日本の科学切手 2000年代編


湯川博士 Not So Bad

 20世紀デザインシリーズ10集
「湯川秀樹博士ノーベル物理学賞」 2000.5.23発行

 湯川博士再登場。 中間子のキャッチボールは相変わらず(但し2個に増えているのに注目)だが、 数式が入ってマニア心をくすぐります。(でも理解はできない。誰か教えて!
ただし、湯川博士の顔色が不気味なほどに悪い・・・ 色彩センス最悪じゃぁ



中谷宇吉郎 Not So Bad

文化人切手 生誕100年

「中谷宇吉郎」 2000.11.6発行

中谷宇吉郎  久しぶりの科学者切手のNew Face! 雪の結晶の美しさにとりつかれた研究者、中谷宇吉郎(1900〜1962 右切手)その人です。  この結晶の形というのはいろいろあって(切手背景にもちらほら)実は雪が出来た所での湿度と温度で決まっており、彼はそれを世界で始めて人工雪を作って立証したのです。(雪を作ると言っても氷と違って結構難しい)

 この雪の結晶の形と湿度・温度の関係を表す図は彼の業績を称えて「中谷ダイアグラム」と呼ばれています。(残念ながらデザインに加えていただけませんでしたが)  「雪は天から送られた手紙」というのは彼の言葉ですが、その便りには遥か頭の上のお天気も書かれていると言ったところでしょうか?

 なお、彼の師匠も切手になっております。 文化人切手(昭和)にも取り上げられた寺田寅彦です。



長岡半太郎 Not So Bad

文化人切手 没後50年
「長岡半太郎」 2000.11.6発行

 原子って覚えてますか?今でこそ「原子は原子核とその周りを回る電子から出来ている」のは当然という顔をして教科書にも載っていますが(実際に見える訳でもなく、本当はただのモデルですが・・・)、20世紀初頭まだ原子自体架空の物でした。
 この原子の構造のプロトタイプを初めて提案した(1903年)のが長岡半太郎その人だったのです。そのモデルは土星の輪の運動から着想を得たため土星型原子模型と呼ばれています。

 その後1911年にラザフォードにより原子核の存在が証明され(この時ラザフォードは長岡の土星型原子模型は知らなかったそうで)、1913年にボーアが量子の考えを組み込んだモデルを提唱し、ここに至り原子のモデルは一つの完成形を見ることになったのです。 残念ながら土星型原子模型はそこまで定量的な説明が出来なかった為、ボーアのモデルの影に隠れて今はあまり目立っておりませんが、長岡の先見の明は驚嘆に値するものがあります。
 昭和12(1937)年には第一回文化勲章を受章。


2001 Space Odessey Not So Bad

21世紀デザインシリーズ第17集
「日本人宇宙飛行士活躍」 2000.12.22発行

 この切手の題材ともなった、1997年に日本人初の船外活動(右)を行った土井隆雄宇宙飛行士がうちの研究所に立ち寄られた時、小さな講演会が開かれました。
 私も出席させてもらえたので、ちょこっと質問してみました。

「宇宙飛行士やっていて、これ何とかならんもんか!と思うのは何すか?」

土井氏曰く 「んー、宇宙服ですかね。」

しかして、そのこころは・・・



田中館愛橘 Not So Bad

文化人切手 没後50年
「田中館愛橘」 2002.11.5発行
度量衡

 馴染みの無い方が多いと思いますが(安政生まれですし^^;)、当時多くの国際会議に出席し、欧米の最新科学を持ち帰った。
 木村栄のお師匠様。主な分野は地球科学(重力・地震・地磁気)ですが、万国度量衡会議にも出席し、日本へも普及させた。 これは、度量衡の度は長さ(m)、量は容積(l)、衡は重さ(g)を示し、各国の単位を統一しようと言う事です。

 彼は日本の国際化の必要性を強く感じ、ローマ字の統一と普及に努めた。(ローマ字で和歌もよく詠んだそうで。。)  小学校で習うのは彼の制定したものです。世間一般ではその他にもヘボン式というのがあって、こちらは発音に近い表記になります。 例えばこの切手では彼の名前は「AIKITU」ですが、ヘボン式だと「AIKITSU」になります。 現代はヘボン式が優勢ですが、この切手だけは田中館式になってます。芸が細かくていいw



柴三郎 Not So Bad

文化人切手 生誕150年
「北里柴三郎」 2003.11.4発行

 やっと出ました。北里(熊本生まれ)切手!(生誕150周年を待ってたのねん)

 1885年-1891年、ドイツベルリン大学のコッホに師事し、  1889年にはベーリングと共に世界で初めて破傷風菌の純粋培養に成功(=嫌気性細菌の培養に成功)。 1890年には世界で最初に血清療法を発見し、ジフテリア毒素と破傷風毒素に対する抗血清を開発する。この功績により1901年の第1回ノーベル賞候補となるが、受賞候補から外され、べーリングのみがノーベル生理学・医学賞を受賞した。 これは当時はまだ人種差別意識が強かったためとも言われている。

 1891年、日本に戻った後は福沢諭吉らの援助により伝染病研究所を設立。しかし同研究所が1914年に内務省から文部省に移管され東京大学に合併される時、移管に反対して所長を辞任(さすが肥後もっこす!)。この時、研究所の全職員が一斉に辞表を提出したと言う痛快事が起こった。 その後は同年11月5日に私費を投じて北里研究所(後の北里大学の母体)を設立しました。



医師会は強い Not So Bad

「2004年世界医師会東京大会」 2004.10.6発行

 遺伝子治療の発展を象徴して、人体と生命の設計図DNAをデザインしてあります。
体内に描かれてるG・A・C・TのアルファベットはDNAの暗号部とも言える塩基、グアニン・アデニン・シトシン・チミンです。

 ちなみにDNAの役割が分かる前はリンを貯蔵するものと考えられていたそうです。



Promet Thanks

「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」 2007.10.23発行

 出ない出ないと愚痴を言ってたら、出ました。我が研究所のロボットHRP-2 Promet。
 身長154cm、体重58kgです。駆動できる関節が30箇所。ほぼ人間と同様の動きができます。なお、最新のHRP-3(Promet MarkU)はさらに進化してます。ユニバーサル技能五輪国際大会のプログラミングの項目で切手になりました。
 目出度し目出度しw

付記:HRP-2プロメテが平成29年度重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)に登録されました。詳しくはこちら


solar system Not So Bad

「日本天文学会創立100周年」 2008.3.21発行

 これはその一部で太陽系を表したものです。(木星と土星だけが切手ですが^^;)
 2006年国際天文学連合で惑星から排除された冥王星は図案には含まれていません。冥王星はアメリカ人のパーシヴァル・ローウェルにより予言され、1930年同じくアメリカ人のクライド・トンボーによって確認された。したがって冥王星の惑星からの排除に多くのアメリカ人研究者の反対があるのではとも思われたが、いともあっさり可決された。(さすが研究者理性的w)
 火星と木星の間の塵みたいなのはアステロイドベルトを表してます。木星の強い重力の為、惑星になり損なった物と言われています。その中でも最大の物はケレスで直径およそ1000kmです。冥王星は直径2320kmなので、アステロイドベルトのどの小惑星より大きい訳で、ちょっと立場がありません(;_;)
 この他にもX線天文衛星「すざく」 、小惑星探査機「はやぶさ」、国立天文台「すばる望遠鏡」、「野辺山45m電波望遠鏡」なども切手になっていますが、1ネタで10枚は多すぎるだろう!と言いたくなってしまいます。



野口英世アフリカ賞 Thanks

「第一回野口英世アフリカ賞」 2008.5.23発行

 野口英世三度目の登場です。

 この賞は、野口博士の志を引き継ぎ、アフリカのための医学研究・医療活動それぞれの分野において顕著な功績を挙げた方々を顕彰するために作られたそうです。

 などと成人君主のように扱われる事もありますが、若い頃は金を借りて放蕩する悪い癖があり、子供の頃の恩師小林栄に「いつまでも他人の金に頼るな」と諭されたという偉人らしくないエピソードもあります。英世も人の子。



何とまだ続きがありますぜ。ささ、こちらへ→[Back to 2010's!] 科学技術とヒーロー・ヒロインシリーズは別枠でこちら

コメント、ご意見はこちらへ koji-abe@aist.go.jp 間違い有ったらご一報。