産業技術総合研究所   地質調査総合センター

ようこそ東宮昭彦(とうみやあきひこ)のページへ

                   by A.Tomiya (2016/11/30改訂) 

(Since 1998/10/09)

To English Home Page


<目次>


<お知らせ>

☆火山特集号にレビュー論文掲載:(2016/11/30改訂)
火山学会60周年記念の「火山」特集号に以下のレビュー論文が掲載されました.

東宮昭彦 (2016) マグマ溜まり:噴火準備過程と噴火開始条件.火山,第61巻,第2号,281-294頁.

「マグマ溜まり」とは何か,マグマはどのように溜まるか,噴火はどのように始まるか,マグマの蓄積や噴火の時間スケールはどのくらいか,といったことを解説しています.

☆EPS (Earth, Planets and Space) の Excellent Reviewers に選ばれました!:(2016/11/30改訂)
国際論文誌 "EPS" (Earth, Planets and Space) の "the Excellent Reviewers for 2015" の1人に選ばれました.
これは,優れた査読を行った研究者に与えられる賞で,この年選ばれた日本人は私を含め2人だけでした.

☆噴火準備過程に関する国際ワークショップを開催しました:(2016/11/30改訂)
2016年11月9日(水)に,噴火準備過程の岩石学的解析に関する国際ワークショップ「International Workshop on Petrological Analysis of Pre-eruptive Magma Processes (PAPEMP)」を産総研にて行いました[主催:産総研 活断層・火山研究部門; 総責任者:東宮昭彦].
国内外から約70名の参加をいただき,実りある議論をすることができました.ご参加・ご協力の皆さま,ありがとうございました.
本ワークショップの詳細情報は下記ページをごらんください.
https://staff.aist.go.jp/a.tomiya/PAPEMP/indexJ.html
(近日中にワークショップに関する何らかのレポートを出版する予定です.)

☆オレゴン州立大学へ研究留学に行ってきました:(2016/11/30改訂)
2014年11月16日から2015年12月20日までの約13ヶ月,アメリカのオレゴン州立大学に長期派遣(研究留学)で行ってきました. 先方の受入研究者は,カルデラ火山のマグマ供給系に関する国際的研究で知られる Shanaka de Silva教授でした.
滞在の様子をレポートに書きましたので,ご興味のある方はごらんください.

 → オレゴン州立大学 地球海洋大気科学部 (College of Earth, Ocean, and Atmospheric Sciences, Oregon State University)

☆「活断層・火山研究部門」に移りました:(2014/4/1掲載)
2014年4月1日,産総研に新たに「活断層・火山研究部門」が設立され,東宮の所属するマグマ活動研究グループはこの新部門に移りました.

過去の「お知らせ」は以下をごらんください:
過去の「お知らせ」のページ


<東宮昭彦のこと>

Tomiya's Picture

氏名: 
 東宮昭彦(とうみやあきひこ)
身分: 
 主任研究員
所属: 
 産総研 活断層・火山研究部門  マグマ活動研究グループ
履歴: 
  私の履歴書
現住所:
 茨城県取手市
趣味:
 音楽鑑賞、 ピアノ演奏、合唱、 鉄道旅行、星見、読書

趣味に関する詳細は下記のページをご覧下さい:
http://www.kt.rim.or.jp/~atomiya/atomiya.html(rimnetにあるもう1つの私のページ)

<研究テーマ>

活火山の地下にある“マグマ供給系” を理解したい!!

<東宮の関連ページ>


<その他・外部へのリンク>


地質調査総合センターのホームページ

産総研のホームページ


独立行政法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
 活断層・火山研究部門 マグマ活動研究グループ 東宮昭彦
  E-mail:a.tomiyaあっとaist.go.jp("あっと"の部分を"@"に置き換えて下さい;右図参照)me-ado
  http://staff.aist.go.jp/a.tomiya/tomiya.html

Created:May,20,1997