井上 朋也 (Inoue, Tomoya) 本文へジャンプ

プロフィール/CV

<学歴>
1988年3月 神奈川県立湘南高等学校卒業
1992年3月 東京大学理学部化学科卒業
1997年3月 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程修了
博士(理学)取得

Educational History
The University of Tokyo: 1988 - 1997
1992 - 1997: Graduate School of Science M. Sc. (1994), Dr. Sci. (1997), Chemistry
Studies on a reaction mechanism over heterogeneous catalysis, including X-ray absorption spectroscopies for characterization under the supervision of Professor Yasuhiro Iwasawa.
Thesis title: The Applications of Pt-X Heterojunction to Advanced Selective Reactions

1988 - 1992: Undergraduate course. B. Sc. (1992), Chemistry

<職歴>
1997年4月 旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社) 入社
       水島製造所にて石油化学プロセス開発に従事。
2001年8月 マサチューセッツ工科大学 訪問技術者(旭化成株式会社より留学)
       マイクロリアクター技術開発に従事。
2004年7月 (独)産業技術総合研究所 メンブレン化学研究ラボ 研究員
2005年4月 同 コンパクト化学プロセス研究センター 研究員(改組による)。
2010年4月 同 集積マイクロシステム研究センター 主任研究員(同 コンパクト化学システム研究センター 併任(2015年3月まで)。*仙台→つくばに異動しました。
2014年4月 同 集積マイクロシステム研究センター チーム長(グリーンナノデバイス
研究チーム→化学バイオインターフェースチーム(2015年4月~、同時に(独)→(国研)))
2017年1月 (兼務)同 触媒化学融合研究センター 革新的酸化チーム付→フロー化学チーム付(2017年4月~)
現在に至る。

Career History
AIST: 2004 - Present
2017 - present: Cross-appointment to the Interdisciplinary Research Center for Catalytic Chemistry (IRC3)
2014 - Present: Team Leader at the Research Center for Ubiquitous MEMS and Micro Engineering (UMEMSME), Tsukuba, Japan.
2010 - 2013: Senior Research Scientist at UMEMSME with cross-appointment to CCS.
2009 - 2010: Senior Research Scientist at the Research Center for Compact Chemical Process (CCP).
2004 - 2009: Research Scientist at CCP.
Asahi Kasei Corporation: 1997 - 2004
2003 - 2004: Research Scientist, Kawasaki Plant, Kawasaki, Japan. August 2001 - September 2003: Visiting engineer at Massachusetts Institute of Technology (vide infra).
1997 - 2001: Research Scientist, Mizushima Complex, Kurashiki, Japan.
Massachusetts Institute of Technology: 2001 - 2003
2001 - 2003: Visiting engineer on leave from Asahi Kasei Corporation, Cambridge, Massachusetts, the United States.