増田幸治(Koji Masuda)

Researcher ID P-5707-2016
ORCID 0000-0001-7468-3762

【研究テーマ】
高温高圧下での室内岩石実験による地震発生過程の研究
地球惑星内部ダイナミクスの研究
科学技術と持続的発展可能な社会

地震発生機構における流体と物理化学過程の役割
  • 流体と地震発生(物理過程)
  • 地殻深部物質と流体の反応が地震発生に関与するメカニズム(物理化学過程)
  • Induced seismicityの実験的研究,クラックを含む岩石の物性への影響モデル化


    【専門】
    岩石力学,地球内部物理学,地震学

    【略歴】
    1988-1989:名城大学非常勤講師
    1990:工業技術院 地質調査所 環境地質部
      (1993-94) Institute of Geophysics & Planetary Physics, University of California, Los Angeles (UCLA)
        地質調査所企画室,地震地質部
    2001:産業技術総合研究所
        地球科学情報研究部門,地質調査情報部,技術情報部門,地質情報研究部門
        第1期「持続性に向けた産業科学技術委員会」委員長
    2007 企画本部 総括企画主幹(研究組織設計評価,運営諮問会議担当),イノベーション推進室 総括企画主幹(地質分野担当)
        評価部 評価企画室長
    2009 活断層・地震研究センター 地震素過程研究チーム長
    2014 活断層・火山研究部門 副研究部門長
    2019  (兼 地震テクトニクス研究グループ長)

    【教育関連】
    1999.10- 2013:東北大学連携大学院
     集中講義(東北大学大学院理学研究科)
      岩石物性と地震−岩石実験を中心として−(2000.11.6-8)
      岩石物性と地震−岩石実験を中心として−(2002.12.18-20)
      岩石の物性と地震発生過程(2004.11.15-17)
      岩石物性と地震発生過程(2010.11.29-12.01)
      岩石物性と地震発生過程(2013.11.25-27),実験地震学と地震素過程研究(2013.11.26)
    2014:
     講義:岩石の物性と地震発生機構(2014.7.25,日本大学文理学部地球システム科学科)

    【学会等委員】
    1996-2006:日本応用地質学会 国際委員
    2002-2004:日本地震学会 理事・学会情報誌編集委員長
    2004-2009:地震予知研究協議会計画推進部会 地震発生の素過程部会 委員
    2005-2009:統合国際深海掘削計画(IODP)国内科学計画委員会 非破壊計測WG 委員
    2006-2007:統合国際深海掘削計画(IODP)国内科学計画委員会 科学計測専門部会 委員
    2006-2007:日本地震学会「地震」編集委員
    2012-2014:東京大学地震研究所共同利用委員会委員
    2005-2018:日本地質学会 地質学雑誌編集委員

    【競争的資金:外部資金】
    科学技術振興調整費(1999年度−2003年度)「陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究」(分担)
    科研費 基盤研究(C)(2007年度−2009年度)「大陸地殻の脆性-塑性遷移と細粒長石の塑性変形」(分担)
    科研費 基盤研究(C)(2015年度−2017年度)「岩石強度の時間変化メカニズムに対する水の影響の解明」(代表)

    【資格・免許】
     高圧ガス製造保安責任者(甲種機械,乙種化学)
     甲種危険物取扱者,衛生工学衛生管理者,エックス線作業主任者
     技能講習修了(有機溶剤作業主任者,特定化学物質等作業主任者,床上操作式クレーン運転,玉掛)
     ITパスポート
     2級知的財産管理技能士


    Masuda Home