エックス線作業主任者試験について

Topへ戻る



  2001.4.1に改正「電離放射線障害防止規則」(電離則)が施行され、
    私が試験を受けた時の内容とは変更された部分があります。


試験準備

 きっかけ
   「X線発生装置を使用する人は、なるべくエックス線作業主任者免許を
   取得するように」と研究所から言われて、2000年10月ごろから勉強を始めました。
   2001年1月18日受験。試験の経過と感想はこちらです。

 試験情報
   安全衛生技術試験協会のwebページに試験手続きや
   試験日程、試験会場に関する情報が掲載されています。
    関東地区は千葉県市原市の関東安全衛生技術センターで2ヶ月に1回、
   試験が行われているとの事です。

   ・試験10:00開始。試験開始15分前までに入室。
   ・試験終了は15:30
   ・出題はマークシート方式。5択。
   ・電卓必ず持参。ただし、文字や数式を記憶させられるものは使用不可。
   ・各科目4割以上の得点を取り、合計で6割以上の得点で合格だそうです。

      試験案内

 参考資料
  ・オーム社 「エックス線作業主任者受験テキスト」 2700円
    私が購入したのは、電離則改正前の内容の版です。

  ・毎年の放射線教育訓練の資料


 法令情報
   「電離放射線障害防止規則」を含めて、
    労働安全衛生法、労働安全衛生規則、関連通達、その他安全衛生についての法令は
    安全衛生情報センターの ここで閲覧できます。
    こちらは、電離則改正後の新しい内容になっています。




試験ノート(上記の参考資料をもとに)
    このwebの内容の正確さについて責任を負いかねます。
   電離則改正前(私が受験したとき)の内容です。
     
  1. エックス線の管理
      # この試験におけるエックス線装置は、主に産業用を念頭に置いているようである。

     
  2. エックス線の測定
     
  3. エックス線の生体に与える影響
     
  4. 電離放射線障害防止規則と関係法令
        要約はこちら






資格試験のページにもどる

山脇のページの最初にもどる


このページは山脇が作りました。