小野恭子の個人ページ



           

業績一覧

【著書・刊行物】

  • 小野 恭子,岩田 光夫,中西 準子.詳細リスク評価書シリーズ 7 p-ジクロロベンゼン,丸善(株), 2006/01/20.(アマゾンへのリンク).

  • 小野 恭子,蒲生 昌志,宮本 健一,中西 準子.詳細リスク評価書シリーズ 13 カドミウム,丸善(株),2008/01/30.(アマゾンへのリンク).

  • 小野 恭子,中西 準子.詳細リスク評価書シリーズ 21 六価クロム,丸善(株),2008/05/30.(アマゾンへのリンク).

  • Kyoko Ono, Mitsuo Iwata, Junko Nakanishi. AIST Risk Assessment Document Series No. 8 para-Dichlorobenzene,産総研,2008/07/15.(ダウンロードサイトへリンク).

  • 恒見 清孝,吉田 喜久雄,布施 正暁,石川 百合子,小野 恭子,蒲生 昌志,竹下 潤一,内藤 航,加茂 将史,牧野 良次.リスクトレードオフ評価書 金属 -鉛はんだ-,産総研 安全科学研究部門,2012/09/30.(ダウンロードサイトへリンク).

  • Satoshi Murao, Kyoko Ono. Current Status And Future Of Lead-Based Paints And Pigments In Asia And The Pacific -FINAL REPORT-,UNEP,2012/09/18.(INTERIM version ダウンロードサイトへリンク).

  • Kiyotaka Tsunemi, Kyoko Ono. Metal Risk Tradeoff Assessment Document -Summary-,産総研 安全科学研究部門,2014/03/14.

  • 村上道夫,永井孝志,小野 恭子,岸本充生.基準値のからくり,講談社ブルーバックス,2014/06/20.(アマゾンへのリンク).

【査読付き論文】

  • Kyoko Ono, Jun Kohzaki, Jun Nakamura (2016)Quantitative survey of the amount of moth repellent used in Japanese households to estimate indoor exposure levels, Indoor Environment(室内環境) ,19-1,pp.11-22 (J-STAGEにリンク)

  • Michio Murakami, Kyoko Ono, Masaharu Tsubokura, Shuhei Nomura, Tomoyoshi Oikawa, Toshihiro Oka, Masahiro Kami, Taikan Oki(2015)Was the risk from nursing-home evacuation after the Fukushima accident higher than the radiation risk?,PLOS ONE, 10-9, pp.e0137906 (PLOS ONEのページにリンク.オープンアクセス)

  • 小野 恭子(2014)リスク評価研究はリスクガバナンスにどのように活かされるか?-中国における鉛のリスク評価を事例として-,アジア研究,60-3,pp.88-99 (J-STAGEにリンク)

  • Michio Murakami, Kyoko Ono, Jun Nakatani(2015)Perception of radiation risk and willingness to return home following decontamination, Environmental Science (環境科学会誌),28-3,pp.193-210 (J-STAGEにリンク)

  • Kyoko Ono(2013)Past and future cadmium emissions from municipal solid-waste incinerators in Japan for the assessment of cadmium control policy, JOURNAL OF HAZARDOUS MATERIALS,262,pp.741-747 (Elsevierのページにリンク)

  • Tetsuo Yasutaka, Yumi Iwasaki, Shizuka Hashimoto, Wataru Naito, Kyoko Ono, Atsuo Kishimoto, Kikuo Yoshida, Michio Murakami, Isao Kawaguchi, Toshihiro Oka, Junko Nakanishi (2013)A GIS-based evaluation of the effect of decontamination on effective doses due to long-term external exposures in Fukushima,Chemosphere,93(6),pp.1222–1229 (Elsevierのページにリンク.オープンアクセス)

  • 小野 恭子(2012)金属類の媒体間移行暴露モデルでの使用を目的とした土壌-植物移行量予測の現状と課題およびコメ中カドミウムにおけるケーススタディ,日本リスク研究学会誌, 21-3:183-193

  • 小野 恭子(2010)コメ中カドミウム(Cd)の生涯平均曝露濃度を用いたコメのCdに関するリスク管理方法,日本リスク研究学会誌, 20-3:203-210

  • Naohide Shinohara, Kyoko Ono, Masashi Gamo(2008)p-dichlorobenzene Emission Rates from Moth Repellents and Leakage Rates from Clothes Storage Cases. INDOOR AIR 18:63-71

  • 神谷 貴文,小野 恭子,吉田喜久雄(2007)めっき工場および道路標示に由来する土壌クロム濃度の推定とミミズへの影響,環境科学会誌,20,461-475

  • Masashi Gamo, Kyoko Ono, Junko Nakanishi(2006)Meta-analysis for Deriving Age- and Gender-specific Dose-Response Relationship between Urinary Cadmium Concentration and β2-microglobulinuria,ENVIRONMENTAL RESEARCH,101-1,104-112

  • 小野恭子,蒲生昌志,中西準子(2005)日本における非鉄金属生産過程を通じたカドミウム廃棄量の推定,環境科学会誌,18,573-582,2005

  • 小野(伊津)恭子,山本和夫,中島典之:光合成細菌を用いた廃水処理における紅色非硫黄細菌の選択的増殖のための諸条件の検討,水環境学会誌,27(4),261-266, 2004

  • 小野(伊津)恭子,山本和夫:光合成細菌を用いた廃水処理・有価物生産における紅色非硫黄細菌群の選択的増殖の促進,土木学会論文集No.699/VII-22,23-31,2002

  • Kyoko IZU, Fumiyuki NAKAJIMA, Futoshi KURISU and Kazuo YAMAMOTO:Aeration conditions affecting growth of purple nonsulfur bacteria in an organic wastewater treatment process, Systematic and Applied Microbiology July 2001, vol. 24, no. 2, pp. 294-302(9),2001

  • Fumiyuki NAKAJIMA, Kyoko IZU and Kazuo YAMAMOTO: Material recovery from wastewater using photosynthetic bacteria, In : Advances in Water and Wastewater Treatment Technology - Molecular technology, nutrient removal, sludge reduction, and environmental health (Eds: T. Matsuo, K. Hanaki, S. Takizawa and H. Satoh), pp.261-269, Elsevier Science , 2001

  • 伊津恭子,中島典之,山本和夫:紅色非硫黄細菌を用いた排水再資源化における微生物共生系を用いた硫化物阻害の緩和に関する検討, 環境工学研究論文集, Vol.35, pp.439-446, 1998

【解説・総説】

  • 永井 孝志、藤井健吉、平井祐介、村上道夫、小野恭子、保高 徹生、河野真貴子、井上知也、岸本充生(2016)化学物質のリスクを中心としたレギュラトリーサイエンスの事例解析 ―日本リスク研究学会レギュラトリーサイエンスタスクグループ活動報告―,日本リスク研究学会誌,26-1,pp.13-21(査読あり)

  • 小野恭子(2015)化学物質分野における社会の安全目標,日本リスク研究学会誌,25-2,pp.91-94

  • 小野恭子(2013)リスク評価を意思決定に活かすために,まてりあ,52-4,pp.163-165

  • 村上道夫,小野恭子,保高徹生(2013)除染後の被曝量と帰還意志,環境と公害,42-4,pp.42-48

  • 小野恭子(2013)化学物質安全のためのレギュラトリーサイエンス ~化学物質のリスク評価・管理の観点からの考察~,環境科学会誌,26-5,pp.440-444(査読あり)

  • 小野恭子(2012)化学物質のリスク評価と管理(大気汚染物質のヒト健康影響を中心として)-第3講 曝露量推定モデルの必要性と役割-,小野 恭子,大気環境学会誌,47-4,pp.A37-A43(査読あり)

  • 川崎 晃、河野憲治、永井孝志、小野恭子、青木政典、亀和田國彦、渡辺和彦、後藤逸男、石川 覚(2012)農業環境の重金属問題をリスクの視点から見つめる,日本土壌肥料学雑誌,83-3,pp.344-350(査読あり)

【招待・依頼講演】

  • 小野恭子:知れば社会が見えてくる?! 消費期限と賞味期限のからくり,トライボロジー研究会 第27回講演会(横浜,2016/01/22)

  • 小野恭子:化学物質分野における安全目標,日本リスク研究学会公開シンポジウム「社会の安全目標とリスク・アプローチの役割」,(東京,2015/06/25)

  • 小野恭子:科学と政策をつなぐ,もう一つの科学~レギュラトリーサイエンス~,言論責任保証協会研究会(つくば,2015/04/30)

  • Kyoko Ono:Risk assessment and risk management of metals - A case study of risk assessment on lead in China -,UNEP-CCOP-GSJ/AIST Workshop on “The Risk Management of Mercury in and around the Artisanal/Small-Scale Gold Mining Sites”(Bangkok,2014/11/21)

  • Kyoko Ono:Risk trade-off analysis of metals: A case study of solder alloys,環境リスク評価における金属の特異性に関する日欧共同ワークショップ(東京,2014/09/02)

  • Kyoko Ono:Practice and application of risk assessment on industrial chemicals,ILSI HESI Workshop Risk Assessment in the 21st century(東京,2013/07/05)

  • 小野恭子:レギュラトリーな科学の重要性と研究者の役割,日本リスク研究学会第25回年次大会(彦根市,2012/11/10)

  • Kyoko Ono:Deficits in risk assessment of radioactive materials,SRA World Congress on Risk 2012(Sydney, Australia,2012/07/19)

  • 小野恭子:被ばく量と健康影響の作法~レギュラトリーな科学の必要性~,ポスト3・11のリスクガバナンスを考えるワークショップ(静岡,2012/03/26)

  • 小野恭子:リスク評価の失敗学,日本リスク研究学会若手会員が企画するワークショップ(浜松,2011/11/18)

  • 小野恭子:純粋科学と意思決定をつなぐ道具としての規制科学 ~化学物質のリスク評価・管理の観点からの考察~,農業環境技術研究所第11回有機化学物質研究会(つくば市,2011/10/04)

  • 小野恭子:コメ中カドミウムの生涯平均曝露濃度を用いたリスク管理方法,日本土壌肥料学会2011年度大会(つくば市,2011/08/08)

  • Kyoko Ono:Chemical risk assessment for a better decision making,UNEP-AIST Workshop, Responsible production and Industrial Risk management (Bangkok,2011/03/24)

  • Kyoko Ono:Risk assessment and risk management of cadmium,UNEP-AIST Workshop, Responsible production and Industrial Risk management (Bangkok,2011/03/24)

  • 小野恭子:汚染物質のリスクアセスメント:カドミウム, 特定非営利活動法人 日本国際生命科学協会 (東京 2002/11/15)

 

【学会発表(登壇のみ)】

  • 小野 恭子(2015)化学物質の安全目標は管理にどう使われてきたか?日米の基準値設定事例から, 日本リスク研究学会第28回年次大会(名古屋、2015/11/21)

  • 小野 恭子,恒見清孝(2014)日本における水素ステーションの社会受容性とリスク認知に関する事前調査,日本リスク研究学会第27回年次大会(京都、2014/11/29)

  • 小野 恭子,恒見清孝(2014)アジアにおける鉛の簡易な曝露評価手法の検討-中国のE-waste集積地を例に-,環境科学会2014年会(つくば、2013/09/18)

  • 小野 恭子(2014)リスク評価研究はリスクガバナンスにどのように活かされるか 中国における鉛のリスク評価を事例として,アジア政経学会東日本大会(横須賀、2014/10/18)

  • 小野 恭子(2013)食品の賞味期限はどのように決まる?,日本リスク研究学会第26回年次大会(東京、2013/11/16)

  • 小野 恭子,村上道夫,中谷隼(2013)放射性物質除染後の帰還意志を決定する因子に関する定量化の試み,日本リスク研究学会第26回年次大会(東京、2013/11/16)

  • 小野 恭子,村上道夫,中谷隼(2013)除染後のふるさとへの帰還を決定する因子~オンラインアンケートによる定量化の試み~,環境科学会2013年会(静岡、2013/09/04)

  • 小野 恭子、恒見 清孝、蒲生 昌志、布施 正暁、竹下 潤一、牧野 良次、川本 朱美(2012)Quantitative analysis of risk vs. risk trade-offs for substituting lead-free solder for lead solder, Society for Risk Analysis, 2012 Annual meeting(サンフランシスコ、2012/12/10)

  • 小野恭子(2012)リスク評価を目的とした非鉄金属鉱山からのカドミウム廃棄量推定,環境地質学シンポジウム(つくば、2012/12/08)

  • 小野 恭子、村上道夫(2012)避難のリスクと帰還による便益の定量化の試み,放射性物質汚染の除染のあり方を考えるワークショップ(東京、2012/11/19)

  • 小野 恭子、保高 徹生、内藤 航(2012)放射性物質の除染の優先順位付けに資するリスクベネフィット解析,第10回環境研究シンポジウム(東京、2012/11/14)

  • 小野恭子(2012)金属類の環境媒体間移行暴露推定ツール(AIST-MeTra)の開発,日本リスク研究学会第25回年次大会(彦根、2012/11/10)

  • 小野恭子(2012)重金属の大気中濃度推定におけるAIST-ADMERの適用可能性に関する基礎的検討:カドミウムを例に,大気環境学会(横浜、2012/09/12)

  • Kyoko ONO, Teruko Toyoda, Shinji Shimada, Toyohiko Nezu(2011)Exposure assessment for ambient hexavalent chromium (Cr(VI)) in Japanese industrial area,Society for Risk Analysis 2011 Annual Meeting,(米国サウスカロライナ州チャールストン、2011/12/05)

  • 小野 恭子、恒見 清孝(2011)鉛はんだ代替に伴う金属のヒト経口暴露量の推定 -関東地方のコメを対象とした試算-,日本リスク研究学会第24回年次大会(浜松、2011/11/20 )

  • 小野 恭子(2011)一般廃棄物焼却炉から排出されるカドミウム量の経年変化,廃棄物資源循環学会研究発表会(東京、2011/11/05)

  • 小野 恭子,豊田照子,嶋田真次,根津豊彦(2011)六価クロムのリスク把握を目的とした大気中濃度の実測と大気拡散モデルによる推定,環境科学会2011年会(西宮市 2011/09/09)

  • 小野 恭子(2010)媒体間移行暴露モデルでの活用を目的とした金属類の土壌-植物移行係数に関する検討,2010年度日本リスク研究学会第23回年次大会(東京 2010.11)

  • 小野 恭子(2008)カドミウムのリスク管理方法に関する検討~米中カドミウム濃度の流通管理基準値に対するリスク削減幅の関係,2008年度日本リスク研究学会第21回年次大会(大阪 2008.11)

  • Kyoko ONO, Yoshihiro GAMO (2007) Cost effectiveness of reducing heavy metal emissions from municipal solid waste incinerators in Japan. Society for Risk Analysis annual meeting (San Antonio, USA, 2007.12)

  • Kyoko ONO, Teruko Toyoda, Shinji Shimada (2007). Determination of airborne hexavalent chromium (Cr(VI))fractionated by particle size and estimation of ambient air concentration of Cr(VI) in Japan. 17th Annual Conference of International Society of Exposure Analysis. (Durham, USA, 2007.10)

  • 小野 恭子、豊田照子,嶋田真次(2007)日本における大気中六価クロム濃度の実測および吸入暴露評価,第48回大気環境学会年会(岡山 2007.09)

  • 小野 恭子(2006)室内における化学物質濃度およびその分布の推定方法に関する検討 p-ジクロロベンゼンを例に,日本リスク研究学会(つくば 2006.11)

  • 小野 恭子、蒲生 吉弘、豊田照子(2006)大気拡散モデルを用いた大気中6価クロム濃度の推定および実測値との比較,第47回大気環境学会年会(東京 2006.9)

  • Kyoko ONO, Mitsuo Iwata (2006) The exposure assessment and the risk assessment of para-dichlorobenzene for japanese general population,International Conference on Environmental Epidemiology & Exposure (Paris, France, 2006.09)

  • 小野恭子,蒲生昌志(2005)防虫・消臭剤の室内使用の有無を考慮したp-ジクロロベンゼンの室内濃度分布の推定,環境科学会2005年会プログラム,10-11(名古屋 2005.9)

  • Kyoko ONO, Masashi GAMO and Junko NAKANISHI (2004)Substance Flows of Cadmium in Japan, 13th SRA Europe Annual Meeting 2004. (Paris, France, 2004.11)

  • 小野恭子,蒲生昌志(2004)日本の非鉄金属鉱山における採鉱に伴って廃棄されたカドミウム量の推定,環境科学会2004年会プログラム,74-75(西宮 2004.10)

  • Kyoko ONO, Masashi GAMO and Junko NAKANISHI (2003)Factors affecting cadmium concentration in rice in Japanese paddy fields, SETAC 24th Annual Meeting in North America. (Austin, USA, 2003.11)

  • 小野恭子,蒲生昌志(2003)一般廃棄物の焼却排ガスに由来するカドミウムの水田土壌への寄与,第14回廃棄物学会研究発表会講演論文集II,1256-1258 (つくば2003.10)

  • Kyoko ONO-IZU, Fumiyuki NAKAJIMA, Kazuo YAMAMOTO, Futoshi KURISU : Dissolved oxygen concentration affecting a selective growth of purple non-sulfur bacteria in an organic wastewater treatment, the Proceedings of ISME9, p.384 (アムステルダム, 2001.8)

  • 伊津 恭子,中島 典之,栗栖 太,山本 和夫:光合成細菌を主体とする廃水処理微生物群のPCR-DGGE法とFISH法を用いた解析, 第3回水環境学会シンポジウム講演集, p.86-87(寝屋川, 2000.9)

  • Kyoko IZU, Fumiyuki NAKAJIMA and Kazuo YAMAMOTO:Bacterial community monitoring of photosynthetic sludge for kinetic model construction. The Proceedings of International Symposium on Establishment and Evaluation of Advanced Water Treatment Systems Using Functions of Complex Microbial Community. 369-370(東京, 2000.3)

  • 伊津恭子,中島典之,山本和夫:光合成細菌を用いた廃水処理における微生物相の変遷(通気条件の検討とRhodobacter sphaeroidesの消長)"Bacterial Community Change on Wastewater Treatment Using Photosynthetic Bacteria(PSB)" 第34回日本水環境学会年会講演集, p.147(京都, 2000.3)

  • Kyoko IZU, Fumiyuki NAKAJIMA and Kazuo YAMAMOTO:Role of purple sulfur bacteria to alleviate sulfide inhibition against growth of purple nonsulfur bacteria in a resource recovery process from wastewater. The Proceedings of 7th IAWQ Asia-Pacific Regional Conference ASIAN WATERQUAL '99, 698-703(台北, 1999.10)

  • Kyoko IZU, Fumiyuki NAKAJIMA and Kazuo YAMAMOTO:A resource-recovery process from wastewater using purple non-sulfur bacteria Rhodobacter sphaeroides. The Proceedings of International Workshop on Quantitative Microbiology and Risk Assessment-Water Quality Management for Human Health. 131-132(東京, 1999.3)

  • 伊津恭子,中島典之,山本和夫:紅色非硫黄細菌を用いた排水再資源化における競合微生物の解析 第33回日本水環境学会年会講演集, p.44(仙台, 1999.3)

  • 伊津恭子,中島典之,山本和夫:紅色非硫黄細菌を用いた排水再資源化における微生物共生系を用いた硫化物阻害の緩和に関する検討, 環境工学研究論文集, Vol.35, pp.439-446(京都, 1998.11)

  • 伊津恭子,中島典之,山本和夫:紅色非硫黄細菌の増殖に対する硫化物の影響, 第33回環境工学研究フォーラム講演集, pp.129-131(金沢, 1996.12)