科学切手の世界

 科学って面白そうだけどちょっとなぁと思ってる若人諸君、最近科学が面白く無いなあと倦怠期状態の研究者のみなさん。 そんなあなたにこのコーナー「科学切手の世界」! ある時は馬鹿馬鹿しくある時はマニアックに、とっつきにくい科学を切手で紹介してみました。 (ただしあまり勉強にはならないと思いますが・・・)

 アイデアはあっても時間は足りない。 (; _ ;)   どうか長ーい目でみてやってください。 ともあれ、もう一つの二次元上の科学をしばしお楽しみ下さい。


お品書き

 
丸 切手周期表 [11/30/2016 updated] 更新
  
 大いなる野望か? 無謀な企画か? 完成するのはいつの日か! なんたって数が多いから..... 長ーい目で見てやって下さい。今回は久しぶりのメジャー元素硫黄。

 

丸 紙の上の分子たち [11/30/2016 updated] 更新
  
 元素が有れば、分子も有る。 普通の人にはABCや唯の丸の集まり。 でも化学者にとっては、トレンディドラマ(古代語)よりリアルな世界!(喜ぶべきか悲しむべきか?) 今回のネタはゴムの素

 

丸 日本にもあるぞ科学の切手 [6/27/2016 updated]
  
 なかには格好いい奴もいるんだよ。 全てがそうという訳でもないんだけど(もちょっとがんばれ日本郵便事業株式会社!) 2010年代ネタを2つ(再びのリニアモーターカーともう5回目の野口英世さん)追加

 

丸 科学的風景印の世界 [11/30/2016 updated] 更新
  
 「日本にもあるぞ科学の切手」から分家したこのコーナー。今回は小さな小さな科学。

 

丸 どアホな奴等(科学切手編) [11/30/2015 updated]
  
 世の中には「何を考えてんだー」って事が良くあるが、切手の世界もまた然り。 笑って赦してあげましょう。 今回追加は知ってるようで知らない人

 

丸 研究関連切手の紹介 [5/21/2012 updated]
  
 学会でのプレゼンテーション用タイトルOHPに、ホームページを飾るアイテムに、科学の切手はいかが? これでつかみはOK!かな でも当ページ1の不人気コーナー。 中国の電子顕微鏡の切手画像追加しちゃいました。

 

丸 切手の中の科学者列伝 [2/25/2014 updated]
  
 超有名人から贔屓の引き倒しまでいろんな科学者が切手になってます。 今回は2013年末に恩赦されたこの人。

 

丸 世界の世界化学年切手 [4/26/2013 updated]
  
 行き当たりばったり思い付き期間限定企画。 微力ながら世界化学年宣伝に貢献します!(全く無視してくれちゃった日本郵政への当てつけでもあったりしますが)  さすがにもう無いでしょうと思ってたら、1年も遅れて来た奴が。。。

 

丸 物理の法則 on Stamp [6/27/2016 updated]
  
 「科学の切手といいつつ、化学ばっかじゃないか」とお思いのあなた。お待たせしました。 今回は古典ネタ、フーコーの振り子

 

丸 逆・質問箱のコーナー [9/30/2015 updated]
  
 わからん!何かいわくありげだが、非才浅学の我が身では.... なんて時は人に頼ってしまえ!という訳でできてしまったこのコーナー。 皆さんだけが頼りです。 こんな私を助けて下さい。 今回は皆目見当がつきません><b

 

丸 今回の一品 [9/30/2016 updated]
  
 どこのコーナーにも分類できないけどナイスな科学切手。そんな奴らを紹介するページを作ってみました。今回は数学の美しい切手を紹介。ネタに困って作ったという訳ではほぼありませんw

丸 切手の中の科学 [9/30/2016]
  
 ちょっと科学的に変わった切手を紹介します。今回は加工編に発光切手をご紹介

 

丸 参考文献一覧 [10/29/2015]


丸 科学切手系ホームページリンク集 [9/30/2015 updated]
  
 増補して参考文献一覧から分離独立を果たしました。 個性的なホームページをご紹介します。川井正雄氏の「切手趣味の私in 私のヨコ顔」 を追加しました


注意) 掲載している切手画像をプリンター等で印刷する場合、切手画像の印刷サイズによっては郵便切手類の製造、偽造、変造等の取り締まりに関する法令等に抵触する場合がありますので扱いには十分注意してください。

背景に使用した切手は1939/9/1にフランスから発行されたキュリー夫妻ラジウム発見40年(寄付金付き)切手です。 モノトーンの落ち着いた青(背景用に色調はかなり落としてます)に丁寧なデザイン、キュリー夫妻物ではベストではないかと思います。 同日に同図案でフランスの植民地(当時)などからもオムニバス発行されています。
ご意見・ご感想はこちら →   ぽすと

[Top Page]