三宅島現地調査2002年8月

2002年8月20日〜26日.
同行者:大野希一氏(日本大学文理学部)、林豊氏(気象庁地震火山部火山課)

噴火活動開始から約2年たった三宅島で,2000年8月噴出物の現地調査を行いました.主な目的は、2000年8月29日に発生した火砕流噴火の噴出物の分布や特性を明らかにすること、調査の進んでいない山頂部の噴出物の状況を調査することでした。
現地調査にあたっては,林豊氏ほか気象庁火山課・三宅島測候所、東京都三宅支庁のみなさまの協力を頂きました.


CONTENTS

 火山活動の状況

 山頂付近の状況

 噴出物の状況

 山腹・山麓の状況



三宅島トップへもどる