氏名:渡邊洋  所属:健康工学研究部門 くらし情報工学研究グループ

【1.所属,役職】

[所属、役職]

1) 光機能材料部情報光学研究室任期付研究員、1997/10/01-2000/09/30

2) 光機能材料部情報光学研究室主任研究員、2000/10/01-2001/03/31

3) ヒューマンストレスシグナル研究センター ストレス・加齢工学研究チーム,主任研究員、2001/04/01-2004/03/31

4) 人間福祉医工学研究部門 くらし情報工学グループ,主任研究員、2004/04/01-2009/03/31

5) イノベーション推進室,企画主幹、2009/04/01-2010/03/31

6) 健康工学研究部門 くらし情報工学グループ,主任研究員、2010/04/01-2011/03/31

7) 健康工学研究部門 くらし情報工学研究グループ,主任研究員、2011/04/01-

[兼務・出向等]

1) 兼務:人間福祉医工学研究部門 マルチモダリティ研究グループ,研究グループ付、2005/07/01-2009/03/31

2) 兼務:環境安全管理部 ライフサイエンス実験管理センター,センター付、2007/07/01-2009/03/31

3) 兼務:人間福祉医工学研究部門,研究部門付、2009/04/01-2010/03/31

4) 兼務:ヒューマンライフテクノロジー研究部門 マルチモダリティ研究グループ,研究グループ付、2010/04/01-

[担当研究テーマ(予算制度)]

1) 科学技術振興調整費流動促進研究課題、1997/10/01-2001/03/31

2) 科学技術振興調整費目標達成型脳科学研究、1997/10/01-2001/03/31

3) 人間行動適合型生活環境創出システム技術プロジェクト、2000/04/01-2005/03/31

【2.研究業績】

[産業財産権(特許権) 国内特許 出願]

1) ヴァーチャルリアリティ装置,谷口 正樹(40、渡邊 洋(30、梅村 浩之(30,特願2002-132209、2002/05/08

2) 動揺病低減情報提示装置及び提示方法,渡邊 洋(50、寺本 渉(30、梅村 浩之(10、松岡 克典(10,特願2005-184534、2005/06/24

[産業財産権(特許権) 国内特許 登録]

1) ヴァーチャルリアリティ装置,谷口 正樹(40、渡邊 洋(30、梅村 浩之(30,特 3837501、2006/08/11

2) 動揺病低減情報提示装置及び提示方法,渡邊洋(50、寺本渉(30、梅村浩之(10、松岡克典(10,特 4482666、2010/04/02

[誌上発表 国際誌]

1) Measurements of cortical magnetic responses to visually-induced apparent self-motion perception,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池 季隆、外池 光雄、武田 憲昭(徳島大学)、久保 武(大阪大学),JOURNAL OF VESTIBULAR RESEARCH,11-3,pp.306-307、2002/09

2) Visual-vestibular conflict induced by virtual reality in humans,秋月 裕則、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡克典、久保 武(大阪大)、武田憲昭(徳島大),Neuroscience letters,351-3,pp.197-200、2003/04

3) Magnetic cortical responses associated with linear and circular vection,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池 季隆、外池 光雄,NEUROIMAGE,19-2,pp.1502-1502、2003/06

4) Judgment Biases of Temporal-Order Dependent on the Direction of Apparent Self-Motion,寺本 渉、渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、喜多伸一(神戸大学),IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS,87-6,pp.1466-1476、2004/06

5) Interaction between peripheral optical flow and foveal depth perception.,渡邊 洋、梅村 浩之、吉田千里(京都大学)、松岡 克典,Systems and Computers in Japan,35-8,pp.107-116、2004/07

6) Magnetic cortical activities associated with linear and circular vection,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池季隆(市立吹田市市民病院)、外池 光雄,Abstracts of the 14th International Conference on Biomagnetism,-,pp.-、2004/07

7) Magnetic cortical activities associated with linear and circular vection,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池季隆(市立吹田市市民病院)、外池 光雄,Biomagnetism,14-1,pp.437-438、2004/08

8) Investigation of the model for path selection behavior in open space.,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE,88-1,pp.18-26、2005/01

9) The fractal property of internal structure of facial affect recognition: A complex system approach,竹原卓真(北星学園大学)、落合史生(帝塚山大学)、渡邊 洋、鈴木直人(同志社大学),COGNITION & EMOTION,21-3,pp.522-534、2007/03

10) Does the GNAT incongruent trial make cognitive conflict?: Brain activities during Go/No-Go Association Task,日置孝一(神戸大学)、中川 誠司、渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、唐沢 穣(神戸大学),JOURNAL OF PERSONALITY AND SOCIAL PSYCHOLOGY,-,pp.243-243、2007/05

11) Effect of predictive sign of acceleration on heart rate variability in passive translation situation: preliminary evidence using visual and vestibular stimuli in VR environment,渡邊 洋、寺本 渉、梅村 浩之,Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation,4-36,pp.-、2007/09

12) Effects of spatial position on visual search for 3-D objects,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,PERCEPTION,36-8,pp.1229-1243、2007/09

13) Autonomic responses during motion sickness induced by virtual reality,大山晴三(徳島大学)、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡 克典、秋月裕則(徳島大学)、武田憲昭(徳島大)、原田保(徳島大学),AURIS NASUS LARYNX,34-3,pp.303-306、2007/09

14) Effects of optokinetic stimulation induced by virtual reality on locomotion: a preliminary study,大山晴三(徳島大学)、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡 克典、武田憲昭(徳島大),ACTA OTO-LARYNGOLOGICA,128-,pp.1211-1214、2008/11

15) Change of temporal-order judgment of sounds during long-lasting exposure to large-field visual motion,寺本 渉、渡邊 洋、梅村 浩之、喜多伸一(神戸大学),PERCEPTION,37-11,pp.1649-1666、2008/11

16) The activity of ISO / Study Group on "Image Safety" and three biological effect,渡邊 洋、氏家 弘裕,Second International Symposium on Universal Communication,-,pp.210-214、2008/12

17) Interpretation of optic flows synchronized with observer's hand movements,梅村 浩之、渡邊 洋,VISION RESEARCH,49-8,pp.834-842、2009/05

18) Modification of visual perception by action: Role of extraretinal information for 3-D perception ,梅村 浩之、渡邊 洋,ASIAGRAPH2010 in Tokyo Proceedings,4-2,pp.59-63、2010/10

19) Effects of stereoscopic presentation on visually induced motion sickness,氏家 弘裕、渡邊 洋,Proceedings of SPIE Stereoscopic Displays and Applications XXII,7863-,pp.786314-、2011/02

[誌上発表 和文誌]

1) 創造的音楽表現を可能とする音楽演奏支援手法の検討−音機能固定マッピング楽器の提案,西本一志、馬田一郎、渡邊洋、間瀬健二、中津良平、ATR知能映像研究所、神戸大学,情報処理学会論文誌,39,1556-1567-,pp.-、1998/05

2) 周辺視オプティカルフローと中心視奥行き知覚のインタラクション,渡邊洋、梅村浩之、吉田千里(神戸大)、松岡克典,電子情報処理通信学会論文誌,84-5,pp.491-500、2001/05

3) 顔陰影画像からの形状復元,渡邊洋、梅村浩之、松岡克典,電子情報処理通信学会論文誌,84-8,pp.1082-1088、2001/08

4) virtual reality を用いた視覚・前庭ミスマッチが生体に及ぼす影響,秋月裕則(川崎病院)、西池季隆(大阪大学)、渡邊 洋、松岡 克典、中川 誠司、久保 武(大阪大)、武田憲昭(徳島大),Equilibriun Research,60-5 ,pp.359-359、2001/10

5) 没入型仮想空間呈示装置内における効果的な高所呈示法の基礎的研究,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,電子情報通信学会和文論文誌A,85-11,pp.1304-1312、2002/11

6) 擬似運動感覚に関連した皮質部位:脳磁界計測による検討,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池 季隆、外池 光雄,第5回ヒト脳機能マッピング学会大会講演抄録集,5-1,pp.38-38、2003/03

7) Optic Flow の脳内処理過程,西池季隆(市立吹田市市民病院)、中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、外池 光雄、武田憲昭(徳島大学)、中川あや(大阪大学大学院)、久保 武(大阪大学大学院),頭頚部自律神経,17-1,pp.10-12、2003/11

8) 小規模空間における単一凸障害物周辺での経路選択行動の解析,渡邊 洋、井内一憲(大阪大学)、梅村 浩之、松岡 克典,IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,87-1,pp.20-30、2004/01

9) 見通しのよい空間における経路選択モデルの検討,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,電子情報通信学会和文論文誌A,J87-A-1,pp.31-39、2004/01

10) 視運動性眼振を指標とした視覚誘導性自己運動感覚の他覚的評価,寺本 渉、渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、喜多伸一(神戸大学),日本バーチャルリアリティ学会論文誌,9-1,pp.51-60、2004/06

11) VRを用いた経路選択行動モデルの検討--性格パラメータの導入,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,日本バーチャルリアリティ学会誌,9-4,pp.353-360、2004/12

12) Virtual realityを用いた動揺病研究,西池季隆(大阪大)、秋月裕則(徳島大学)、大山晴三(川崎病院)、渡邊 洋、松岡 克典、武田憲昭(徳島大),神経研究の進歩,49-2,pp.255-259、2005/04

13) 平衡感覚と脳磁図 −Vection(擬似運動感覚)発生時の脳活動推定−,中川 誠司、渡邊 洋、西池季隆(市立吹田市市民病院)、外池 光雄,日本生体磁気学会誌,18-1,pp.26-27、2005/07

14) 先行する課題内容が高齢者の注意の瞬きに及ぼす影響,渡邊 洋、足立 公洋、梅村 浩之、松岡 克典,人間工学,41-4,pp.244-247、2005/09

15) 統合失調症における二重課題時の反応時間特性,渡邊 洋、吉川敦(有馬高原病院)、絹谷昌之(有馬高原病院)、大槻不二比古(有馬高原病院)、大原一幸(有馬高原病院)、植野季男(有馬高原病院)、武田一寿(有馬高原病院)、西岡華(有馬高原病院)、梅村 浩之、松岡 克典、山本博一(有馬高原病院),臨床精神医学,34-11,pp.1565-1572、2005/11

16) 統合失調症における結合錯誤現象,渡邊 洋、吉川敦(有馬高原病院)、絹谷昌之(有馬高原病院)、大槻不二比古(有馬高原病院)、大原一幸(有馬高原病院)、植野季男(有馬高原病院)、武田一寿(有馬高原病院)、西岡華(有馬高原病院)、梅村 浩之、松岡 克典、山本博一(有馬高原病院),臨床精神医学,36-2,pp.195-202、2007/02

17) 操作行動に連動する物体の3次元構造の知覚とその変容,梅村 浩之、渡邊 洋,電子情報通信学会技術研究報告,HIP2007-44,pp.61-66、2007/06

18) 没入型VR装置を用いた経路選択プロセスの検討,梅村 浩之、渡邊 洋,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,12-4,pp.559-566、2007/12

19) 一般方向への瞬間振動に対する不快適性の評価,渡邊 洋、梅村 浩之,人間工学,44-4,pp.224-227、2008/08

20) 瞬間振動刺激の不快適性に対する被験者属性と視覚的予告サインの効果,渡邊 洋、梅村 浩之,電子情報通信学会和文論文誌,J91-D-9,pp.2430-2432、2008/09

21) 予防医学から見た高齢者の平衡障害,西池季隆(大阪大学)、武田憲昭(徳島大学)、渡邊 洋,JOURNAL OF OTOLARYNGOLOGY-HEAD & NECK SURGERY,25-12,pp.1747-1750、2009/12

22) 没入型仮想環境の中での空間認識 〜 VectionからImage Safetyまで 〜,渡邊 洋,映像情報メディア学会誌,34-12,pp.29-33、2010/03

23) 3D映像の生体影響要因,氏家 弘裕、渡邊 洋,第12回日本感性工学会大会講演予稿集,-,pp.-、2010/09

24) 仮想現実による光流動刺激が姿勢制御に与える影響,岡崎 鈴代、西池季隆(大阪大学)、堀井 新(大阪大学)、北原 糺(大阪大学)、宇野敦彦(大阪大学)、今井 貴夫(大阪大学)、猪原 秀典(大阪大学)、渡邊 洋,Equilibrium Rrsearch,69-5,pp.310-310、2010/10

25) 立体映像における両眼網膜像差が映像酔いに与える影響,氏家 弘裕、渡邊 洋,映像情報メディア学会技術報告,35-15,pp.1-4、2011/03

[解説・総説]

1)現代のエスプリ,安全・原理・快適さに立ち向かう心理学,渡邊 洋,至文堂、2004/12/01

2) Ly Hoc tai Nhat Ban(日本における心理学の応用とその展開,Psychological approaches to ergonomics in Japan: Recognizing human by measuring human,渡邊 洋,Hanoi: Nha Xuat Ban Tu Dien Bach Khoa(ハノイ:百科事典出版社)、2005/01/14

3) 経路選択行動モデルへの性格パラメータの導入‐VR空間における行動実験を通して,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,画像ラボ,16-7,pp.48-52、2005/07

4) 心理学概論,心理学概論・視知覚,渡邊 洋,ナカニシヤ書店、2006/06/10

5) 日常生活における人間行動の理解 第4回歩行経路の計測と理解,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,ヒューマンインターフェース学会誌,8-4,pp.35-40、2006/11

6) 複数トラックボール状デバイスを用いたVR入力装置,渡邊 洋、梅村 浩之、谷口 正樹,産総研Today,8-4,pp.33-33、2008/04

7) 3D映像による生体への影響,渡邊 洋、氏家 弘裕,光技術コンタクト,49-9,pp.35-42、2011/09

[招待・依頼講演 学会・国際]

1) The activity of ISO / Study Group on "Image Safety" and three biological effect,渡邊 洋、氏家 弘裕,筆頭・登壇,Second International Symposium on Universal Communication,大阪、2008/12/15

2) 3D Image Safety,渡邊 洋、氏家 弘裕,筆頭・登壇,CIE,アメリカ・プリンストン大学、2010/06/21

3) Visual Fatigue and Motion Sickness in 3D Images,氏家 弘裕、渡邊 洋,非筆頭,US-Japan Symposium on Standards for Emerging Technologies,米国ゲイザーズバーグ、2011/03/07

[招待・依頼講演 非学会・国内]

1) 障害物回避行動の定量的解析とモデル化,渡邊 洋,筆頭・登壇,日本心理学会ワークショップ,広島大学、2002/09/25

2) 擬似運動感覚に関連した皮質部位:脳磁界計測による検討,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池 季隆、外池 光雄,非筆頭,第5回日本ヒト脳機能マッピング学会大会,茨城県つくば市、2003/03/18

3) 平衡感覚と脳磁図 −Vection(擬似運動感覚)発生時の脳活動推定−,中川 誠司、渡邊 洋、西池季隆(市立吹田市市民病院)、外池 光雄,非筆頭,第20回日本生体磁気学会大会,豊中市、2005/07/22

4) 没入型仮想環境の中での空間認識 〜 VectionからImage Safetyまで 〜,渡邊 洋,筆頭・登壇,立体映像情報技術研究会,東京、2010/03/03

5) 3D映像の生体影響要因,氏家 弘裕、渡邊 洋,非筆頭,第12回日本感性工学会大会,東京、2010/09/13

6) 写真・絵画における3次元空間の表現(3,渡邊 洋,筆頭・登壇,日本心理学会第74回大会,大阪大学、2010/09/20

7) 3D不適切設定が生体に与える影響,渡邊 洋,筆頭・登壇,日本眼鏡学会第15回年次セミナー,神奈川県横浜市、2011/05/19

8) 3D不適切設定が生体に与える影響,渡邊 洋,筆頭・登壇,第47回日本眼光学学会総会,東京都、2011/09/03

9) 3D映像による生体への影響,渡邊 洋、氏家 弘裕,筆頭・登壇,「光学設計が3Dに果たす役割」セミナー,東京都、2011/11/24

10) 映像の生体影響に関する基礎的知見と標準化の動向について,渡邊 洋、氏家 弘裕,筆頭・登壇,QoSワークショップ,名古屋、2011/11/29

[口頭発表 国際]

1) Effects of spatial position and light source direction on visual search asymmetry for viewing direction.

2) Effects of spatial position on visual search asymmetry for viewing direction,Hiroyuki Umemura、Hiroshi Watanabe、Katsunori Matsuoka,European Conference on Visual Perception,Kusadasi/Turkey、2001/08/28

3) Effects of spatial position on visual search asymmetry for viewing direction.,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,European Conference on Visual Perception,Kusadasi, Turkey、2001/08/28

4) Local surface orientation from shaded face images: face from shading,渡邊 洋、梅村浩之、松岡克典,Inter national symposium on life science and human technology stress, signaling, sensing, and imaging.,大阪、2001/11/01

5) The cerebral activity related to the visual perception of acceleration: a MEG study.,中川 誠司、渡邊 洋、外池 光雄、西池 季隆、武田 憲昭(徳島大学)、久保 武(大阪大学)、坂田義治(吹田市民病院),3rd Forum of European Neurscience,Paris, France、2002/07/14

6) The Effect of Apparent Self-motion Perception on the Oculomotor Performance. ,寺本渉(神戸大学)、渡邊 洋、梅村浩之、松岡克典、喜多伸一(神戸大学),The Second Asian Conference on Vision,韓国、2002/07/23

7) The validity of Emmert's law tested for the afterimage in real and virtual environments,今村真理子(九州大学)、中溝幸夫(九州大学)、梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,European Conference on Visual Perception,glasgow、2002/08/28

8) Measurements of cortical magnetic responses to visually-induced apparent self-motion perception,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池 季隆、外池 光雄、武田 憲昭(徳島大学)、久保 武(大阪大学),The 22nd Barany Society Meeting,Seattle, USA、2002/09/29

9) Magnetic cortical responses associated with linear and circular vection,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池 季隆、外池 光雄,Ninth Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping,New York, USA、2003/06/22

10) Magnetic cortical activities associated with linear and circular vection,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池季隆(市立吹田市市民病院)、外池 光雄,The 14th International Conference on Biomagnetism,Boston, MA, USA、2004/08/10

11) Temporal Binding Error in Schizophrenia.,渡邊 洋、吉川敦(有馬高原病院)、絹谷昌之(有馬高原病院)、大槻不二比古(有馬高原病院)、大原一幸(有馬高原病院)、植野季男(有馬高原病院)、武田一寿(有馬高原病院)、西岡華(有馬高原病院)、梅村 浩之、松岡 克典、山本博一(有馬高原病院),The Third Asian Conference on Vision,Chongqing, China、2004/11/17

12) Distractable Preattentive Processing in Schizophrenic Patients.,梅村 浩之、吉川敦(有馬高原病院)、絹谷昌之(有馬高原病院)、大槻不二比古(有馬高原病院)、大原一幸(有馬高原病院)、植野季男(有馬高原病院)、武田一寿(有馬高原病院)、西岡華(有馬高原病院)、渡邊 洋、松岡 克典、山本博一(有馬高原病院),The Third Asian Conference on Vision,Chongqing, China、2004/11/17

13) Visual motion which evokes self-motion perception alters temporal order judgment of sounds.,寺本 渉、渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、喜多伸一(神戸大学文学部),The Sixth Annual Meeting of the International Multisensory Research Forum,Rovereto、2005/06/05

14) Change of the temporal-order judgment of sounds depending on the direction of concurrent self-motion perception,寺本 渉、渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、喜多伸一(神戸大学文学部),The European Conference on Visual Perception,La Coruna, Spain、2005/08/26

15) Change of the contribution of head movement for gazing target associated with different tasks.,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,European Conference on Visual Perception,La Coruna, Spain、2005/08/26

16) Does the GNAT incongruent trial make cognitive conflict?: Brain activities during Go/No-Go Association Task,日置孝一(神戸大学)、中川 誠司、渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、唐沢 穣(神戸大学),The 8th Annual Conference of the Society for Personality and Social Psychology (SPSP ,Palm Springs, USA、2006/01/27

17) The reduction of mental strain using with the visual sign in Virtual Environment.,渡邊 洋、寺本 渉、梅村 浩之、松岡 克典,15th International Conference on Artificial Reality and Telexistence,New Zealand、2005/12/06

18) The change of auditory motion detection depending on the direction of visually induced self-motion,寺本 渉、渡邊 洋、梅村 浩之,The International Multisensory Research Forum (IMRF,ダブリン、2006/06/19

19) Interpretation of optic flow synchronized with self-hand movement ,梅村 浩之、渡邊 洋,European Conference on Visual Perception,Arezzo, Italy、2007/08/31

20) Estimated degree of discomfort for instantaneous pulsation generated by motion base system: psychological model and effect of predictive sign and subjects' attributions.,渡邊 洋、梅村 浩之,Driving Simulation Conference 2008,韓国、2008/09/25

21) Change in speed of movements affects interpretation of motion in 3-D scene,梅村 浩之、渡邊 洋,European Conference on Visual Perception,Regensburg, Germany、2009/08/27

22) Modification of visual perception by action: Role of extraretinal information for 3-D perception ,梅村 浩之、渡邊 洋,ASIAGRAPH2010,東京、2010/10/16

23) Effects of stereoscopic presentation on visually induced motion sickness,氏家 弘裕、渡邊 洋,Stereoscopic displays and applications XXII,米国サンフランシスコ、2011/01/26

24) The effect of seating position for 3D movies with the 200-inches theater screen environment evaluated by both physiological and psychological measurement,渡邊 洋、氏家 弘裕、杉田(東北大学)、吉澤誠(東北大学)、千葉滋(映像評価機構),VIMS2011,米国、2011/09/23

[口頭発表 国内]

1) 分光画像を用いた血液分布と発汗分布の非接触計測,茂野幸英、一岡芳樹、谷口正樹、渡邊洋、佐藤隆幸、松岡克典、大阪大学,第59回応用物理学会学術講演会, 、1998/09/01

2) 広い視野の効用-周辺視野が中心視差検出に与える効果-,渡邊洋、松岡克典,日本心理学会第63回大会, 、1999/09/01

3) 広域視野情報と中心奥行き知覚のインタラクション,渡邊洋、梅村浩之、松岡克典,日本人間工学会関西支部大会, 、1999/12/01

4) 3次元動画像データを用いた表情認知研究,梅村浩之、渡邊洋、松岡克典,電子情報通信学会PRMU研究会, 、1999/12/01

5) 3次元動画像データを用いた表情認知研究(第2報),渡邊洋、梅村浩之、松岡克典,電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 、2000/01/01

6) 周辺視オプティカルフローと中心視奥行き知覚のインタラクション,渡邊洋、梅村浩之、吉田千里、松岡克典,日本視覚学会夏期大会, 、2000/07/01

7) 没入型仮想空間呈示装置内における効果的な高所呈示法の検討,梅村浩之、渡邊洋、松岡克典,電子情報通信学会MVE研究会, 、2000/10/01

8) 奥行き知覚における視方向の影響-高さ知覚についての検討,梅村浩之、渡邊洋、松岡克典,日本心理学会第 64回大会, 、2000/11/01

9) ベクション生起における上下視野差の検討,寺本渉、渡邊洋、梅村浩之、松岡克典、喜多伸一,日本視覚学会冬季大会, 、2000/11/01

10) 顔認識における3次元運動の効果,梅村浩之、渡邊洋、松岡克典,電子情報通信学会HIP研究会, 、2001/02/01

11) VRにおける効率的な高所呈示法の検討,梅村浩之、渡邊洋、松岡克典,生命工学研究総合推進会議, 、2001/02/01

12) 経路選択行動を左右する認知的要因−自由に歩く,急いで歩く,決められたパスを歩く−,渡邊洋、谷口正樹、梅村浩之、松岡克典,第2回人間行動適合型生活環境創出システム技術シンポジウム,つくば市/日本、2001/10/11

13) 「ひやり・はっと」を検知する技術−生理的状態の変化から危険事象の発生を捉える−,谷口正樹、渡邊洋、梅村浩之、松岡克典,第2回人間行動適合型生活環境創出システム技術シンポジウム,つくば市/日本、2001/10/11

14) virtual reality を用いた視覚・前庭ミスマッチ,秋月裕則(徳島大)、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡克典、中川誠司、武田憲昭(徳島大)、久保 武(大阪大),日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会第278例会,大阪/日本、2001/09/01

15) virtual reality を用いた視覚・前庭ミスマッチが生体に及ぼす影響,秋月裕則(徳島大)、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡克典、中川誠司、久保 武(大阪大)、武田憲昭(徳島大),第60回日本めまい平衡医学会総会,東京/日本、2001/11/29

16) 障害物回避行動の定量的解析とモデル化,渡邊 洋、谷口正樹、梅村浩之、松岡克典,電子情報通信学会,琉球大学、2002/01/27

17) Optic Flow の脳内処理過程,中川 誠司、西池 季隆(ライフエレクトロニクス研究ラボ)、外池 光雄、武田憲昭(徳島大学)、久保 武(大阪大学)、中川 あや、堀井 新(大阪大学)、渡邊 洋,第20回頭頚部自律神経研究会,東京、2002/08/24

18) 同様の視覚刺激を用いた能動あるいは受動条件下の酔い・平衡失調の比較,秋月 裕則、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡克典、久保 武(大阪大)、武田憲昭(徳島大),めまい・平衡医学会大阪地方部会,大阪あべのメディックス、2002/09/07

19) 残像法を用いた現実空間と仮想空間における知覚距離の比較,今村真理子(九州大学)、中溝幸夫(九州大学)、梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,日本心理学会第66回大会,広島、2002/09/25

20) Optic Flow によって誘発される脳磁界反応,中川 誠司、渡邊 洋、西池 季隆、外池 光雄、武田憲昭(徳島大学)、久保 武(大阪大学),第61回日本めまい平衡医学会総会,富山市、2002/10/30

21) VRによる能動・受動視覚刺激を用いた動揺病研究,秋月 裕則、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡克典、久保 武(大阪大)、武田憲昭(徳島大),めまい・平衡医学会,富山国際会議場、2002/10/31

22) ヴェクション生起の視野位置依存性−上下視野差の検討,寺本渉(神戸大学)、渡邊 洋、梅村浩之、松岡克典、喜多伸一(神戸大学),日本心理学会,筑波大学、2002/11/07

23) ヴェクションの強さが視運動性眼振に与える影響の検討,寺本渉(神戸大学)、渡邊 洋、梅村浩之、松岡克典、喜多伸一(神戸大学),日本基礎心理学会第21回大会,千葉大学、2002/11/16

24) 経路選択行動の解析とそのモデル化,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会,鳥取環境大学、2002/11/21

25) 擬似自己運動感覚に関連した脳磁界の計測,中川 誠司、渡邊 洋、山口 雅彦、西池 季隆、外池 光雄,生理学研究所研究会「第3回脳磁場ニューロイメージング」,岡崎市、2002/12/11

26) 「ヴェクション生起中の注意のシフトについて」,寺本 渉、山本裕史(神戸大学)、梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典、喜多伸一(神戸大学),日本視覚学会冬季大会,東京工学院大学、2003/01/20

27) 疑似運動感覚時の前庭および視覚皮質野の相互作用,中川 誠司、渡邊 洋、西池 季隆、中川 あや、外池 光雄、武田憲昭(徳島大学)、久保 武(大阪大学),日本耳鼻咽喉科学会大阪地方連合会第284回例会,大阪市、2003/03/01

28) 「ヴェクション方向と時間順序判断の関係について」,寺本 渉、梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典、喜多伸一(神戸大学),日本心理学会,東京大学、2003/09/13

29) Implicit-Association-Testと認知的葛藤課題の比較-生理的指標ERPを用いた葛藤状態の比較-,日置 孝一、梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,社会心理学会第44回大会,東洋大学、2003/09/16

30) ヴァーチャル逆転メガネ装着時の歩行軌跡解析,渡邊 洋、梅村 浩之、松岡克典、大山晴三(川崎病院)、秋月裕則(徳島大学)、西池季隆(市立吹田病院),日本人間工学会東海支部2003年研究大会,中京大学、2003/10/18

31) 「知覚された自己運動方向に依存した視覚・聴覚的時間順序判断の偏り」,寺本 渉、梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典、喜多伸一(神戸大学),日本基礎心理学会,つくば大学、2003/10/31

32) Virtual Realityにより引き起こされた動揺病における自律神経反応の検討,大山 晴三、西池季隆(大阪大)、渡邊 洋、松岡克典、久保 武(大阪大)、秋月裕則(徳島大学)、武田憲昭(徳島大),第62回めまい平衡医学会,神奈川県横浜市、2003/11/27

33) 経路選択行動モデルへの性格パラメータの導入,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,電子情報通信学会HIS研究会,名古屋、2004/01/23

34) 動的周辺視野情報が中心視差検出に与える影響,渡邊 洋、寺本 渉、梅村 浩之、松岡 克典,日本バーチャルリアリティ学会研究会,長崎総合科学大学、2004/03/08

35) 呈示位置が3次元物体の方位判断に及ぼす影響,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,VR学会心理学研究会,長崎、2004/03/08

36) 身体偏倚を引き起こすVR(Virtual Reality)空間における歩行軌跡と眼球運動,大山 晴三、西池季隆(大阪大)、久保 武(大阪大)、渡邊 洋、松岡克典、今井貴夫(関西労災病院耳鼻咽喉科)、秋月裕則(徳島大学)、武田憲昭(徳島大),第63回日本めまい平衡医学会総会,群馬、2004/11/18

37) 小規模空間における静止障害物回避行動の解析とモデル化,井内一憲(大阪大学大学院基礎工学研究科)、梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典、荒木勉(大阪大学大学院基礎工学研究科),日本人間工学会関西支部大会,大阪、2004/12/11

38) 統合失調症患者の時間的結合錯誤,渡邊 洋、吉川敦(有馬高原病院)、絹谷昌之(有馬高原病院)、大槻不二比古(有馬高原病院)、大原一幸(有馬高原病院)、植野季男(有馬高原病院)、武田一寿(有馬高原病院)、西岡華(有馬高原病院)、梅村 浩之、松岡 克典、山本博一(有馬高原病院),日本視覚学会2005年冬季大会,早稲田大学(東京・新宿)、2005/01/26

39) 統合失調症患者における注意機能の検討:高齢者との比較から,梅村 浩之、吉川敦(有馬高原病院)、絹谷昌之(有馬高原病院)、大槻不二比古(有馬高原病院)、大原一幸(有馬高原病院)、植野季男(有馬高原病院)、武田一寿(有馬高原病院)、西岡華(有馬高原病院)、渡邊 洋、松岡 克典、山本博一(有馬高原病院),日本視覚学会,東京、2005/01/27

40) VE内での受動的移動状況に関する快適性評価:視覚サインによる酔いの低減,渡邊 洋、寺本 渉、梅村 浩之、松岡 克典,ヒューマン情報処理研究会,京都、2005/05/26

41) 予告サインによる動揺病低減手法の開発,渡邊 洋、寺本 渉、梅村 浩之、松岡 克典,日本バーチャルリアリティ学会第10回大会,東京大学、2005/09/27

42) VR内心拍変動の時間変化に予告サインが与える影響,渡邊 洋、寺本 渉、梅村 浩之、松岡 克典,映像情報メディア学会研究会,金沢工業大学、2005/10/26

43) 経路選択時の距離判断プロセスの検討,梅村 浩之、渡邊 洋、松岡 克典,映像情報メディア学会,金沢、2005/10/26

44) 操作行動が運動物体の知覚に及ぼす影響,梅村 浩之、渡邊 洋、寺本 渉,電子情報通信学会HIP研究会,金沢、2006/10/26

45) 没入型VR 装置観察中の心拍変動に与える移動方向予告信号の効果:瞬間振動刺激に対する不快性の閾値,渡邊 洋、寺本 渉、梅村 浩之,第21回生体・生理工学シンポジウム,鹿児島、2006/11/19

46) 移動操作が対象の運動の解釈に与える影響,梅村 浩之、渡邊 洋,日本心理学会第70回大会,福岡、2006/11/05

47) 操作行動に連動する物体の3次元構造の知覚とその変容,梅村 浩之、渡邊 洋,電子情報通信学会HIP研究会,北海道大学、2007/06/28

48) 操作行動が運動からの構造復元に及ぼす影響,梅村 浩之、渡邊 洋,日本心理学会第72回大会,北海道大学、2008/09/20

49) 操作行動が運動からの構造復元に及ぼす影響,梅村 浩之、渡邊 洋,日本バーチャルリアリティ学会VR心理研究会,東京、2008/12/23

50) 現実場面立体動画像に含まれる不適切な3Dセッティングが心理,生理的指標に及ぼす影響,渡邊 洋、氏家 弘裕,日本感性工学会第12回大会,東京工業大学、2010/09/11

51) 仮想現実による光流動刺激が姿勢制御に与える影響,岡崎 鈴代、西池季隆(大阪大学)、堀井 新(大阪大学)、北原 糺(大阪大学)、宇野敦彦(大阪大学)、今井 貴夫(大阪大学)、猪原 秀典(大阪大学)、渡邊 洋,第69回日本めまい平衡医学会総会,京都、2010/11/19

52) 実写立体映像内に含まれる両眼映像差要因等が生体に与える影響,渡邊 洋、氏家 弘裕,立体映像技術研究会,東京、2011/03/14

53) 仮想現実による光流動刺激が姿勢制御に与える影響2,岡崎 鈴代、西池季隆(大阪大学)、堀井 新(大阪大学)、北原 糺(大阪大学)、宇野敦彦(大阪大学)、今井 貴夫(大阪大学)、前川 千絵(大阪大学)、猪原 秀典(大阪大学)、渡邊 洋,第112回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会,京都、2011/05/19

54) 仮想現実による動的視覚環境が頭部偏位と眼球運動に与える影響,岡崎 鈴代、西池季隆(大阪大学)、堀井 新(吹田市民病院)、北原 糺(大阪労災病院)、宇野敦彦(大阪大学)、今井 貴夫(大阪大学)、前川 千絵(大阪大学)、猪原 秀典(大阪大学)、鎌倉武史(大阪大学)、滝本泰光(大阪大学)、武田憲昭(徳島大学)、渡邊 洋,第70回めまい平衡学会,千葉市、2011/11/17

[受賞、表彰等(外部)]

1) ベスト・プレゼンテーション賞,第7回テクノロジー・ショーケースinつくば2008,渡邊 洋、2008/01/25

【3.外部への貢献】

[共同研究・受託研究 国内]

1) 共)移動行動適合化技術の開発,社団法人人間生活工学研究センター,松岡 克典、渡邊 洋、梅村 浩之、吉野 公三、2001/04/01-2003/03/31

2) 共)人間行動適合型生活環境創出システム技術の研究開発 移動行動適合化技術の開発,社団法人人間生活工学研究センター,松岡 克典、渡邊 洋、梅村 浩之、吉野 公三、2003/04/01-2004/03/20

3) 共)新規マーカーを用いたストレス測定に関する研究,医療法人寿栄会,吉田 康一、二木 鋭雄、脇田 慎一、渡邊 洋、松岡 克典、梅村 浩之、吉野 公三、絹見 朋也、2003/12/01-2006/03/31

4) 受)平成16年度ウェアラブルセンサ情報の理解・解析手法の開発,社団法人人間生活工学研究センター,渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、吉野 公三、2004/07/01-2005/03/18

5) 共)石油プラント保守・点検作業支援システムの開発,社団法人人間生活工学研究センター,松岡 克典、渡邊 洋、梅村 浩之、吉野 公三、2004/09/01-2005/03/31

6) 共)石油プラント保守・点検作業支援システム開発,社団法人人間生活工学研究センター,松岡 克典、渡邊 洋、梅村 浩之、吉野 公三、2004/09/01-2006/03/31

7) 共)石油プラント保守・点検作業支援システム開発,社団法人人間生活工学研究センター,渡邊 洋、梅村 浩之、吉野 公三、松岡 克典、2004/09/01-2007/03/31

8) 受)平成17年度ウェアラブルセンサ-情報の理解・解析手法の開発,社団法人人間生活工学研究センター,渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、吉野 公三、2005/04/01-2006/03/20

9) 受)平成18年度ウェアラブルセンサ−情報の理解・解析手法の開発,社団法人人間生活工学研究センター,渡邊 洋、梅村 浩之、松岡 克典、吉野 公三、吉岡 松太郎、北島 宗雄、2006/04/01-2007/03/20

10) 受)平成21年度医療機器開発ガイドライン策定事業(医療機器に関する開発ガイドライ作成のための支援事業),経済産業省,竹村 文、鶴嶋 英夫、渡邊 洋、末永 光、山下 樹里、鎮西 清行、本間 一弘、町田 雅之、赤松 幹之、木山 亮一、鷲尾 利克、田口 隆久、小高 泰、岡崎 義光、2009/10/08-2010/03/23

11) 受)平成21年度低炭素革命実現に向けた日米国際共同研究協力事業(省エネルギー基盤技術国際標準化研究),経済産業省,大田 明博、佐藤 証、井藤 浩志、渡邊 創、氏家 弘裕、野中 秀彦、坂根 広史、平井 寿敏、渡邊 洋、三隅 伊知子、齊藤 一朗、神門 賢二、水野 耕平、古原 和邦、服部 浩一郎、菅原 健太郎、湯村 守雄、竹歳 尚之、権太 聡、2009/11/30-2011/03/31

12) 受)平成22年度日米エネルギー環境技術研究・標準化協力事業(日米先端技術標準化研究協力),経済産業省,井藤 浩志、渡邊 秀樹、氏家 弘裕、野中 秀彦、渡邊 洋、三隅 伊知子、水野 耕平、菅原 健太郎、川原崎 守、湯村 守雄、村木 三智郎、野田 尚宏、権太 聡、Kazaoui Said、寺内 信哉、本田 真也、八木 貴志、岡崎 俊也、高辻 利之、2010/11/10-2011/03/31

[兼業]

1) 立命館大学,文学部人工知能概説U、人文総合科学外書講読V・W、2001/04/01-2002/03/31

2) 大阪樟蔭女子大学,非常勤講師、2002/04/01-2003/03/31

3) 大阪樟蔭女子大学,非常勤講師、2003/04/02-2004/03/25

4) 佛教大学,非常勤講師、2003/08/04-2003/08/06

5) 大阪樟蔭女子大学,非常勤講師、2004/04/01-2005/03/28

6) 佛教大学通信教育部,非常勤講師およびティーチングアシスタント(TA)、2004/05/30-2004/08/11

7) 大阪樟蔭女子大学,非常勤講師、2005/04/01-2006/03/28

8) (社)電子情報技術産業協会,映像酔いガイドライン検証システム開発委員会委員、2007/05/01-2008/03/31

9) (社 電子情報技術産業協会,映像酔いガイドライン検証システム開発委員会委員、2008/05/19-2009/03/31

10) (社 電子情報技術産業協会,「心理的負荷測定システム開発委員会」委員、2009/05/21-2010/03/31

11) 佛教大学通信教育部,コンピュータを用いたデータの統計学的解析、およびC言語プログラムのアルゴリズムを用いた数学的事象の解析を目的とした講義を行う非常勤講師、2009/08/10-2010/03/31

12) 佛教大学通信教育部,コンピュータを用いたデータの統計学的解析、およびC言語プログラムのアルゴリズムを用いた数学的事象の解析を目的とした講義を行う非常勤講師、2010/07/30-2011/03/31

13) 学校法人佛教大学通信教育部,コンピュータを用いたデータの統計学的解析、およびC言語プログラムのアルゴリズムを用いた数学的事象の解析を目的とした講義を行う非常勤講師、2011/07/29-2012/02/12

[技術研修等 国内]

1) ,視覚的ストレスと酔いが、平衡失調に与える影響を検討する。,徳島大学医学部,秋月 裕則、2001/12/03-2002/03/31

2) ,環境要因が経路選択に与える影響の解明研究,大阪大学大学院,井内 一憲、2002/07/01-2005/03/31

3) ,ヴァーチャルリアリティー装置を用いた平衡失調機能の解明,徳島大学,大山 晴三、2003/05/01-2004/03/31

4) ,ヴァーチャルリアリティー装置を用いた平衡失調機能の解明,国立大学法人徳島大学,大山 晴三、2004/04/01-2005/03/31

5) ,生理指標計測装置を用いた心理学的研究手法の習得,国立大学法人神戸大学大学院,日置 孝一、2004/04/01-2005/03/31

6) ,研究開発の現場において、専門技術者の指導を受け、基礎技術、実用化技術を体得させるとともに、職業人としての意識を高め、自主性、自立性の向上に役立てる。,大阪工業大学大学院,青山 泰史、2004/08/05-2004/08/24

7) ,視聴覚間の情報統合・相互作用について、実音源を用いて検討する。,国立大学法人神戸大学大学院文学研究科,本郷 由希、2004/11/01-2005/03/31

8) ,生理指標計測装置を用いた心理学的研究手法の習得,国立大学法人神戸大学大学院,日置 孝一、2005/04/01-2006/03/31

9) ,住空間の快適制御方法の検討,有限会社ヤノ技研,矢野 直達、2005/04/01-2006/03/31

10) ,動的視覚環境での人間の知覚・行動特性に関するバーチャルリアリティ実験,国立大学法人神戸大学文学部,寺本 渉、2005/04/01-2008/03/31

11) ,インターンシップ,兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科,大段 怜子、2006/01/10-2006/02/10

12) ,VRを用いたヒューマノイドロボットの外観と形状に関する評価,国立大学法人大阪大学 基礎工学研究科,根木 俊輔、2008/01/14-2008/03/14

13) ,VRを用いたヒューマノイドロボットの外観と形状に関する評価,国立大学法人大阪大学 基礎工学研究科,根木 俊輔、2008/06/26-2008/09/26

14) ,現場での実践的・技術的感覚を養い、複眼的思考能力を高めること。,兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科,瀧見 和彦、2009/09/01-2011/03/31

15) ,CAVEを用いて生体計測を行い、若年者と高齢者を比較考察すること,国立大学法人大阪大学大学院医学系研究科,岡崎 鈴代、2010/05/10-2011/03/31

[成果発信 イベント出展(外部・公開等)]

1) VR酔い研究と映像の生体安全性に関する国際標準化,渡邊 洋、氏家 弘裕,TXテクノロジー・ショーケース・イン・つくば2008、2008/01/25-2008/01/26

2) 「GO AHEAD!」による生体影響実験結果:好ましくない3次元設定が,視聴者の心と体に与える影響について,渡邊 洋、氏家 弘裕,3D生体安全講習会、2010/07/16-2010/07/26

3) 快適3Dライフのすごしかた:立体視の仕組みから安全快適基準まで,渡邊 洋,産総研サイエンスカフェ、2010/12/10-2010/12/10

[取材対応]

1) NTV映像センター,メッセージ フロム サイエンティスト,渡邊洋、2005/10/21

池田サラリーマンOB会,概要説明、講演「21世紀の巨大地震」、各研究施設見学,渡邊洋、2010/09/07

関西支部風水力機械部会,燃料電池、人工筋肉、バーチャルリアリティ・システム,渡邊洋、2010/09/09

社団法人日本産業機械工業会 繊維スリング分科会,各研究施設見学(燃料電池、人工筋肉、ヒアリハット),渡邊洋、2010/10/29

同志社大学,関西センターの人間福祉医工学研究について,渡邊洋、2011/01/27

大阪府土木事務所,ヒアリ・ハット,渡邊洋、2011/03/02

NTV映像センター,メッセージ フロム サイエンティスト,渡邊洋、2005/10/21

Copyright (C) NaturalTmpl007 All Rights Reserved.