の放射光施設

TERASの概観図

 (リンク1

 (リンク2