11月15日午前の三宅島

東京ヘリポート離発着(「おおぞら」) 9:05-11:24[三宅上空9:58-10:22]
報告=伊藤(地調).同乗者=金子(東大)
■ 噴煙の様子
 噴煙高度約 1500m.噴煙は白色.ほぼ連続的に上がる.
 主に北東方向.硫酸ミストは赤場暁方向に流れる.

■ 陥没火口内の様子
 スオウ穴より西側の11/6に確認された崩落部では,崩落がまだ継続しているかもしれない.
 この部分だけ壁の傾斜がやや緩やかになっているようにも見える.
 直下の水たまりを埋め,少し崖錐ができはじめている.
 陥没火口西側にも火山灰がとれた赤茶色の崖が見えており,わずかに崩落が進んでいるもよう.
 南西部の陥没火口縁には,小規模な亀裂が確認できた.

■ 噴火口の様子
 主要火口に特に変化無し.
 楕円の噴火口がよく見えた(少し蒸気量が減っているのか?風の影響か?)


 

警視庁へり「おおとり」
南側から見た陥没火口と噴煙

南側から陥没火口内を観察する

噴火口の様子

北側から見た噴煙と火山ガス

式根島西方から三宅島を望む