試料部観察用顕微鏡と加圧治具


Topへ戻る




無機材研型DACや小型セル(専用加圧治具に組み込む)はギア・ボックスで加圧します。 写真のものは協和製作所で作成してもらったギア・ボックスです。 この種のギア・ボックスとしては重量が軽く、XYステージもついています。 カウンタの目盛りも細かくついていて、加圧の際のギアの回転も軽く回ります。
ギア・ボックスの中央の穴から、下側からのファイバー照明を通しています。

顕微鏡部分はライカ製M420です。色収差の少ないアポクロマート対物レンズを使用、一軸光軸のため開口角の狭いDACの観察にも適しています。また、高倍率ながら実体顕微鏡なみの作動距離を有し、DACの調整にも便利です。

M420 パーツリスト
型番 品名
10 391 354 50mmφ支柱取付用180mmH/25mmφ支柱
10 445 152 大型スイングアーム用ベース 550mmH/50mmφ支柱
10 457 269 M420 オプティクスキャリヤー
10 374 584 支柱安全ストッパー
10 445 303 接眼レンズ 40×/6B(一対)
10 400 076 対物レンズ アポズーム WD102mm
10 401 833 付加対物レンズ 2.0× WD45mm
10 246 634 同軸落斜照明器 6V/20W
10 445 312 トランス 6V/20W
10 445 352 1/4 ラムダ板 同軸落斜用
10 376 119 接眼テンプレート 12mm: 120等分(十字線入)
10 400 052 TV-Cマウント F=50mm
10 445 304 TV/写真用 接眼レンズ 10×/21 固定
10 445 546 TV/写真用 中間チューブ

  購入時の価格 およそ170万円






ギア・ボックスなしで行えるDACの調整や試料部観察には ニコン製実体顕微鏡 SMZ-Uなども使用しています。


 本体、同軸落斜照明装置、明暗視野透過照明スタンド等で
  およそ85万円





産総研webページにもどる

山脇のページの最初にもどる


このページは山脇が作りました。