切手の中の科学

 科学切手といえば科学ネタを描いた切手だけではありません。科学技術を活用して作られた切手もあるのです。ここではそんなちょっと変わった切手達をご紹介します。

素材編 金属箔 素材編 プラスティック 加工編


素材編 金属箔

薄くても重い

金箔切手

 金属箔の切手はいろいろあれど、やはり一番種類が多いのはです。(値段が高く売れる分それだけ儲けも多いから?)

右の切手は金箔一番切手のシュバイツァーを描いたガボンの切手。 手に持った感じも薄いのに結構重く、金の密度の高さを実感できます。初期の金属箔切手はほとんどこの切手のように凹凸をつけて(切手用語ではエンボスと言います)デザインを表現してます。



金には負けるけど・・・

銀箔切手

 金箔ほど多くは無いにしろ切手というのもあります。

 種類が少ないのは、希少性が金ほどには高く無い事と、酸素、硫黄やハロゲン元素等と反応しやすく変色しやすいのもその理由にあるようです。その為かこのようにパッキングされた形で売られる事が多いです。



最初の金属箔切手

アルミ箔切手

 アルミ箔切手というのもあります。それも初めての金属箔切手として(1955年発行 二番目は十年後の1965年発行の上述のガボンの金箔切手)

 この切手は初期の金属箔切手としては例外的にアルミ箔上にエンボスでは無く、単色で強引に直接印刷しております。その為、細かな印刷部分が欠けたりする事も結構あるそうです。



くっつきます
出典: 齊藤正巳氏著 
切手が伝える化学の世界
 化学に親しむはじめの一歩
鉄切手

鉄箔 +α

 数は少ないですが切手もあります。ただし金・銀・アルミのように柔らかくは無いのでエンボス加工の切手は無く、このブータンの切手(左:製鉄の歴史)のように直接印刷されています。

 また、箔ではありませんが、鉄の微粒子をインクに混ぜて印刷されたイタリアの切手(右:製鉄100年・イタリア製鋼会社連盟記念)というのもあります。その証拠に磁石にくっつきますw



素材編 プラスティック

刺繍切手

PET切手

見えますよ〜 見えますよ〜
 プラスティック切手の一番手を飾るのは皆さんもご存知のペットボトルの材質にも使われているPETの切手。 ペットボトルと同じく色んな色をつける事ができますが、基本は無色なのでPET切手を貼ると下地が透けて見えますw

 PETはフィルムだけでなく繊維としても使われてます。世界初の刺繍切手(スイス)の糸もPETが使われました。



翼君!岬君!

ポリウレタン切手

 ポリウレタンは建材・塗料・伸縮素材等いろいろな所に使われていますが、なじみ深いところではサッカーボールの素材にも使われています。このサッカーボール切手は見た目だけでなく材質も、UEFAチャンピオンズリーグ(ヨーロッパのサッカークラブチームNo.1を決める大会)2008でボールに使用された素材と同じポリウレタンでできてます。

 あの反発性はポリウレタンに空気のような気体の泡を入れる(専門用語では発泡と言います)事により実現します。また、発泡ウレタンは断熱性もよい事から、家の建材にも使われています。



レコード切手

ポリ塩化ビニル切手

 変わり種切手では有名なブータンのレコード切手。この素材は塩化ビニルなので普通のレコードと違いペラペラです。(その昔、学習雑誌の付録によく付いてた「ソノシート」と同じです。若い方はご存知無いかもしれませんが・・・)

 全部で7種あるそうで、ブータンの国家、歴史、観光案内等がペラペラでもちゃんと実際にも聞けます。
 残念ながら私はこれ一つしか持ってませんが^^;



デデロン初日カバー

デデロン切手

 デデロンとはこの切手を発行した旧東ドイツ(Deutsche Demokratische Republik)の略称DDRにちなんでつけられた名前で、世間一般的にはナイロンと呼ばれる化学繊維です。

 切手は「自由と社会主義のための化学」の小型シートでデザイン自体からも化学ぅ〜という感じがプンプンします。しわは元からあったのではなく、封筒に糊で貼った際紙との伸縮率が違って、乾いた時にその歪みで生じた物です。

 なお、今でもヨーロッパの一部ではデデロンの名でも通じるようです。

つくばの怪しい研究者すぎりんさん・宮澤さん情報ありがとうございました


カナダの国旗

レーヨン切手

 レーヨンは狭義にはプラスティックと違い、紙の材料になる木材パルプや綿等の天然素材(セルロース)を化学的処理(アルカリと二硫化炭素に溶かした後、酸の中で糸にする)をした再生繊維です。その為、加工処理(二硫化炭素は毒性があるので除去しないと環境に優しいとは言えない)したあと埋めると土に戻り消滅するそうです。この切手も土に埋めたら分解するかは・・・勿体なくて試せません><

シャルドネ
火だるま・・・じゃなくて
レーヨンの発明者シャルドネさん
 開発当初はニトロセルロースニトロと名についてる物質は大抵燃えやすい性質があるので要注意!を原料としていた為極めて燃えやすく、レーヨンのドレスを着た人間が火だるまになるという恐ろしい事故が頻発したので一時生産が中止された。
 なお、現在のレーヨンはセルロースそのものからできている物だそうなので安心して使えます。



[科学切手の世界に戻る]