研究と興味

スタンス
火山活動を理解するためには,火山の地下に存在するマグマ溜りや火道でのマグマの挙動を明らかにしなければなりません.しかし,火山の地下に隠されたマグマ供給系での現象を直接観察することは原理的に不可能であり,噴出物の岩石学的検討から間接的にマグマの挙動を復元せざるを得ない活火山での研究だけでは(時間分解能が大変高いこと,直接の噴火現象と比較できるなど,利点ももちろんたくさんありますが)マグマ供給系の発達過程を知ることは困難です.そこで,地質時代に活動し,現在は侵食が進んでその内部構造を露出させている火山体のフィールドワークから,地下でのマグマの挙動を復元することを目的にこれまで研究を進めてきました.とくに,地殻内部でマグマが定置・固結した貫入岩体の解析をとおして,火山マグマ供給系の構造発達過程のモデル化を試みてきました.こうしたフィールドでは,マグマ溜りや火道といった火山の地下構造を直接露頭で観察することができるため,高い空間分解能で火山マグマ供給系の構造発達にせまることが出来ます.特に、貫入岩体の定置メカニズムから火道やマグマ溜りの構造形成過程のコントロール要因を明らかにできるのではないかと考えています.

もどる