口頭発表


前のページに戻る

  1. 口頭発表 国際 筆頭・登壇者
  2. 口頭発表 国際 その他
  3. 口頭発表 国内 筆頭・登壇者
  4. 口頭発表 国内 その他

1.口頭発表 国際 筆頭・登壇者

  1. Visual Learning and Object Recognition with Illumination Invariance,Kohtaro Ohba, Yoichi Sato, Katsushi Ikeuchi, The 8th Congress of the International Colour Association, 、1997/05/01
  2. Appearance Based Object Recognition with Illumination Invariance,Kohtaro Ohba, Yoichi Sato, Katsushi Ikeuchi, DARPA Image Understanding Workshop '97, 、1997/05/01
  3. Visual Learning and Object Verification with Illumination Invariance,Kohtaro Ohba, Yoichi Sato, Katsushi Ikeuchi, 1997 IEEE/RSJ Int. Conf. On Intelligent Robots and Systems (IROS'97), 、1997/09/01
  4. Appearance Based Visual Learning and Object Recognition with Illumination Invariance,Kohtaro Ohba, Yoichi Sato, Katsushi Ikeuchi, Third Asian Conference on Computer Vision, 、1998/01/01
  5. Facial Expression Space for Smooth Tele-Communications,Kohtaro Ohba, Taketo Tsukada, Tetsuo Kotoku, Kazuo Tanie, Proc.Third IEEE International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG'98),pp.378-383、1998/04/01
  6. Facial Expression Transportation with FES,K.Ohba, G.Clary, T.Tsukada, K.Tetsuo, K.Tanie, Proc.of International Conference on Pattern Recognition (ICPR'98),2, pp.1376-1378、1998/08/01
  7. Gesture and Facial Expression on Tele-Robotics,K.Ohba, G.Clary, S.Hiratsuka, T.Tsukada, T.Kotoku, K.Tanie, Proc.of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and System (IROS 98), pp.1596-1601、1998/10/01
  8. Real-Time Micro Environmental Observation with Virtual Reality,K.Ohba, J.P.C.Ortega, K.Tanie, G.Rin, R.Dangi, T.Takei, T.Kaneko, N.Kawahara, Proc. on 15th International Conference on Pattern Recognition,4, pp.487-490、2000/09/01
  9. Real-Time Micro Observation Technique for Tele-Micro-Operation,K.Ohba, J.C.P.Ortega, K.Tanie, G.Rin, R.Dangi, T.Takei, T.Kaneko, N.Kawahara, Proc. on IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,1, pp.647-652、2000/11/01
  10. High-Speed Image Processing System for Tele-Micro-Operation,Kohtaro Ohba, Jesus Carlos Pedraza Ortega, Kazuo Tanie, Masataka Tsuji, Shigeru Yamada, The 2001 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,Maui, Hawaii, USA、2001/10/29
  11. High-Speed Image Processing System and It's Application,Kazuo Tanie, Pedraza Jesus Carlos, Masataka Tsuji、Shigeru Yamada, Kohtaro Ohba,The 5th Asian Conference on Computer Vision,Melbourne, Australia、2002/01/25
  12. All-in-Focus Microscopic Camera for Micro-Manipulation,Kohtaro Ohba,AIST SYMPOSIUM HIT2002,Silicon Valley, CA, USA、2002/06/11
  13. Ubiquitous Functions,Kohtaro Ohba,IROS2004 workshop,Sendai、2004/09/28

ページの先頭に戻る

2.口頭発表 国際 その他

  1. Real-Time Classification on Human Motions,Shigeyuki Hiratsuka, Kohtaro Ohba, Shinya Kajikawa, Hikaru Inooka, Kazuo Tanie, Prof. of IEEE International Workshop on Robot and Human Communication (Roman'98),, pp.513-518、1998/09/01
  2. Stable Gesture Verification in Eigen Space,Shigeyuki Hiratsuka, Kohtaro Ohba, Shinya Kajikawa, Hikaru Inooka, Kazuo Tanie, Proc.of IAPR Workshop on Machine Vision Applications,, pp.119-122、1998/10/01
  3. Virtual Impedance Based Remote Tele-Collaboration with Time Delay,N.Y.Chong, Tetsuo Kotoku, Kohtaro Ohba, Kiyoshi Komoriya, Nobuto Matsuhira, Kazuo Tanie, Proc. of IEEE International Workshop on Robot and Human Interaction(ROMAN99),, pp.267-272、1999/09/01
  4. Remote Collaboration through Time Delay in Multiple Teleoperation,Kohtaro Ohba, Shunichi Kawabata, N.Y.Chong, Kiyoshi Komoriya, Takafumi Matsumaru, Nobuto Matsuhira, Kunikatu Takase, Kazuo Tanie, Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS99),pp.1866-1871、1999/10/01
  5. Analysis of Human Arm Movement for Catching a Moving Object,Shinya Kajikawa, Masaharu Saito, Kohtaro Ohba, Hikaru Inooka, Proc. of IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics (SMC99), pp.II-698-II-703、1999/10/01
  6. Coordinated Rate Control of Multiple Telerobot Systems with Time Delay,N.Y.Chong, Kohtaro Ohba, Tetsuo Kotoku, Nobuto Matsuhira, Kazuo Tanie, Proc. of IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics (SMC99),pp.1123-1128,、1999/10/01
  7. Image Projection Criteria with the Epipolar Line for a Precise Correlation between Omni Images,Kohei Moriya, Kohtaro Ohba, Proc. of the Fourth Asian Conference on Computer Vision, pp.152-157、2000/01/01
  8. Real-Time VR Camera System,J.Ortega、K.Ohba, K.Tanie, G.Rin, R.Dangi, T.Takei, T.Kaneko, N.Kawahara, Proc. of the Fourth Asian Conference on Computer Vision, pp.508-513、2000/01/01
  9. Remote Coodinated Controls in Multiple Telerobot Cooperation,N.Y.Chong. T.Kotoku, K.Ohba, K.Komoriya, N.Matsuhira, K.Tanie, Proc. on 2000 IEEE International Conference on Robotics & Automation, pp.3138-3143、2000/04/01
  10. Multi -Telerobot System Remote Collaboration,T.Kotoku, N.Y.Chong, K.Ohba, K.Komoriya, K.Maeda, J.Oaki, F.Ozaki, H.Hashimoto, N.Matsuhira, K.Tanie, Video Proceedings of Ieee International Conference on Robotics and Automation 2001, 2000/05/01
  11. Use of coordinated on-line graphics simulator in collaborative multi-robot teleoperation with time delay,N.Y.Chong, T.Kotoku, K.Ohba, H.Sasaki, K.Komoriya, K.Tanie, 9th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication,Osaka, 2000/09/28
  12. Audio-Visual Guided Predictive Simulator in Multi-telerobot Coordination,N.Y.Chong, T.Kotoku, K.Ohba, H.Sasaki, K.Komoriya, K.Tanie, IEEE International Conference on Industrial Electronics,Control and Instrumentation,-, pp.614-619、2000/10/01
  13. Development of a Multi-telerobot System for Remote Collaboration,N.Y.Chong, T.Kotoku, K.Ohba, K.Komoriya, F.Ozaki, H.Hashimoto, J.Oaki, K.Maeda, N.Matsuhira, K.Tanie, Proc. on IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,2, pp.1002-1007、2000/11/01
  14. Depth from Focus Criteria with Best Focal Distance,Kohtaro Ohba, Jesus Carlos Pedraza Ortega, Kazuo Tanie, The 7th Korea-Japan joint Workshop on Computer Vision,Seoul, Korea、2001/02/05
  15. Virtual Repulsive Force Field Guided Coordination for Multi-telerobot Collaboration,Kohtaro Ohba, Nak Young Choung、Tetsuo Kotoku, Kazuo Tanie, The 2001 IEEE International Conference on Robotics & Automation,Seoul, Korea、2001/05/21
  16. Multi-Telerobot System for Remote Collaboration,T.Kotoku, N.Y.Chong, K.Ohba, K.Komoriya, K.Maeda, J.Oaki, F.Ozaki, H.Hashimoto, N.Matsuhira, K.Tanie, IEEE International Conference on Robotics and Automation 2001,Korea, 2001/05/24
  17. Exploring interactive simulator in collaborative multi-site teleoperation,Chong Nak-Young, Tetsuo Kotoku, Kohtaro Ohba, Kiyoshi Komoriya, Kazuo Tanie, 10th IEEE International Workshop on Robot and Human Communication,Bordeaux, Paris, France、2001/09/18
  18. Improvement of the Depth From Focus Criteria's Performance by using Inverse Filtering Technique and Focal Distance Properties,Kohtaro Ohba, Pedraza Jesus Carlos, Kazuo Tanie, Optical 3-D Measurement Techniques,Viena, Austria、2001/10/01
  19. Multi-Camera Vision System for Tele-Robotics,Kohtaro Ohba, Kyihwan Park、Sayaka Odano、Hisayuki Sasaki、Nakyoung Chong、Tetsuo Kotoku、Kazuo Tanie、Changhwan Choi,The International Conference on Control, Automation and Systems,Jeju, Korea、2001/10/17
  20. All in Focus Camera Vision System for Robot Navigation and Manipulation based on the DFF criteria,Kohtaro Ohba, Pedraza Jesus Carlos、Kazuo Tanie, J.Wilfrido Rodriguez,The 2001 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,Maui, Hawaii, USA、2001/10/29
  21. Design of 3DOF Parallel Mechanism with Thin Plate for Micro Finger Module in Micro Manipulation ,T. Tanikawa, M.Ukiana, K.Morita, Y.Koseki, K.Ohba, K.Fujii, T.Arai, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robotics and Systems,Switzerland、2002/10/02
  22. Development of automated robotics system for high-throughput X-ray protein crystallography,M.Hiraki,M.Nagai, G.Yurii, N.Matsugaki, M.Kawasaki, T.Igarashi, M.Suzuki, R.Kato, T.Tanikawa, K.Ohba, S.Wakatsuki, 壮市,International Conference on Structual Genomics Program and Abstracts(ICSG2002),Germany、2002/10/12
  23. Development of automated robotics system for high-throughput X-ray protein crystallography,K.Ohba, M.Hiraki、M.Nagai、Y.Goponov、N.Matsugaki、M.Kawasaki、N.Igarashi、M.Suzuki、R.Kato、T.Tanikawa, S.Wakatsuki,International Symposium on Diffraction Structural Biology 2003,Tsukuba, JAPAN、2003/05/28
  24. 3D Modeling of Micro Transparent Object with Integrated Vision,K.Ohara, K.Ohba, K.Taki, M.Mizukawa, IEEE Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems(MFI),Tokyo、2003/07/31
  25. How to Grasp Micro Transparent Object with Integrated Vision,K.Ohara, K.Ohba, T.Tanikawa, M.Mizukawa, 2003 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2003),Las Vegas,Nevada,U.S.A、2003/10/29
  26. Knowledge Distributed Tag-Based Vision System,K.Takemura, K.Ohara, K.Ohba, C.N.Young, S.Hirai, K.Tanie, INSS2004,Tokyo、2004/06/22
  27. An Experimental Testbed for Knowledge Distributed Robot Systems,H.Hongu, C.N.Young, M.Miyazaki, K.Takemura, K.Ohara, K.Ohba, K.Tanie, INSS2004,Tokyo、2004/06/22
  28. Knowledge Management Framework for the Knowledge Distributed Robot System ,M.Miyazaki, H.Hongu, C.N.Young, K.Ohba, S.Hirai, M.Mizukawa, K.Tanie, First International Workshop on Networked Sensing Systems,Tokyo、2004/06/23
  29. Web Services and Ubiquitous Control Platform for the Knowledge Distributed Robot System,B.K.Kim, K.Ohba, S.Hirai, K.Tanie, 2004 IEEE/RSJ Int. Conf. Intelligent Robots & Systems (IROS2004),Sendai, Japan、2004/09/28
  30. Hands Free Micro Operation for Protein Crystal Analysis ,K.Ohara, K.Ohba, T.Tanikawa, M.Hiraki, S.Wakatsuki, M.Mizukawa, 2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,仙台、2004/10/01
  31. Web Services for a Robot in the Ubiquitous Environment,B.K.Kim, M.Miyazaki, K.Ohba, S.Hirai, K.Tanie, 2004 FIRA Robot World Congress,Busan, Korea、2004/10/27
  32. Application on Ubiquitous Functions for Human Life,K.Ohara, K.Ohba, B.K.Kim, S.Hirai, K.Tanie, International Symposium on Systems and Human Science,San Francisco、2005/03/10
  33. Web Services Based Robot Control Platform for Ubiquitous Functions,B.K.Kim, M.Miyazaki, K.Ohba, S.Hirai, K.Tanie, 2005 IEEE Int. Conf. Robotics and Automation (ICRA05),Barcelona, Spain、2005/04/19
  34. Networked Robots in the Informative Spaces,B.K.Kim, K.Ohara, K.Ohba, T.Tanikawa, S.Hirai, K.Tanie, 2005 Int. Conf. Control, Automation and Systems,Gyeonggi-Do, Korea、2005/06/02
  35. UBIQUITOUS ROBOTICS WITH UBIQUITOUS FUNCTIONS ACTIVATE MODULE,K.Ohara, K.Ohba, B.K.Kim, T.Tanikawa,S.Hirai, K.Tanie, Second International Workshop on Networked Sensing Systems,San Diego,CA,US、2005/06/27
  36. System Design for "Ubiquitous Robotics" with Functions,K.Ohara, K.Ohba, B.K.Kim, T.Tanikawa, S.Hirai, URAmI2005,Daejon, Korea、2005/11/03
  37. An approach to the standardization of the Robotic Technology,L.Olivier、T.Kotoku, T.Suehiro, Y.Ando, K.Ohba, M.Mizukawa, The 2nd International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence,Daejeon, Korea、2005/11/03
  38. Design of Ubiquitous Functions for Networked Robots in the Informative Spaces,B.K.Kim, K.Ohara, K.Ohba, T.Tanikawa, S.Hirai, 2005 Int. Conf. Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAmI2005),Daejeon, Korea、2005/11/03
  39. Ubiquitous localization and mapping for networked robots in the informative space,B.K.Kim, N.Tomokunim, K.Ohara, L.Olivier, T.Tanikawa, K.Ohba, S.Hirai, 2006 International Symposium on Flexible Automation (ISFA2006),Osaka、2006/07/11
  40. Design Of The Active Caster for the Actuation Devices of Ubiquitous Robots,N.Tomokuni, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, S.Hirai, 2006 International Symposium on Flexible Automation,Osaka、2006/07/11
  41. DISTRIBUTED FUNCTION ROBOT TO SUPPORT THE HUMAN LIVING ENVIRONMENTS,T.Tnikawa, N.Tomokuni, K.Ohara,Y.Ando, B.K.Kim, K.Ohba, 2006 International Symposium on Flexible Automation,Osaka, 2006/07/11
  42. Ubiquitous Spot Service for Robotic Environment,K.Ohara, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, 国際建設ロボットシンポジウム2006,Tokyo、2006/10/03
  43. Ubiquitous localization and mapping for robots with ambient intelligence,B.K.Kim, N.Tomokuni, K.Ohara, K.Ohba, S.Hirai, 2006 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,Beijing, China、2006/10/13
  44. Applying the RFID technology for u-RT space with ambient intelligence,B.K.Kim, K.Kitagaki, S.Hidayat, N.Tomokuni, K.Ohara, T.Tanikawa, K.Ohba, S.Hirai, 2006 Int. Conf. Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2006),KIST, Seoul, Korea、2006/10/17
  45. Multi-Functional Robot with Distributed Module based on Ubiquitous Robotics,T.Tanikawa, N.Tomokuni,K.Ohara, Y.Ando, B.K.Kim, K.Ohba, 2006 Int. Conf. Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2006),KIST, Seoul, Korea、2006/10/17
  46. Multi-Functional Active Caster Module for Distributed Actuation Devices,N.Tomokuni, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, S.Hirai, SICE-ICASE International Joint Conference 2006,Pusan、2006/10/20
  47. Tracking and Counting Humans with Multiple Laser Range Scanners,Lee Jae Hoon、K.Ohba, Y.S. Kim,The 3rd Int. Conf. on Ubiqiutous Robots and Ambient Intelligence,Seoul, Korea、2006/10/22
  48. Ubiquitous function services based control for robots with ambient intelligence,B.K.Kim, N.Tomokuni,K.Ohara, K.Ohba, T.Tanikawa, S.Hirai, 32nd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON'06),Paris, France、2006/11/09
  49. Distributed Control of Robot Functions using RT Middleware,K.Ohara, T.Suzuki, Y.Ando, B.K.Kim, K.Ohba, K.Tanie, SICE-ICCAS2006,Busan,Korea、2006/11/19
  50. Ubiquitous function services based approach to the design of the u-RT space with ambient intelligence,B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, S.Hirai, 2006 Int. Conf. U-IT Based Construction Automation,Seoul、2006/12/01
  51. Ubiquitous robot for human-robot symbiotic systems,Hidayat sidiq、B.K.Kim, T.Tnikawa, K.Ohba, 8th Int. Conf. Information Integration and Web-based Application & Services (iiWAS2006),Yogyakarta, Indonesia、2006/12/04
  52. Ubiquitous Robot Technology Space with Ambient Intelligence,B.K.Kim, N.Tomokuni, K.Ohara, J.H.Lee, S.Hidayat, T.Tanikawa, K.Ohba, 2007 IEEE Int. Conf. Robotics and Automation (ICRA2007),Rome, Italy、2007/04/10
  53. Localization of Outdoor Mobile Robot with Multi-Path Bias Detection,Y.S.Kim, B.K.Kim, K.Ohba, A.Ohya, IEEE ICMA Conference,China、2007/08/06
  54. Remote Food Shoppping Robot System in a Supermarket -Realization of the shopping task from remote places-,T.Tomizawa, K.Ohba, A.Ohya, S.Yuta, International Conference on Mechatronics and Automation,China, 2007/08/07
  55. Security Door System Using Human Tracking Method with Laser Range Finders,J.H.Lee、Y.S.Kim, B.K.Kim, K.Ohba, H.Kawata, A.Ohya, S.Yuta,IEEE ICMA,Harbin, China、2007/08/07
  56. Kinematic Model of Omni-directional Mobile Robot with Double-wheel-type Active Caster,J.H.Lee, N.Tomokuni, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, The 13th IEEE ICAR,Jeju, Korea、2007/08/23
  57. Connecting the Physical World and Events Schedule of User Calendar for Symbiotic Systems,S.Hidayat, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, 16th IEEE International Conference on Robot & Human Interactive Communication (Roman2007),Jeju, Korea、2007/08/26
  58. Bias Estimation of DGPS Multi-Path Data for Localization of Mobile Robot,Y.S.Kim, B.K.Kim, K.Ohba, A.Ohya,SICE Annual Conference,Kagawa, Japan、2007/09/19
  59. Development of Ubiquitous Mobile Manipulator System with RT-Middleware,T.Sugawara, N.Tomokuni, J.H.Lee, T.Tomizawa, K.Ohara, B.K.Kim, K.Ohba, International Conference on Control, Automation and Systems 2007 (ICCAS2007),Seoul, Korea、2007/10/17
  60. Kinematic Analysis on Omni-directional Mobile Robot with Double-wheel-type Active Casters,J.H.Lee, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, ICCAS 2007,Seoul, Korea、2007/10/18
  61. Localization of Ubiquitous Environment Based Mobile Robot,Y.S.Kim, J.H.Lee, B.K.Kim, H.M.Do, T.Tomizawa, K.Ohba, X.Liang, K.Ohara, T.Sugawara, T.Tanikawa, International Conference on Control, Automation and Systems 2007,Seoul, Korea、2007/10/19
  62. Development of Simulation Framework for Ubiquitous Robots Using RT-Middleware,H.Y.Do, B.K.Kim, Y.S.Kim, J.H.Lee, K.Ohara, T.Sugawara, T.Tomizawa, X.Liang, T.Tanikawa, K.Ohba, ICCAS 2007,Seoul, Korea、2007/10/20
  63. Introduction to u-RT Space Related at AIST,T.Tomizawa, K.Ohara, T.Sugawara, H.Onda, J.H.Lee, X.Liang, H.M.Do, Y.S.Kim, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, T.Sonoyama, IROS2007,Sandiego, U.S.A.、2007/11/02
  64. INJECTION AND CUTTING METHODS OF ANIMAL CELLS USING A MICROFLUIDIC CHIP,A.Ichikawa, S.Takahashi, K.Matsukawa, T.Tanikawa, K.Ohba, IEEE MEMS2008,U.S.A., 2008/01/14
  65. INJECTION AND CUTTING METHODS OF ANIMAL CELLS USING A MICROFLUIDIC CHIP,A.Ichikawa, S.Takahashi, K.Matsukawa, T.Tanikawa, K.Ohba, IEEE ICRA2008,Pasadena, California, USA、2008/05/20
  66. Connection Methodology for Two Ubiquitous Robot Spaces - Connection of RT-Middleware and CAMUS,H.M.Do, Y.S.Kim, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, J.Matai, Y.H.Suh, H.S.Kim, J.Y.Lee, W.Yu, The 2008 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics,Xian, China、2008/07/03
  67. A Large Planar Camera Array for Multiple Automated Guided Vehicles Localization,X.Liang, Y.Sumi, B.K.Kim, H.M.Do, Y.S.Kim, T.Tomizawa, K.Ohara, T.Tanikawa, K.Ohba,The 2008 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics,Xian, China、2008/07/03
  68. Design of ubiquitous space for the robotic library system and its application,B.K.Kim, K.Ohara, K.Kitagaki, K.Ohba, T.Sugawara, 17th IFAC World Congress (IFAC2008),Seoul, Korea、2008/07/06
  69. Design and control of the librarian robot system in the ubiquitous robot technology space,B.K.Kim, T.Sugawara, K.Ohara, K.Kitagaki, K.Ohba, 17th IEEE Int. Symp. Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2008),Munich, Germany、2008/08/01
  70. Unscented Information Filtering Method for Reducing Multiple Sensor Registration Error,Y.S.Kim, J.H.Lee, H.M.Do, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, G.Lee, S.H.Yun,IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration,Korea、2008/08/21
  71. Parameter Identification for an Omni-directional Mobile System with Distributed Active Casters,J.H.Lee, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, IEEE Interantional Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems,Seoul, Korea、2008/08/21
  72. Collision-Free Navigation Based on People Tracking Algorithm with Biped Walking Model,J.H.Lee, K.Abe, T.Tsubouchi, R.Ichinose, Y.Osoda, K.Ohba, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,Nice, France、2008/09/25
  73. Universal Design of Ubiquitous Robot Systems and Information Structured Space,B.K.Kim, T.Tomizawa, H.M.Do, Y.S.Kim, J.H.Lee, H.Onda, Y.Sumi, K.Ohba, T.Tanikawa, 3rd Japan-China-Korea Joint Workshop on Robotics (JCK2008),Toyama, Japan、2008/09/29
  74. Dependable System Design for Multiple Mobile Robot Navigation in Corridors,B.K.Kim, Y.S.Kim, H.M.Do,T.Tomizawa, J.H.Lee, Y.Sumi, T.Taniakwa, K.Ohba, 5th Int. Conf. Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2008),Seoul, Korea、2008/11/20
  75. FLUORESCENT MONITORING USING MICROFLUIDICS CHIP AND DEVELOPMENT OF SYRINGE PUMP FOR AUTOMATION OF ENUCLEATION TO AUTOMATE CLONING,A.Ichikawa, K.Matukawa, S.Takahashi, T.Tanikawa, K.Ohba, ICRA2009,Kobe, 2009/05/15
  76. Visual Marker System for Control of Flexible Manipulator Supporting Daily Living,H.Tanaka, T.Tomizawa, Y.Sumi, J.H.Lee, H.M.Do, Y.S.Kim, B.K.Kim, T.Tanikawa, H.Onda, K.Ohba, ICROS-SICE International Joint Conference 2009(ICCAS-SICE 2009), Fukuoka, Japan、2009/08/19
  77. Universal Design of Robot Management System for Daily-Life-Supporting Robots,B.K.Kim, T.Tomizawa, H.M.Do, J.H.Lee, H.Tanaka, Y.Sumi, H.Onda, T.Tanikawa, K.Ohba, ICCAS-SICE 2009,Fukuoka, Japan、2009/08/19
  78. Development and Control of Omni-directional Mobile System with Active Casters,J.H.Lee, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, 6th Int. Conf. Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2009),Gwangju, Korea、2009/10/29
  79. Smart home for security and low power consumption based on Ubiquitous Robotics,T.Tanikawa, K.Ohara, H.Nakamoto, M.Iijima, Y.Ando, T.Sakamoto, T.Kotoku, K.Ohba, T.Arai, The 6th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2009),Korea、2009/10/29
  80. Robot Total Management System for Robots in Daily Life Environments,B.K.Kim, H.Tanaka, Y.Sumi, H.Onda, T.Tanikawa, K.Ohba, T.Tomizawa, 6th Int. Conf. Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2009),Gwangju, Korea、2009/10/29
  81. MICRO-MANIPULATOR USING LAMINATE HINGE MECHANISM,A.Ichikawa, T.Tanikawa, K.Ohba, 2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science,Nagoya, 2009/11/10
  82. Automatic cell cutting and nucleus detection,A.Ichikawa, T.Taniakwa, S.Akagi, K.Ohba, ROBIO2009,China、2009/12/20
  83. Simulation Analysis on Miniature Shutter Unit using Electromagnet for Digital Still Cameras/Video Cameras,M.Sugawara, K.Ohba,The 5th International Conference on the Advanced Mechatronics(ICAM2010),Japan、2010/10/06
  84. Smart home for security and low power consumption with common network modules based on RT middleware,T.Taniawa, K.Ohara, H.Nakamoto、N.Ando, T.Sakamoto、T.Takahashi、M.Nagatsuka、T.Kotoku, K.Ohba, T.Arai,International Conference on Advanced Mechatronics 2010 (ICAM2010),Osaka University、2010/10/06
  85. Survey on the Risk Recognition and Awareness of Safety Certification of Personal Care Robots with Comparison between Japan,US and Germany,Y.Nakabo, K.Ohba, K.Honma, T.Ogure, D.Mizuguchi, T.Kushiyama, A.Miwa, H.Uchida, H.Nomura,IARP2011,ソウル、2011/07/07
  86. On the development of dependable intelligent systems,Biggs Geoffrey、Y.Nakabo, T.Kotoku, K.Ohba, IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts,Half-Moon Bay, California, USA、2011/10/03
  87. Barcode scanning data acquisition systems in temporary housing area to support victim community,T.Nishimura, H.Koshiba, Y.Motomura, K.Ohba, Second International Conference on Applied Digital Human Modeling,SanFrancisco、2012/07/12
  88. Dependable RT-Middleware: A certifiable middleware for dependable robots,G.Biggs, M.Kondo, M.Toyoda, A.Ikezoe, H.Nakamoto, Y.Kusama, M.Nagase, Y.Ando, K.Fujiwara, D.Mizuguchi, Y.Nakabo, I.Hara, T.Kotoku, K.Ohba, H.Hirukawa,IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 2012 Workshop on Safety in Human-Robot Coexistence & Interaction,Faro, Portugal、2012/10/12
  89. Proposal of Architecture and Implementation Process for IEC61508 Compliant, Dependable Robot Systems,R.Hanai, H.Saito, Y.Nakabo, K.Fujiwara, T.Ogure, D.Mizuguchi, K.Honma, K.Ohba, 2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics,Guangzhou, China、2012/12/12
  90. RT-component based Integration for IEC61508 Ready System using SysML and IEC61499 Function Blocks,R.Hanai, H.Saito, Y.Nakabo, K.Fujiwara, T.Ogure, D.Mizuguchi, K.Honma, K.Ohba, 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,Fukuoka、2012/12/16
  91. Support model for living on temporary houses in disaster area based on smart community,T.Tanikawa, K.Kojima, K.Ohba, I.Kajitani, T.Nagami, H.Asoh, K.Hashida, T.Nishimura, Y.Motomura, 10th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence(URAI2013),Korea、2013/11/01
  92. Outdoor Environment Simulators for Evaluating Safety Sensors of Personal Care Robots ― Artificial Sunlight Lampheads and Simulated-Snow Chamber ― ,Y.Sumi, B.K.Kim, Y.Matsumoto, E.Horiuchi, O.Matsumoto, K.Ohba, RAS-IARP Joint Workshop onTechnical Challenges for Dependable Robots in Human Environment,Tokyo、2013/11/03

ページの先頭に戻る

3.口頭発表 国内 筆頭・登壇者

  1. Visual Learning and Object Recognition with Illumination Invariance,K.Ohba, Y.Sato, K.Ikeuchi,The 8th Congress of the International Colour Association,1997/05/01
  2. Appearance Based Object Recognition with Illumination Invariance,K.Ohba, Y.Sato, K.Ikeuchi,DARPA Image Understanding Workshop '97,1997/05/01
  3. 照明条件変化の伴う三次元物体の安定認識,大場光太郎、佐藤洋一、池内克史,ロボティクス・メカトロニクス講演会'97, 、1997/06/01
  4. Visual Learning and Object Verification with Illumination Invariance,K.Ohba, Y.Sato, K.Ikeuchi,1997 IEEE/RSJ Int. Conf. On Intelligent Robots and Systems (IROS'97), 、1997/09/01
  5. Eigen-Window手法による物体認識,大場光太郎、池内克志,機械技術研究所研究発表会, 、1997/11/01
  6. ヒューマンインターフェースのための表情転送に関する研究,大場光太郎、塚田岳人、神徳徹雄、谷江和雄,コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 、1998/01/01
  7. Appearance Based Visual Learning and Object Recognition with Illumination Invariance,K.Ohba, Y.Sato, K.Ikeuchi,Third Asian Conference on Computer Vision, 、1998/01/01
  8. 人間協調・共存と視覚的コミュニケーション,大場光太郎,機械技術協会講演会, 、1998/06/01
  9. 遠隔サービスのための表情転送に関する研究,大場光太郎、塚田岳人、神徳徹雄、谷江和雄、日本機械学会ロボテイクス・メカトロニクス講演会'98, 、1998/06/01
  10. スマートセンサと可変焦点レンズを用いた実時間全焦点マイクロカメラ,大場光太郎、林学明、段木亮一、金子卓、デルフトハイテック、川鉄テクノリサーチ、デンソー,99画像センシング, 、1999/06/01
  11. 実時間マイクロVRカメラシステムの試作,大場光太郎、J.C.P.Ortega、谷江和雄、林学明、段木亮一、武井由智、金子卓、川原伸章、デルフトハイテック、川鉄テクノリサーチ、デンソー,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00, 、2000/05/01
  12. 遠隔操作のための臨場感視覚システム,大場光太郎、小田野清香、神徳徹雄、丁洛榮、佐々木久幸、谷江和雄、田原久祺,第18回日本ロボット学会学術講演会, 、2000/09/01
  13. ネットワーク・ロボットのためのビジョン研究,大場光太郎,ロボットビジョン研究会, 、2000/11/01
  14. 全焦点顕微鏡カメラの試作と応用,大場 光太郎、Pedraza Jesus Carlos、谷江 和雄、辻政孝、山田茂,光計測シンポジウム,パシフィコ横浜、2001/06/06
  15. 高速度カメラを用いた高速画像処理システムとその応用,大場 光太郎、Pedraza Jesus Carlos、谷江 和雄、辻政孝、山田茂,第7回画像センシングシンポジウム,パシフィコ横浜、2001/06/06
  16. フレームレート全焦点顕微鏡カメラの試作,大場 光太郎、Pedraza Jesus Carlos、谷江 和雄、辻政孝、山田茂,ロボティクス・メカトロニクス講演会'01,香川大学工学部、2001/06/08
  17. 微細操作の視覚システム,大場 光太郎、Pedraza Jesus Carlos、谷江 和雄、辻政孝、山田茂,商業化を目指した微細加工のキーテクノロジーとテクノリンケージ,つくば国際会議場、2001/08/23
  18. フレームレート出力を可能とするインテグレーテッド・ビジョンシステムの開発,大場 光太郎、Pedraza Jesus Carlos、谷江 和雄、辻政孝、山田茂,第19回日本ロボット学会学術講演会,東京、2001/09/18
  19. 全焦点顕微鏡カメラ 微細な作業を楽々と,大場 光太郎,つくばテクノロジー・ショーケース,つくば、2002/01/29
  20. 全焦点顕微鏡カメラの開発-微細な作業を楽々と-,大場 光太郎,つくば講座,つくば、2002/10/10
  21. マイクロメカトロニクスのビジョン,大場 光太郎,第6回マイクロフロービジュアリゼーション研究会,東京、2002/10/24
  22. 高速画像情報処理技術応用による知的情報提示,大場 光太郎、田島健司、永井弘史、辻政孝、山田茂、大原 賢一、谷江 和雄,第45回自動制御連合講演会,仙台、2002/11/27
  23. タンパク質構造解析自動化のための視覚システム ,大場 光太郎、大原 賢一、水川真(芝浦工大)、滝克彦(NVS)、谷川 民生,第3回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2002),神戸、2002/12/19
  24. マイクロナノ技術とロボット,大場 光太郎,MEMSビジネス棟落成記念シンポジウム,つくば、2004/03/11
  25. 知識分散型ロボット制御,大場 光太郎、木下 綾子、竹村 浩司、宮崎 学、大原 賢一、本宮 弘、KIM Bong Keun、丁 洛榮、平井 成興、谷江 和雄,第10回建設ロボットシンポジウム,早稲田大学、2004/09/02
  26. ロボットって何でしょう-,大場 光太郎,産総研 一般公開,つくば、2006/07/22
  27. 環境と作業構造のユニバーサルデザイン,大場 光太郎,第24回日本ロボット学会学術講演会,岡山、2006/09/15
  28. ユビキタス・ロボティクス,大場 光太郎,ロボットウィーク2006,神奈川、2006/10/27
  29. 空間知環境構造化記述原理,大場 光太郎、橋本秀紀,SI2006,札幌、2006/12/14
  30. 環境と作業構造のユニバーサルデザイン,大場 光太郎,SI2006講演会,札幌、2006/12/15
  31. 作業空間における物体操作のための環境構造化,大場 光太郎,総合科学技術会議科学技術連携施策群次世代ロボット連携群平成18年度成果報告会,東京、2007/02/16
  32. 空間知環境構造化記述原理,大場 光太郎、橋本秀紀、横井 一仁,robomec2007,秋田、2007/03/12
  33. 環境と作業構造のユニバーサルデザイン,大場 光太郎、音田 弘,第25回日本ロボット学会学術講演会,千葉、2007/09/13
  34. 環境と作業構造のユニバーサルデザイン,大場 光太郎、音田 弘、谷川 民生、金 奉根、冨沢 哲雄、大原 賢一、梁 雪峰、KIM YONG-SHIK、Do Hyun Min、菅原 隆行,システムインテグレーション部門講演会(SI2007),広島、2007/12/20
  35. 気仙沼~絆~プロジェクト,大場 光太郎、西村 拓一、小島 一浩、本村 陽一,平成23年度 第11回 産総研・産技連 LS-BT合同研究発表会,つくば、2012/01/31

ページの先頭に戻る

4.口頭発表 国内 その他

  1. 移動物体追従における人間上肢運動に関する実験的考察,斉藤正治、梶川伸哉、大場光太郎、猪岡光,日本人間工学会第38回大会,1997/05/01
  2. 赤外画像を用いた固有窓法による特定車両認識,影沢政隆、大場光太郎、池内克史、東京大学生産技術研究所,第4回画像センシングシンポジウム,1998/06/01
  3. 固有窓法を利用した車両認識手法について,影沢政隆、大場光太郎、池内克史、東京大学生産技術研究所,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'98,1998/06/01
  4. 物体補足を目的とする上肢運動特性,斉藤正治、梶川伸哉、大場光太郎、猪岡光、東北大学、宮城高等専門学校,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'98,1998/06/01
  5. 固有空間における動画像の対応づけ問題,平塚誠良、大場光太郎、梶川伸哉、猪岡光、東北大学、宮城高等専門学校,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'98,1998/06/01
  6. Transportation and Interpolation of Face Expression for Real-Time Applications,GuillaumeClary、大場光太郎、塚田岳人、神徳徹雄、谷江和雄、東京工科大学,機械技術研究所研究発表会,1998/06/01
  7. 画像情報に基づく人間の行動認識に関する研究,平塚誠良、大場光太郎、梶川伸哉、猪岡光、谷江和雄、東北大学大学院、宮城高等専門学校,機械技術研究所研究発表会, 1998/06/01
  8. 画像情報に基づく人間の行動認識に関する研究(第2報 人間の自然動作の検出に関する一考察,平塚誠良、大場光太郎、梶川伸哉、猪岡光、谷江和雄、東北大学大学院、宮城高等専門学校,機械技術研究所研究発表会,1998/11/01
  9. 遠隔協調型ロボットシステムの研究(第1報 課題の整理と基礎実験),谷江和雄、大場光太郎、小森谷清、川端俊一、高瀬国克、松田楽信人、松丸隆文、電気通信大学、東芝,機械技術研究所研究発表会,1998/11/01
  10. ステレオ視を用いた全方位画像の距離情報の精度向上に関する研究,守屋公平、大場光太郎、谷江和雄,機械技術研究所研究発表会,1998/11/01
  11. 遠隔協調型ロボットシステムに関する研究-衝突回避手法の検討-,川端俊一、松丸隆文、大場光太郎、松日楽信人、小森谷清、谷江和雄、高瀬國克、電気通信大学、東芝,ロボティクス ・ メカトロニクス講演会'99,1999/06/01
  12. Real Time Vision System for 3D Reconstruction with All Focused Image,P.J.Carlos、大場光太郎、谷江和雄、筑波大学,機械技術研究所研究発表会,1999/07/01
  13. Scaled Rate Control in Remote Tele-Collaboration with Time Delay,N.Y.Chong、大場光太郎、神徳徹雄、小森谷清、松日楽信人、谷江和雄、機械技術研究所研究発表会,1999/07/01
  14. 遠隔協調型ロボットシステムに関する研究-第2報 : 予測表示による衝突回避手法の検討,川端俊一、松丸隆文、大場光太郎、神徳徹雄、小森谷清、谷江和雄、高瀬國克、東芝、静岡大学、電気通信大学,第17回日本ロボット学会学術講演会,1999/09/01
  15. 複数の遠隔操作型ロボットによるコラボレーション作業システムの開発,尾崎文夫、松日楽信人、橋本英昭、大明準治、前田勝宏、谷江和雄、小森谷清、神徳徹雄、大場光太郎、丁洛榮、東芝、NEDO,第17回日本ロボット学会学術講演会,1999/09/01
  16. Coordinated Teleperation of Multi-robot Cooperation through Time Delay,N.Y.Chong、神徳徹雄、大場光太郎、佐々木久幸、小森谷清、谷江和雄、NEDO、筑波大学,機械技術研究所研究発表会,2000/02/01
  17. コラボレーション遠隔操作型ロボットシステムの開発,神徳徹雄、丁洛榮、大場光太郎、尾崎文夫、橋本英昭、大明準治、前田勝宏、松日楽信人、小森谷清、谷江和雄、NEDO、東芝,機械技術研究所研究発表会,2000/02/01
  18. Evaluation on Zooming Factor with DFD Criteria,J.C.P.Ortega、大場光太郎、谷江和雄、筑波大学,機械技術研究所研究発表会,2000/02/01
  19. 通信時間遅れを考慮した遠隔協調ロボットシステムの操作支援,神徳徹雄、川端俊一、丁洛榮、大場光太郎、小森谷清、高瀬國克、谷江和雄、第5回ロボティクスシンポジア,2000/03/01
  20. Depth from Focus理論における焦点距離の影響,J.C.P.Ortega、大場光太郎、谷江和雄,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00,2000/05/01
  21. 複数の遠隔操作型ロボットによる遠隔作業実験,尾崎文夫、橋本英昭、大明準治、前田勝宏、松日楽信人、谷江和雄、小森谷清、神徳徹雄、大場光太郎、丁榮洛、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00,2000/05/01
  22. Depth from Focus Criteria with Best Focal Distance,J.C.Pedraza、大場光太郎、谷江和雄,電気学会研究会,2000/05/01
  23. Multi-telerobot Coordinated Control through Time Delay Using both Predictive and Delayed Simulators,丁洛榮、神徳徹雄、大場光太郎、佐々木久幸、小森谷清、松日楽信人、谷江和雄、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00,2000/05/01
  24. Depth from Focus理論における焦点距離の影響,J.C.P.Ortega、大場光太郎、谷江和雄,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00,2000/05/01
  25. 複数の遠隔操作型ロボットによる遠隔作業実験,尾崎文夫、橋本英昭、大明準治、前田勝宏、松日楽信人、谷江和雄、小森谷清、神徳徹雄、大場光太郎、丁榮洛、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00,2000/05/01
  26. Depth from Focus Criteria with Best Focal Distance,J.C.Pedraza、大場光太郎、谷江和雄,電気学会研究会,2000/05/01
  27. Multi-telerobot Coordinated Control through Time Delay Using both Predictive and Delayed Simulators,丁洛榮、神徳徹雄、大場光太郎、佐々木久幸、小森谷清、松日楽信人、谷江和雄、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00,熊本、2000/05/13
  28. Depth from Focus Criteria with Best Focal Distance,J.C.Pedraza、大場光太郎、谷江和雄,機械技術研究所研究発表会,2000/06/01
  29. On-Line Graphics Simulator Assisted Tele-Collaboration with Multi-robots,N.Y.Chong、神徳徹雄、大場光太郎、佐々木久幸、小森谷清、谷江和雄,機械技術研究所研究発表会,2000/06/01
  30. コラボレーション遠隔操作型ロボットシステムの遠隔操作実験,神徳徹雄、丁洛榮、大場光太郎、尾崎文夫、橋本英昭、大明準治、前田勝宏、松日楽信人、小森谷清、谷江和雄、機械技術研究所研究発表会,2000/06/01
  31. Depth from Focus Criteria with Best Focal Distance,J.C.Pedraza、大場光太郎、谷江和雄,機械技術研究所研究発表会,2000/06/01
  32. コラボレーション遠隔操作型ロボットシステムの遠隔操作実験,神徳徹雄、丁洛榮、大場光太郎、尾崎文夫、橋本英昭、大明準治、前田勝宏、松日楽信人、小森谷清、谷江和雄、機械技術研究所研究発表会,つくば 、2000/06/15
  33. On-Line Graphics Simulator Assisted Tele-Collaboration with Multi-robots,N.Y.Chong、神徳徹雄、大場光太郎、佐々木久幸、小森谷清、谷江和雄,機械技術研究所研究発表会,つくば、2000/06/15
  34. 音声指示による物体の移動位置制御 副詞を用いた音声指示,平塚誠良、梶川伸哉、大場光太郎、猪岡光,第18回日本ロボット学会学術講演会,2000/09/01
  35. Multi-telerobot Coordinated Control with On-line Graphics Simulator,丁洛榮、神徳徹雄、大場光太郎、佐々木久幸、小森谷清、谷江和雄,第18回日本ロボット学会学術講演会,2000/09/01
  36. 遠隔協調型ロボットシステムに関する研究 (第3報:協調作業実験による操作支援手法の検証),神徳徹雄、丁洛榮、佐々木久幸、大場光太郎、小森谷清、谷江和雄,第18回日本ロボット学会学術講演会,2000/09/01
  37. 複数の遠隔操作ロボットによるコラボレーション作業実験,大明準治、橋本英昭、尾崎文夫、前田勝宏、松日楽信人、神徳徹雄、大場光太郎、小森谷清、谷江和雄、丁洛榮、第18回日本ロボット学会学術講演会,000/09/01
  38. 遠隔操作型ロボットの協調作業におけるVRシステムによる操作支援,神徳徹雄、丁榮洛、佐々木久幸、大場光太郎、小森谷清、谷江和雄,日本バーチャルリアリティ学会第5回大会,2000/09/01
  39. 音声指示による物体の移動位置制御 副詞を用いた音声指示,平塚誠良、梶川伸哉、大場光太郎、猪岡光、第18回日本ロボット学会学術講演会,2000/09/01
  40. Multi-telerobot Coordinated Control with On-line Graphics Simulator,丁洛榮、神徳徹雄、大場光太郎、佐々木久幸、小森谷清、谷江和雄,第18回日本ロボット学会学術講演会,滋賀、2000/09/14
  41. 遠隔協調型ロボットシステムに関する研究 (第3報:協調作業実験による操作支援手法の検証),神徳徹雄、丁洛榮、佐々木久幸、大場光太郎、小森谷清、谷江和雄,第18回日本ロボット学会学術講演会,滋賀、2000/09/14
  42. 複数の遠隔操作ロボットによるコラボレーション作業実験,大明準治、橋本英昭、尾崎文夫、前田勝宏、松日楽信人、神徳徹雄、大場光太郎、小森谷清、谷江和雄、丁洛榮、第18回日本ロボット学会学術講演会,滋賀、2000/09/14
  43. 遠隔操作型ロボットの協調作業におけるVRシステムによる操作支援,神徳徹雄、丁榮洛、佐々木久幸、大場光太郎、小森谷清、谷江和雄,日本バーチャルリアリティ学会第5回大会,つくば、2000/09/19
  44. 遠隔作業のための臨場感視覚システムの試作と評価,小田野清香、大場光太郎、神徳徹雄、丁洛榮、佐々木久幸、谷江和雄、田原久旗,機械技術研究所研究発表会,2000/11/01
  45. Depth from Focus Criteria with Best Focal Distance Comparison and Evaluation,C.Pedraza、大場光太郎、谷江和雄,機械技術研究所研究発表会,2000/11/01
  46. 遠隔作業のための臨場感視覚システムの試作と評価,小田野清香、大場光太郎、神徳徹雄、丁洛榮、佐々木久幸、谷江和雄、田原久旗,機械技術研究所研究発表会,2000/11/01
  47. Depth from Focus Criteria with Best Focal Distance Comparison and Evaluation,C.Pedraza、大場光太郎、谷江和雄,機械技術研究所研究発表会,2000/11/01
  48. Improvement of the Depth from Focus Criteria's perfomance by using Inverse Filtering technique and focal distance properties,大場 光太郎、Pedraza Jesus Carlos、谷江 和雄,ロボティクス・メカトロニクス講演会'01,香川大学工学部、2001/06/08
  49. Remote multi-telerobot coordinated control using virtual repulsive force field,Chong Nak-Young、神徳 徹雄、大場 光太郎、谷江 和雄,ロボティクス・メカトロニクス講演会'01,香川大学、2001/06/10
  50. Robot Navigation Vision System Based on the improved DFF criteria,大場 光太郎、Pedraza Jesus Carlos、谷江 和雄,第19回日本ロボット学会学術講演会,東京、2001/09/18
  51. 微細環境における観測対象の三次元可視化~IQM値を考慮に入れたボリュームレンダリング~,大場 光太郎、大原 賢一、水川真(芝浦工大)、滝克彦(日本ビジュアルサイエンス),第45回自動制御連合講演会,仙台、2002/11/26
  52. マイクロハンドへの3次元画像システム統合化,谷川 民生、大場 光太郎、平木 雅彦(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)、永井 稔(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所)、若槻 壮市(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所),計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,神戸、2002/12/20
  53. 全自動X 線蛋白質結晶構造解析システムの開発,平木 雅彦、永井 稔、大原 賢一、谷川 民生、大場 光太郎、若槻 壮市,第16回日本放射光学会年会合同シンポジウム,姫路、2003/01/10
  54. 微細作業用二本指マイクロハンドのクローニングにおける卵操作への応用,谷川 民生、大場 光太郎、大原 賢一、高橋 清也、新井 健生,ロボティクス・メカトロニクス講演会,はこだて未来大学、2003/05/24
  55. 微細環境下で作業するロボットのためのビジョンシステムに関する提案,大原 賢一、大場 光太郎、谷川 民生、水川 真,ロボティクス・メカトロニクス講演会'03,はこだて未来大学、2003/05/24
  56. 知識分散型ロボット制御フレームワーク,本宮 弘、丁 洛榮、大場 光太郎、大原 賢一、宮崎 学、竹村 浩司、平井 成興、谷江 和雄,日本ロボット学会第21回学術講演会,東京工業大学 大岡山キャンパス、2003/09/22
  57. 知識分散型ロボットシステムに関する研究 ~タグベーストビジョンシステム~,竹村 浩司、大原 賢一、大場 光太郎、丁 洛榮、平井 成興、谷江 和雄,第4回 SICE システムインテグレーション部門(SI部門)講演会,東海大学代々木キャンパス、2003/12/19
  58. 知識分散型ロボットシステム 基本コンセプトと実験環境の構築,本宮 弘、丁 洛榮、大場 光太郎、宮崎 学、平井 成興、谷江 和雄,第4回 SICE システムインテグレーション部門(SI部門) 講演会,東海大学代々木キャンパス、2003/12/19
  59. 知識分散型ロボットシステムに関する研究 - 分散知識の統合管理 - ,宮崎 学、本宮 弘、大場 光太郎、丁 洛榮、平井 成興、谷江 和雄、水川 眞,第4回SICEシステムインテグレーション部門(SI部門)講演会,東海大学代々木キャンパス、2003/12/19
  60. 微細環境下における自動化システムの開発 ~ビジョンとマニピュレータのキャリブレーション~ ,大原 賢一、大場 光太郎、谷川 民生、水川 真,第4回 SICE システムインテグレーション部門(SI部門) 講演会,東海大学代々木キャンパス、2003/12/20
  61. 知識分散型タグベーストビジョンシステム,竹村 浩司、大原 賢一、大場 光太郎、丁 洛榮、平井 成興、谷江 和雄,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,名古屋、2004/06/18
  62. 知識分散型ロボットシステムのための知識構造と管理手法,宮崎 学、本宮 弘、丁 洛榮、大場 光太郎、平井 成興、谷江 和雄,ロボティクス・メカトロニクス講演会'04,名城大学、2004/06/20
  63. 物体認識のためのハンドアイを用いた視点位置決定手法,木下 綾子、大原 賢一、竹村 浩司、大場 光太郎、新中 新二,第22回日本ロボット学会学術講演会,岐阜大学、2004/09/16
  64. Automated micro manipulation system with protein crystal,大原 賢一、大場 光太郎、谷川 民生、平木 雅彦、若槻 壮一、水川 眞、谷江 和雄,2004 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science,名古屋、2004/11/02
  65. 知識分散型ロボットシステムに関する研究 -マルチエージェントシステムの適用-,宮崎 学、KIM Bong Keun、大場 光太郎、丁 洛榮、平井 成興、水川 眞、谷江 和雄,第5回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会,つくば、2004/12/18
  66. 知識分散型タグベーストハンドアイシステム,大原 賢一、竹村 浩司、大場 光太郎、平井 成興、谷江 和雄,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,つくば、2004/12/18
  67. Distributed Robot Control Environment Using Web Services,金 奉根、宮崎 学、大場 光太郎、平井 成興、谷江 和雄,2004 システムインテグレーション部門講演会 (SI2004),Tsukuba, Japan、2004/12/18
  68. 微細環境下における自動化システムの開発 ~タンパク質結晶の自動把持~,大原 賢一、大場 光太郎、谷川 民生、平木 雅彦、若槻 壮一、谷江 和雄,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,つくば、2004/12/19
  69. RTコンポーネントを用いたシステムの設計に向けて -事例:書籍整理システム-,北垣 高成、作田 康平、大原 賢一、宮崎学、大場 光太郎、末廣 尚士、安藤 慶昭,ロボティクス・メカトロニクス講演会,神戸、2005/06/11
  70. 空間機能化のための空間機能モジュールの提案,大原 賢一、大場 光太郎、金 奉根、谷川 民生、平井 成興、谷江 和雄,ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,神戸、2005/06/11
  71. Localization for networked robots in the informative spaces,金 奉根、宮崎 学、大原 賢一、大場 光太郎、谷川 民生、平井 成興、谷江 和雄,2005 ロボティクス・メカトロニクス講演会 (ROBOMEC2005),神戸、2005/06/11
  72. ユビキタス・ロボットの機能の検索とその利用に関する検討,大原 賢一、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興,計測自動制御学会システムインテグレーション部門部門会,熊本、2005/12/17
  73. 空間機能化へ向けたアクチュエーションモジュールの実現 -アクティブ・キャスタの開発-,友國 伸保、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興,第 6 回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 (SI部門) 講演会,熊本県、2005/12/17
  74. Ubiquitous Function Services for Networked Robots,金 奉根、大原 賢一、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興,2005 計測自動制御学会(SICE) システムインテグレーション部門 講演会(SI2005),熊本、2005/12/17
  75. 組込機器のための軽量RTコンポーネント:RTComponent-Lite,安藤 慶昭、鈴木 喬、稲垣 学、大原 賢一、大場 光太郎、谷江 和雄,計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2005 (SI2005),熊本、2005/12/18
  76. 分散配置されたセンサを用いた移動台車制御 -ユビキタス・ロボットにおける複数センサコンポーネントの選択利用-,稲垣 学、鈴木 喬、大原 賢一、安藤 慶昭、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興、水川 真,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,早稲田大学, 東京、2006/05/27
  77. 多様な組込み機器で動作する RTComponet-Lite の開発,鈴木 喬、安藤 慶昭、稲垣 学、大原 賢一、大場 光太郎、谷江 和雄,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,早稲田大学, 東京、2006/05/27
  78. Ubiquitous function services for ambient intelligence,金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興,韓国ロボット工学会夏季総合学術大会,Jeju, Korea、2006/06/14
  79. 無線通信に基づく検知保護装置の有用性,大原 賢一、岡部康平、大場 光太郎、山田 陽滋,第23回日本ロボット学会学術講演会,岡山大学、2006/09/15
  80. 分散型アクチュエーションモジュールによる移動機能の実現,友國 伸保、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興,RSJ2006,岡山、2006/09/16
  81. 日常生活支援のための環境浸透型マイクロセンサ・アクチュエータアレイ,冨沢 哲雄、谷川 民生、大場 光太郎,SI 2006,札幌、2006/12/14
  82. RTミドルウエアを適用したロボット機能要素の分散制御,鈴木 喬、大原 賢一、安藤 慶昭、大場 光太郎、谷江 和雄,計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2006 (SI2006),札幌, 北海道、2006/12/14
  83. People Tracking Method using SOKUIKI Sensors,Lee Jae Hoon、金 奉根、大場 光太郎,7th SICE System Integration Div. Annual Conference,札幌、2006/12/14
  84. RTミドルウェアを用いた複数のロボットサービスに対応するフレームワークの提案,菅原 隆行、Lee Jae Hoon、金 奉根、大原 賢一、大場 光太郎,第7回計測自動制御学会システム・インテグレーション部門講演会,札幌、2006/12/14
  85. マイクロロボティクスを適用した胚操作の自動化 卵細胞切断モジュールの開発 ,市川 明彦、高橋清也(蓄草研)、谷川 民生、大場 光太郎,第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2006),札幌コンベンションセンター、2006/12/15
  86. 小型ロボット向けトルク制御サーボコントローラ,友國伸保、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興,第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2006),札幌コンベンションセンター、2006/12/15
  87. 空間機能化のための分散型アクチュエーションモジュール,友國伸保、谷川 民生、金 奉根、大場 光太郎、平井 成興, 第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2006),札幌コンベンションセンター、2006/12/15
  88. 知能化空間におけるユーザインタフェースに関する研究,下山 直紀、大原 賢一、友國伸保、森戸貴、南正輝、柿倉正義、大場 光太郎,第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,札幌コンベンションセンター、2006/12/15
  89. 配置自由な分散型アクチュエーションモジュールによる移動ロボットの実現,友國 伸保、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎、平井 成興,2007 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC2007),Akita、2007/05/10
  90. 領域検知機能を有する空間機能モジュールの開発,大原 賢一、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎,Robomec2007,秋田ALVE、2007/05/11
  91. 空間機能化のための分散型アクチュエータモジュール ―二車輪型のアクティブ・キャスタのキネマティクス―,李 在勲、友國伸保、金 奉根、大場 光太郎,ROBOMEC 2007,Akita、2007/05/11
  92. 日常生活支援のための環境浸透型マイクロアクチュエータアレイ -パラレルメカニズムを利用したマイクロアクチュエータの構成-,冨沢 哲雄、谷川 民生、大場 光太郎,ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,秋田拠点センターALVE、2007/05/12
  93. スーパーマーケットでショッピングするための遠隔ロボットシステム,冨沢 哲雄、大矢晃久、油田信一、大場 光太郎,ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,秋田拠点センターALVE、2007/05/12
  94. 細胞切断システムの開発,市川 明彦、高橋清也、谷川 民生、大場 光太郎,ロボティクスメカトロニクス2007,秋田拠点センターALVE、2007/05/12
  95. Security Door System Using People Tracking Method,李 在勲、KIM YONG-SHIK、金 奉根、大場 光太郎、川田 浩彦、大矢晃久、油田信一、The 2nd KRS Annual Conference,Korea、2007/06/28
  96. 空間機能モジュールを用いたマルチセンサネットワークシステムの開発,大原 賢一、谷川 民生、大場 光太郎、南 正輝、森戸 貴,インテリジェントシステムシンポジウム,愛知工業大学、2007/08/06
  97. A Data Integration for Localization with Different-Type Sensors,KIM YONG-SHIK、金 奉根、大場 光太郎、大矢 晃久,International Conference on Advanvenced Robotics,Jeju, Korea、2007/08/22
  98. 移動のための知識と環境構造,冨沢 哲雄、音田 弘、大場 光太郎,第25回日本ロボット学会学術講演会,千葉工業大学、2007/09/13
  99. ロボットの作業実現のための知識記述の検討,大原 賢一、菅原 隆行、李 在勲、音田 弘、大場 光太郎,日本ロボット学会学術講演会,千葉工業大学、2007/09/13
  100. 環境構造化と作業構造の解析について ,音田 弘、大原 賢一、冨沢 哲雄、菅原 隆行、大場 光太郎,日本ロボット学会学術講演会,津田沼、2007/09/13
  101. OMGモデルに準拠した軽量RTコンポーネント:RTComponent-Lite-0.4.0の開発,鈴木 喬、大原 賢一、安藤 慶昭、和田一義、大場 光太郎、谷江 和雄,第25回 日本ロボット学会学術講演会,千葉県、2007/09/14
  102. OpenRTM-aist-0.4.0を用いたモバイルマニピュレータの基本コンポーネントの検討,菅原 隆行、李 在勲、大原 賢一、音田 弘、友國 伸保、金 奉根、安藤 慶昭、大場 光太郎,第25回 日本ロボット学会学術講演会,千葉県、2007/09/14
  103. 天気情報取得コンポーネントの開発 -RTミドルウエアグループとロボットサービスイニシアチブとの連携-,山野辺 夏樹、安藤 慶昭、原 功、大場 光太郎、神徳 徹雄、末廣 尚士、蔵田英之、中本啓之、神田真司,第25回日本ロボット学会学術講演会,千葉工業大学、2007/09/14
  104. 自動細胞切断システムの開発,市川 明彦、高橋清也、谷川 民生、大場 光太郎,第25回日本ロボット学会,千葉工業大学、2007/09/15
  105. 人間とロボットの共存環境におけるビジュアルマークの提案,大原 賢一、菅原 隆行、李 在勲、冨沢 哲雄、梁 雪峰、Do Hyun Min、金 容稙、金 奉根、角 保志、谷川 民生、音田 弘、園山隆輔、大場 光太郎,SICEシステムインテグレーション部門講演会,広島国際大学、2007/12/20
  106. Coordination of Multiple Mobile Robots with Distributed Sensors in Ubiquitous Environment,Do Hyun Min、金 奉根、冨沢 哲雄、KIM YONG-SHIK、李 在勲、梁 雪峰、谷川 民生、大場 光太郎,SI2007,広島、2007/12/20
  107. IDタグを活用した解体作業支援,神徳 徹雄、谷川 民生、金 奉根、大場 光太郎,第8回システムインテグレーション部門講演会,広島、2007/12/20
  108. Localization of Mobile Robot in Ubiquitous Environment,KIM YONG-SHIK、李 在勲、金 奉根、Do Hyun Min、冨沢 哲雄、梁 雪峰、谷川 民生、大場 光太郎,SICE SI 2007,Hiroshima, Japan、2007/12/20
  109. ユビキタス・ロボット・インタフェース "FUSEN"の提案 第1報 基盤ソフトウエアプラットフォームの検討,鈴木 喬、大原 賢一、下山 直紀、安藤 慶昭、大場 光太郎、和田 一義,計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2007 (SI2007),広島県、2007/12/20
  110. ロボットの作業を支援するための物理的環境構造化に関する研究,菅原 隆行、大原 賢一、李 在勲、冨沢 哲雄、KIM YONG-SHIK、梁 雪峰、Do Hyun Min、金 奉根、音田 弘、谷川 民生、角 保志、園山 隆輔、大場 光太郎,第8回システムインテグレーション部門講演会(SI2007),広島、2007/12/20
  111. Task Oriented Planning Algorithm for Multiple Mobile Robots in the Ubiquitous Robot Technology Space,金 奉根、梁 雪峰、Do Hyun Min、KIM YONG-SHIK、李 在勲、冨沢 哲雄、大原 賢一、谷川 民生、大場 光太郎,第8回システムインテグレーション部門講演会(SI2007),広島、2007/12/20
  112. 自動細胞切断システムの開発,市川 明彦、松川和嗣、高橋清也、谷川 民生、大場 光太郎,SI2007,広島、2007/12/20
  113. ユビキタス・ロボット・インターフェース"FUSEN"の提案 第2報:物体同士の関連付けを用いたFUSENアプリケーションに関する研究,下山 直紀、大原 賢一、鈴木喬、大場 光太郎、五十嵐洋,システムインテグレーション部門 講演会,広島、2007/12/20
  114. 分散配置された物体形状の知識とLRFを併用したパスプランニングに関する研究,冨沢 哲雄、坂場 俊介、大場 光太郎、和田 一義,SI2007,広島国際大学、2007/12/21
  115. 空間機能化のための二車輪型のアクティブ・キャスタの運動モデル,李 在勲、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎,SI2007,広島、2007/12/21
  116. 北陽電機・産総研ジョイントチームによるつくばチャレンジへの取り組み-複数の測域センサをベースとした実環境屋外長距離ナビゲーション-,冨沢 哲雄、高井 和夫、川田 浩彦、上村 聡文、角 保志、大場 光太郎,SI2007,広島国際大学、2007/12/22
  117. 分散アクチュエータの運用環境とアクティブ・キャスタの実装,冨沢 哲雄、高木和貴、谷川 民生、大場 光太郎、水川 眞,SI2007,広島国際大学、2007/12/22
  118. 北陽電機・産総研ジョイントチームによるつくばチャレンジへの取り組み,冨沢 哲雄、高井 和夫、川田 浩彦、上村 聡文、角 保志、大場 光太郎,つくばチャレンジシンポジウム,東京、2008/01/12
  119. Recognition and Localization of Construction Material Using Scan Matching Method,Do Hyun Min、KIM YONG-SHIK、B.K.Kim、Kohtaro Ohba, Ghang Lee、Seok-Heon Yun,平成20年電気学会電子・情報・システム部門大会,函館、2008/08/21
  120. Recognition of Steel Frame Material Using Multi-LRFs for Robotic Crane,Do Hyun Min、KIM YONG-SHIK、B.K.Kim、Kohtaro Ohba, Ghang Lee、Seok-Heon Yun,第26回日本ロボット学会学術講演会,神戸、2008/09/09
  121. New Estimation Method for Reducing Sensor Registration Error,KIM YONG-SHIK、J.H.Lee、Do Hyun Min、B.K.Kim、Tamio Tanikawa, Kohtaro Ohba, Ghang LEE、Seok-Heon YUN,The 26th Annual conference of the RSJ,Kobe、2008/09/09
  122. Parameter Estimation for a Mobile System with Distributed Active Casters,J.H.Lee, B.K.Kim, T.Tanikawa, K.Ohba, 第26回日本ロボット学会学術講演会,神戸、2008/09/10
  123. マイクロマニピュレータの開発 ~薄板ヒンジ機構を用いた3自由度駆動機構並びに 積層ピエゾ拡大機構の開発~ ,市川 明彦、谷川 民生、大場 光太郎,RSJ2008,兵庫県,神戸大学、2008/09/10
  124. 異機種ロボット間のプログラム共通化を目指したソフトウェア構造 -共通化構造の概要と産総研電動車椅子のシステム構成-,冨沢 哲雄、李 在勲、KIM YONG-SHIK、Do Hyun Min、角 保志、金 奉根、谷川 民生、音田 弘、大場 光太郎,SI 2008,岐阜、2008/12/05
  125. 物理・情報的な機能補完単位を用いた環境構造化の方法について,音田 弘、角 保志、冨沢 哲雄、李 在勲、KIM YONG-SHIK、Do Hyun Min、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎,SI2008,岐阜、2008/12/05
  126. Goal-directed Obstacle Avoidance Using Lane Method,Do Hyun Min、KIM YONG-SHIK、金 奉根、李 在勲、冨沢 哲雄、角 保志、谷川 民生、大場 光太郎,第9回 (社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,岐阜、2008/12/05
  127. IDタグを用いた解体作業支援システム,神徳 徹雄、谷川 民生、Biggs Mark Geoffrey、金 奉根、大場 光太郎,第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,岐阜、2008/12/05
  128. 北陽電機・産総研チームによるつくばチャレンジ2008への取り組み,冨沢 哲雄、安田 国弘、松尾 清史、川田 浩彦、李 在勲、角 保志、大場 光太郎,SI 2008,岐阜、2008/12/06
  129. Universal Design of the Ubiquitous Robotic Space Considering Robot Task and Environment Structure,金 奉根、KIM YONG-SHIK、Do Hyun Min、冨沢 哲雄、李 在勲、音田 弘、角 保志、谷川 民生、大場 光太郎,SI2008,岐阜、2008/12/06
  130. 卵細胞除核システムの自動化に関する研究,市川 明彦、谷川 民生、松川和嗣、高橋清也、大場 光太郎,SI2008,岐阜県岐阜市、2008/12/06
  131. μITRONベース組込みシステムのためのRTミドルウエア,安藤 慶昭、原 功、大場 光太郎,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,福岡、2009/05/25
  132. つくばチャレンジ2008 における自律移動ロボットの開発 ―HOIST2 のシステム構成とナビゲーション手法―,安田 国弘、冨沢 哲雄、松尾 清史、川田 浩彦、李 在勲、角 保志、大場 光太郎,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会,ROBOMEC'09,福岡国際会議場、2009/05/26
  133. デスクトップマイクロハンドの開発,市川 明彦、谷川 民生、大場 光太郎,第27回日本ロボット学会,横浜国立大学、2009/09/15
  134. Identifying and Locating Structural Steel Members in the Stockyard Using RFID and Range Data,Do Hyun Min、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎,第27回日本ロボット学会学術講演会,横浜国立大学、2009/09/16
  135. 自動核移植のための自動細胞切断・核認識システム,市川 明彦、谷川 民生、赤木悟史、大場 光太郎,第27回日本ロボット学会,横浜国立大学、2009/09/16
  136. 生活支援ロボットのための視覚マーカシステム,田中 秀幸、冨沢 哲雄、角 保志、李 在勲、Do Hyun Min、金 容植、金 奉根、谷川 民生、音田 弘、大場 光太郎,SICEシステムインテグレーション部門講演会(SI2009),Tokyo、2009/12/24
  137. 自動除核システム,市川 明彦、谷川 民生、赤木悟史、大場 光太郎,SI2009,芝浦工業大学豊洲キャンパス、2009/12/26
  138. 高セキュリティおよび低消費を実現する住宅のRT化,谷川 民生、大原賢一、中本啓之、飯島雅人、安藤 慶昭、坂本武志、神徳 徹雄、大場 光太郎、新井健生,第28回日本ロボット学会学術講演会,名古屋工業大学、2010/09/23
  139. 日米欧国際比較を含む生活支援ロボットの安全認証意識調査,中坊 嘉宏、大場 光太郎、本間敬子、水口大知、尾暮拓也、櫛山哲郎、美和晃、内田斉、野村弘美,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,岡山、2011/05/26
  140. 生活支援ロボットの安全性試験方法の開発,藤川達夫、小口 誠、大場 光太郎、松本 治、加藤 晋、池田博康、村上真之,第29回日本ロボット学会学術講演会,東京、2011/09/07
  141. 気仙沼~絆~プロジェクトの現状と課題,本村 陽一、西村 拓一、小島 一浩、大場 光太郎,モバイル学会,大阪、2012/03/15
  142. Parameter Estimation Experiment of Decentralized Caster Module Position,大原 和義、李 在勲、岡本 伸吾、金 奉根、谷川 民生、大場 光太郎,ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,浜松、2012/05/27
  143. 気仙沼〜絆〜プロジェクト:KESENNUMA MODELの構築に向けて,小島 一浩、大場 光太郎、谷川 民生、麻生 英樹、永見 武司、梶谷 勇、本村 陽一、小林 吉之,人工知能学会,山口県、2012/06/13
  144. スマートコミュニティに基づく被災地仮設住宅支援モデル,谷川 民生、小島 一浩、大場 光太郎、梶谷 勇、永見 武司、麻生 英樹、橋田 浩一、西村 拓一、本村 陽一,第13回建設ロボットシンポジウム,早稲田大学、2012/09/11
  145. 生活支援ロボットのセンサのための人工太陽灯による光干渉試験,角 保志、堀内 英一、松本 治、大場 光太郎,日本ロボット学会第30回記念学術講演会,札幌市、2012/09/19
  146. 絆PJの歩み,小島 一浩、大場 光太郎、谷川 民生、麻生 英樹、永見 武司、梶谷 勇、本村 陽一、小林 吉之,JWEIN&DOCMAS合同秋合宿2012,石川県、2012/12/11
  147. 東日本大震災の復興における震災ネットワークの状況に関して -気仙沼市の実践例-,小島 一浩、大場 光太郎、谷川 民生、麻生 英樹、永見 武司、梶谷 勇、本村 陽一、小林 吉之,ネットワーク生態学シンポジウム,沖縄県、2012/12/15
  148. 高信頼双腕作業ロボットのためのシステム実装手法の提案,花井 亮、齋藤 元、中坊 嘉宏、藤原 清司、尾暮 拓也、水口 大知、本間 敬子、大場 光太郎,第18回ロボティクスシンポジア,山形、2013/03/15
  149. 人の近くで作業を行う双腕ロボットのための 動作生成系の要求に基づく設計,花井 亮、齋藤 元、鈴木 尚志、穴田 啓樹、藤原 清司、Biggs Mark Geoffrey、尾暮 拓也、水口 大知、大場 光太郎,ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,つくば、2013/05/24
  150. Outdoor Environment Simulators for Vision-Based Safety Sensors - Artificial Sunlight Lampheads and Simulated-Snow Chamber,角 保志、金 奉根、松本 吉央、堀内 英一、松本 治、大場 光太郎,2013 IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts (ARSO2013),東京、2013/11/07

ページの先頭に戻る


Last update: 2015